番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 19:00~19:30

「グチ」ラジオ。
ストレス社会を生きる現代人の心に溜まったグチ。
仕事のうっぷんを、番組で発散させよう!
構成作家の渋谷チカが、さまざまな職業人のグチを取材。
中野雷太アナが、リスナーのグチ、子育て中の親の不満を聞く。
時には「雷アナ」の落雷がとどろくゾ!

ハッシュタグ「#雷部屋」つきのツイートは、番組で紹介する可能性アリ。

新着記事

渋谷チカの放送後記

2017.04/21 ディレクター 記事URL

今回は"現場系"アイドル特集の2回目。
番組のオープニングでは、中野雷太アナが、かつてライブに通い、
双眼鏡で見つめるほどハマったアイドルのお話からスタートしました。


関東No.1メンズ地下アイドルのB2takes!(ビートゥーテイクス)さんに
ご登場いただきました!

今年で結成5年目になるアイドルグループです。

現在、地上波TOKYO MX2で毎週日曜午前11時から放送される冠番組

『B2Takes!TV〜チカメンですけど、何か?〜 』も始まり、注目度が高まっていますよ〜! 

 

まずは5月30日に発売になる新曲「好きって言おう」を紹介しました。

 

男性アイドルのグチって、まったく想像もつかないので、

なにが出てくるのか、聞き役のクセにわたくし緊張してしまいました。

それに、こんなイケメンたちに立て続けに会う機会もあまりありませんから......。

ただ、B2takes!、8人組のグループなのですが、残念なことに取材日に小澤廉くんだけ欠席。

ほかのメンバー、奧山ピーウィーくん、志田昂平くん、山下翔貴くん、
中島拓斗くん、飯山裕太くん、わたるくん、あつしくんの7名が、リアルなグチを
ぶちまけてくださいました。

 

正社員ではなく、フリーランスでの仕事歴が長い私としましては、

奧山くんのグチにいたく共感〜。

まさか、アイドルからそんな素直なグチがでてくるとは思わなかったので、

ちゃんとしている奧山くん、とてもエライ! と思いました。

 

王子様キャラの中島拓斗くんの高身長ならではグチも、「そうきたか〜!」と。

魅力的な部分がアダになることってあるんですね。

 

中野アナも、どのグチにも共感していました。

 

しかし!"しだっくす"こと志田昂平くんには、

あまりにもかわいすぎるため(?)落雷が!!(笑) 

 

B2takes!のメンバーのみなさん、
味のあるいいグチをありがとうございました!

聴き逃した方にもぜひ、聴いていただきたい!

radikoのアプリでも、サイトからでも聴けます!

ぜひとも聴いてみてください!(4/27まで)

↓↓

「中野アナへちょっと言わせて!〜雷部屋」

http://radiko.jp/share/?sid=RN1&t=20170420190000

 

感想もグチもお待ちしています!

 

B2takes!のライブ情報はこちらの公式ホームページからどうぞ。

http://b2takes.com

 

来週も"現場系"アイドル特集です。

これまた人気上昇中のメンズアイドルグループ
ブレイク☆スルーさんにグチってもらいます!

 

#雷部屋 で「シェアしようぜ!」

@radionikkei_jp @keiba_ana_west @keiba_ana_east

 

渋谷チカの放送後記

2017.04/16 ディレクター 記事URL

今回のオープニングでは、中野アナのコラムのお話しになりました。 

日経電子版「競馬実況アナ日記」、ぜひご覧ください。

 

 
そして、今週からは"現場系"アイドル特集です!

トップバッターは平均年齢17歳(若い!)のアイドルグループ、

「26時のマスカレイド」こと、通称ニジマスさんにご登場いただきました。

まずは彼女たちのオリジナル曲「B dash!」を聴いて、

それからメンバー紹介にいこうと思ったんですが、

曲のあとは、中野アナの意外なアイドル鑑賞法に

私、少し動揺してしまいました。

この後記、冒頭の「競馬実況アナ日記」を読んでから聞くと、

さらに味わい深いと思います......(笑)。

ぜひ、radikoのタイムフリーで(4/20まで)
番組もお聴きください!

ニジマスさん、6人組のグループということで、

前半は、来栖りんさん、大門果琳さん、森みはるさん、

後半は、吉井美優さん、亜桜しおんさん、江嶋綾恵梨さん

と、分けて紹介いたしました。

 

前半、現役高校生メンバーの可愛らしいグチに、

中野アナ「おじさんどうしていいかわからない...」と反応。

しかし、森さんの聞かせるグチには、中野アナ共感! 

