※展開シミュレーション1月14日分 [展開シミュレーション]
2018/01/14(日) 00:00 フジマキ
★京都11R日経新春杯
 前走江坂特別(阪神芝2400m)で1000万を勝ち上がったばかりのガンコ。前半3ハロン36秒5と澱みのない流れで大逃げする馬から、道中は離れた2番手を追走するも、向正面過ぎで早めに仕掛けて、直線早々で先頭に立つと、最後まで脚色衰えぬまま、後続にコンマ3秒差をつけたもの。勝ち時計もペースこそ違うとはいえ、1600万クラスより4秒以上速いなど、この時期の開催としてはかなりの好時計だったことはもちろん、2着ラヴィエベールは1600万クラスで2着3回。5着サトノリュウガは、京都新聞杯(京都芝2200m)で、勝ち馬からコンマ1秒差の4着となっているように、少頭数とはいえメンバーも揃っていたもの。2歳夏以来の芝となったが、むしろ適性の高さを示すレースぶりといえた。今回はいきなりの重賞挑戦となるが、ロードヴァンドールの逃げなら、極端なスローペースとなることは考え難く、その直後で先行してしぶとく粘り込む、この馬向きの展開となりそう。適度に時計がかかる馬場もピッタリで、重賞としては手薄なメンバー構成といえるここは、52kgのハンデを生かして大駆けが期待できる。相手は、パフォーマプロミス、ミッキーロケット、モンドインテロ、ソールインパクト、ロードヴァンドール、カラビナの、3連複9番1頭軸、7、8、3、10、2、12のボックス。

その他のレース~中山
8R◎ディナドナテロ=3連複15番1頭軸で、相手は、10、11、4、13、9、16。9R初春S◎ディープミタカ=3連複2番1頭軸で、相手は、16、14、11、13、3、6。10RニューイヤーC◎オートクレール=3連複2番1頭軸で、相手は、6、8、4、7、3、10。11R京成杯◎ロジティナ=3連複4番1頭軸で、相手は、8、9、15、5、1、10。12R◎イチダイ=3連複5番1頭軸で、相手は、9、10、1、4、8、3。

その他のレース~京都
9R雅S◎ジュンスパーヒカル=3連複6番1頭軸で、相手は、3、11、2、4、5、1。12R◎ビービーブレスユー=3連複6番1頭軸で、相手は、10、3、5、12、4、9。

その他のレース~中京
11R知立特別◎デスティニーソング=3連複4番1頭軸で、相手は、3、13、6、8、18、15。12R金山特別◎スパイクナード=3連複18番1頭軸で、相手は、10、2、9、5、3、1。

コメント