【ひまわり賞】(小倉)~好スタートのカシノティーダが逃げ切る [News]
2018/08/25(土) 15:43
小倉9Rのひまわり賞(九州産馬・2歳オープン・芝1200m)は6番人気カシノティーダ(高倉稜騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒0(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気テイエムアイガテ、さらにクビ差の3着に2番人気テイエムノサッタが入った。

カシノティーダは栗東・田所秀孝厩舎の2歳牝馬で、父ケイムホーム、母アドマイヤファイン(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 カシノティーダ(高倉稜騎手)
「ロケットスタートが切れたので迷いなくハナに行きました。馬場を考えれば楽なペースで行けましたし、その分終いにおつりがありました。デビュー前に乗せてもらった時から能力を感じていた馬ですし、かしこい馬です」

2着 テイエムアイガテ(松山弘平騎手)
「スタートよく3番手でレースができました。前の馬が楽しているのは分かっていたのですが、この馬の気性を考えて自分から動いて行けませんでした。人気に応えることができず申し訳ないです」

3着 テイエムノサッタ(田中健騎手)
「外を回って追い上げる強いレースでしたが、大外枠でレースのしづらい面がありました。芝Bコースでマイペースのレースをされるときついです」

6着 ダンツブライト(幸英明騎手)
「勝ち馬の後ろで良い手応えでレースができたのですが、追ってからジリジリした感じになりました。今後そのあたりが良くなってくれればと思います」