【有馬記念】栗東レポート~スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手) [News]
2017/12/20(水) 15:12
12月24日(日)に中山競馬場で行われる第62回有馬記念(GI)に登録しているスワーヴリチャード(牡3、栗東・庄野靖志厩舎)について、追い切り後のM・デムーロ騎手のコメントは以下の通り。

(前走のアルゼンチン共和国杯1着を振り返って)
「前走は楽勝でした。良いスタートを切って、ペースは普通で、中団ぐらいから行きました。直線ではスペースだけ気にしていました。余裕のある勝ち方をしていました。
 競馬では初めてでしたが、初めて調教で乗った時に、"この馬3歳ですか!?"とビックリしました。とても綺麗な馬です。
 能力はすごいですし、良い走り方をします」

(最終追い切りの感触は?)
「良かったです。昨日も乗っていました。良い状態です。落ち着いています。チャンスがあると思います。
 (先週と状態は)変わらないですね。いつも一生懸命走っています。すごく賢い、真面目な馬です」

(今回のレースに向けて)
「ドキドキですね。盛り上がります。
 アルゼンチン共和国杯と同じ距離ですね。距離の問題はないと思います。あとは枠順、ペースが大事です。
 今回は右回りですが、調教では問題ないみたいです。
 (中山芝2500mのコースは)すごく難しいです。なかなか内が開かないコースです。
 (ライバルは)もちろんキタサンブラックは能力が高く、良い馬ですね。あとはこの前ジャパンカップを勝ったシュヴァルグランなどいっぱいいます。
 (自身の年間GI7勝に向けて)怖いですが、やりたいです。本当に頭にあるのはそれだけです。
 スワーヴリチャードはまだ3歳ですが、とても良い馬だと思います。今年も3歳馬は能力が高い馬をいっぱい見ました。今回は大事な競走で有馬記念を勝ちたいです。頑張ります。皆さんいつも応援してくれてありがとうございます。」

(取材:米田元気)