【オキザリス賞】(東京)ドライスタウトが好位から脚を伸ばして5馬身差の快勝 [News]
2021/11/13(土) 15:22
東京9Rのオキザリス賞(2歳1勝クラス・ダート1400m)は3番人気ドライスタウト(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒4(稍重)。5馬身差の2着に6番人気インコントラーレ、さらにアタマ差の3着に4番人気ヴァルツァーシャルが入った。

ドライスタウトは栗東・牧浦充徳厩舎の2歳牡馬で、父シニスターミニスター、母マストバイアイテム(母の父アフリート)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 ドライスタウト(戸崎圭太騎手)
「返し馬の時から能力の高さを感じていました。砂を被っても大丈夫でした。少し周りに影響されるようなところがありますが、余裕を持って走っていました」

(牧浦充徳調教師)
「新馬の時は福永騎手が砂を被せて練習させてくれました。レース後、センスがあると言ってくれていましたが、今日は強い内容でした。距離はもう少し延ばしていければと思います」

3着 ヴァルツァーシャル(三浦皇成騎手)
「このメンバーで1400mは少し忙しいかなと感じていましたが、内にモタれながらもラストは本当に良い脚でした」

4着 アルファマム(亀田温心騎手)
「スタートはまずまずでしたし、モタれる面も解消してきています。これから成長すると思います。距離も大丈夫でした」