【天皇賞(秋)】美浦レポート エフフォーリア(鹿戸雄一調教師) [News]
2021/10/27(水) 17:40
 31日(日)に東京競馬場で行われる第164回天皇賞(GI)に出走予定のエフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)について、鹿戸雄一調教師のコメントは以下の通り。

「今朝の追い切りは実戦から離れていたという事もあるので、実戦をイメージしてトレーニングしようかなと考えていました。3頭併せの一番後ろから行って、最後に真ん中から並べるという形にしました。凄く良い感じで走れていましたし、乗っていた武史君にどうだった?と聞いたら折り合いは良かったし、良い感じでしたよと言っていましたから、好感触を掴んでくれたみたいです。

 トレセンに立派な体で戻ってきましたし、稽古もとてもやりやすくて週2本ずつ休まず追い切りをして来ました。ひ弱さも少しずつ解消されてきて心配事が減って、思い通りの調教が出来るようになっていましたし、その辺りは良いのかなと思います。

 (前走の)ダービーはやはりそこを勝つために厩舎みんなでやって来ましたし、とても悔しいです。でも、そこで負けたからと言ってこの馬の競馬が終わる訳ではないから、次の事を考えてまた頑張ろうとみんなで話をしました。(天皇賞への参戦は)ちょうどセレクトセールの時期に、秋田オーナーや木實谷(ノーザンファーム天栄)場長とみんなで何回か相談したところ、タフな阪神の3000mよりは東京の2000mの方が合っているんじゃないかという結論に達して、天皇賞を目標にすることになりました。

 今度は挑戦する立場ですし、ダービーとはまた違った感じで挑めると思います。僕も武史君も馬もだいぶリラックスして挑戦できるので、そういった意味では良いのかなと思います。

 (師匠としての藤沢和雄調教師に挑戦するというのは)師匠に挑戦できるだけありがたい事ですね。とてもファンの多い馬ですし、まだまだやれると思っているので、良い競馬が出来るようにあと何日か頑張って調整したいと思います」

(取材:大関隼)