【tvk賞】(東京)~レッドサイオンが馬群の間を突き抜け3勝目 [News]
2019/11/10(日) 16:43
東京9Rのtvk賞(3歳以上2勝クラス・芝1800m)は2番人気レッドサイオン(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒6(良)。クビ差の2着に4番人気ロフティフレーズ、さらに3/4馬身差の3着に1番人気ステイオンザトップが入った。

レッドサイオンは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア、母レッドベルフィーユ(母の父アグネスタキオン)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドサイオン(北村宏司騎手)
「中団で自分のリズムを整えながら、走らせることが出来ました。最後もしっかりと抜け出して、よく頑張ってくれました」

2着 ロフティフレーズ(武藤雅騎手)
「ペースが落ち着いて、外からのプレッシャーに力むところがありましたが、その後は、落ち着いてくれました。直線の雰囲気は良かったのですが、勝ち馬にマークされました」

3着 ステイオンザトップ(石橋脩騎手)
「外枠は良いかなと思っていましたが、ペースが遅すぎて、位置はあまり下げたくありませんでした。道中はリズムを崩さずに進め、最後まで頑張ってくれました」

5着 トミケンボハテル(吉田豊騎手)
「ゲートを出るのが遅かったです。前に行って他馬に脚を使わせる形が良いと思いますが、こんな競馬でもしっかり伸びてくれました」