【ファルコンS】(中京)先手を取り切ったルークズネストがゴール前人気馬を差し返して重賞初制覇 [News]
2021/03/20(土) 16:33
中京11Rの第35回中日スポーツ賞ファルコンステークス(3歳GIII・芝1400m)は3番人気ルークズネスト(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒1(良)。アタマ差の2着に1番人気グレナディアガーズ、さらに2馬身半差の3着に2番人気モントライゼが入った。

ルークズネストは栗東・浜田多実雄厩舎の3歳牡馬で、父モーリス、母ヴィラ(母の父ディープインパクト)。通算成績は5戦2勝。

レース後のコメント
1着 ルークズネスト(幸英明騎手)
「極端な枠(1番枠)でしたから、どんなレースをするか色々考えていたのですが、馬が楽に出てくれたのでハナに行きました。最後はグレナディアガーズに一旦前に出られましたが、差し返してくれました。力のある馬です。今日は逃げましたが、色んな位置からレースができる馬です。前回より折り合いがつきましたし、この感じならマイルの距離でも自信を持って臨めそうです」

2着 グレナディアガーズ(川田将雅騎手)
「久々のレースでテンションが高く、力んで走っていました。それでも辛抱がきいていたと思うのですが、最後は止まる形になって勝ち馬に差し返されました。色々これから改善できれば良いと思います」

3着 モントライゼ(C.ルメール騎手)
「休み明けを考えると、今日は道中、我慢ができていましたし、良い競馬をしてくれたと思います。体はまだ太かったですし、次が楽しみになるレースでした」