【マイルCS】(京都)~3歳馬ペルシアンナイトがGI初制覇 [News]
2017/11/19(日) 17:36
京都11Rのマイルチャンピオンシップ(3歳以上GI・芝1600m)は4番人気ペルシアンナイト(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒8(稍重)。ハナ差の2着に2番人気エアスピネル、さらに半馬身差の3着に7番人気サングレーザーが入った。

ペルシアンナイトは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ハービンジャー、母オリエントチャーム(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は9戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ペルシアンナイト(M.デムーロ騎手)
「ゴールの瞬間は勝ったのかどうか分かりませんでした。勝てて良かったです。いつも頑張って走りますが、馬の間に入るのを気にするところがあります。今日もよく頑張って走ってくれました。大外枠でしたがスタートも良く、道中はリラックスして走れました」

2着 エアスピネル(R.ムーア騎手)
「馬はとてもいい状態で、いいレースをしてくれました。ただ反応が良すぎて、速めに前に出てしまう形になりました。とても能力が高く、GIを勝てる力のある馬です」

3着 サングレーザー(福永祐一騎手)
「イメージ通りのレースが出来ました。エアスピネルの後ろの位置から外に出すタイミングも良く、直線ではジリジリと追い詰めることが出来ました。夏まで条件馬だったことを考えると大健闘でしょう。来年が楽しみです」

4着 レーヌミノル(和田竜二騎手)
「うまく行き過ぎた感じです。でも競馬は本当に上手です。3歳牝馬でこれからですからね。うまく行けば十分チャンスがあります」

5着 イスラボニータ(C.ルメール騎手)
「直線で外の馬とぶつかってバランスを崩しました。そこからもう一度頑張ってくれたのですが、トビの大きい馬なので、バランスを崩してから伸びるのに時間が掛かります。あのロスが大きかったです」

6着 ブラックムーン(A.アッゼニ騎手)
「馬はソツの無いレースをしてくれました。外から被されないようにリズムよく外を回ってレースが出来ました。直線では素晴らしい脚を使いました。コーナリングがもう少し上手になればいいと思います」

7着 クルーガー(A.シュタルケ騎手)
「もう少し前の位置でレースをしたかったのですが、スタートでなかなか進んで行きませんでした。道中はリズム良く走れたのですが、上位の馬との差は外を回った分もあるでしょう。能力は高い馬です」

8着 レッドファルクス(C.デムーロ騎手)
「道中はずっといい感じでした。仕掛けてからの反応も良かったのですが、残り1ハロンで止まった感じです。距離が少し長いのかもしれません」

10着 ムーンクレスト(藤岡佑介騎手)
「スタートよく、この馬の形のレースが出来ました。直線も見せ場があり、頑張ってくれました」

11着 ガリバルディ(岩田康誠騎手)
「ある程度出して行って、直線もじりじり差を詰めて、頑張ってくれています」

12着 サトノアラジン(川田将雅騎手)
「ずっと馬に気持ちが入らないままでした。天皇賞で厳しい馬場を走った影響かもしれません」

16着 アメリカズカップ(松山弘平騎手)
「外差しが決まる馬場になって、この馬には分が悪くなりました。3歳ですから、これから頑張ってくれると思います」

18着 ジョーストリクトリ(武豊騎手)
「いい位置が取れましたが、4コーナー手前でついていけなくなりました。ここでは荷が重いですね」