【阿武隈S】(福島)~サトノキングダムが楽々突き抜ける [News]
2019/07/06(土) 17:35
福島11Rの阿武隈ステークス(3歳以上3勝クラス・芝1800m)は1番人気サトノキングダム(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒3(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気ワンダープチュック、さらに半馬身差の3着に7番人気プレミオテーラーが入った。

サトノキングダムは美浦・国枝栄厩舎の6歳牡馬で、父ディープインパクト、母ダリシア(母の父Acatenango)。通算成績は20戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノキングダム(戸崎圭太騎手)
「力は上だと思っていたので、強気に乗りました。以前乗せてもらった時は直線フラフラしていましたが、今日はそうした部分が解消されていました。これからさらに良くなりそうです」

(国枝栄調教師)
「競馬がしやすくて、終いもしっかりしています。去年の夏と比べて良くなっています。ただ、体質面は強くないので、無理させずに一息入れるかもしれません」

3着 プレミオテーラー(柴田大知騎手)
「よく頑張っていますね。ハンデ52キロもこの馬には良かったですし、逃げなくてもごちゃつかなければ、番手からでも競馬ができます。良い内容で力を出し切ってくれました」

4着 チカノワール(内田博幸騎手)
「スタートを出て道中の反応も良く、向正面からハミをとっていたので、馬の気持ちに合わせました。ジリジリとした伸びで切れないタイプで、上位との差はその分かと思います。ただ、内容が悪いとは思いませんし、十分このクラスでもやれます」