ここで、昔、中野アナが好きだったアイドルの思い出話がポロリ。

 

後半のグチでは、最年少の亜桜さんがグラビア進出の野望を語り、

吉井さんが高校卒業したのに達成できないあることを愚痴ったり、

最後のリーダーのグチには、中野アナこと落雷部長も、

"部長"としていたく共感していました。

 

メンバーのみなさん、かわいらくして、

本気で応援したくなるアイドルでした〜♪ 

ぜひ、radikoのタイムフリーで聴いてください!

 

エンディングでは、旅好き競馬オタクさんからのメールを紹介しました。

考えさせられるいいグチをありがとうございました!

こういうグチのお便りも、たくさんお待ちしています!!

 

来週は"現場系"アイドルでも、"地下メン"と呼ばれる

男性アイドルに、グチうかがいますよ〜! 

男性アイドルだなんて緊張します! 

 

#雷部屋 で「シェアしようぜ!」

@radionikkei_jp @keiba_ana_west @keiba_ana_east

 

 

 

渋谷チカの4/6放送後記 

2017.04/08 ディレクター 記事URL

4月に入りました! 

雷部屋は、新年度も、中野雷太アナウンサーと私、渋谷チカでお送りしています。

 

今週も引き続き映画監督のグチ特集です!

 

まずは6月にユーロスペースにて公開される映画『ぼくらの亡命』の、

内田伸輝監督からグチをうかがいました。

 

「深い森の中での撮影だったので、とにかく虫が......、

足を踏み入れると蚊がわっと浮き出す」と話し出す監督。

しかし、蚊だけでは終わらない虫の問題がまさに"浮上"! 

「命の危険も感じた」とのことで、自然豊かなロケ地での

過酷な撮影現場のグチがこぼれました。

 

ほかのグチは、主人公のヒゲ問題。

リテイクの際、そのヒゲの長さと日程の調整が大変だったとのこと。

また、ラストシーンの10分を撮るのに4日もかかったとか、

内田監督の演技指導は厳しいなど、

この映画の裏話をたくさん話してくださいました。

 

さらに内田監督のグチを受けて、中野アナの弱点も判明!

中野アナの雷はどこへ落ちたのでしょうか?

聴き逃したらradikoで聴いてみてください!(4/13まで)

 

 

お二人目の監督は、4月29日から新宿武蔵野館ほか、

全国で公開になる映画『笑う招き猫』の飯塚健監督です! 

 

こちらの新作映画、話題の清水富美加さんと、

先週紹介した映画『はらはらなのか。』にも出演している松井玲奈さん

ダブル主演の痛快なガールズ漫才ムービーです。

 

映画監督は、「食べられるようになるまでが大変」という苦労話に始まり、

「漫才を映像化すること」は難易度が高いと思っていたことから

主演お二人の微笑ましい漫才練習の様子など教えてもらいました! 

 

最終的に撮影はたいへん楽しくスムーズに進んだ! ということで、

この映画にグチはないかな......という飯塚監督でしたが、

しつこくグチをおねだりしちゃいました(笑)。

 

こちらの原作は、すばる新人賞を受賞した山本幸久さんの小説なので、

原作ありきの映画化の場合、脚本も手がける飯塚監督にはどんなご苦労があったのか、

また、いろんなことがあったので、プロモーションは大変ではないか、など......。

 

飯塚監督、とても気さくなかたで、プロモーションについては

「いろんな事があった作品だからおもしろいですよね」とコメント。

最後には、映画撮影にはつきものの、大きなグチをきかせてくださいました!

こちらもぜひ、radikoでチェックしてみてください〜! 

 

番組のエンディングでは、りょうこさんからの子育てのグチを紹介。

ダンナさんに対するグチでした。

リスナーの皆さま、ひきつづき、グチをお待ちしています!

 

 

 

内田監督『ぼくらの亡命』の情報はこちら↓

http://haraharananoka.com/ 

 

飯塚監督『笑う招き猫』の情報はこちら↓

http://waramane.jp/

 

次週、現場は現場はでも「現場系アイドル」を直撃してグチを聞きます!

お楽しみに〜♪ 

 

#雷部屋 で「シェアしようぜ!」

@radionikkei_jp @keiba_ana_west @keiba_ana_east

 

 

 

渋谷チカの放送後記

2017.03/31 ディレクター 記事URL

番組改編期ですが、4月からも放送が続く
とのことでホッとしましたyoね、皆さんも?

世の中のグチを集めるグチラジオ。
今回も映画監督のグチをお送りしました。
初のスタジオゲストとして、ご登場いただいたのは、
4/1から公開になるミュージカル映画『はらはらなのか。』の監督、
若干25歳の酒井麻衣さん! お若い!! 
出演されている元SKE48の松井玲奈さんと同い年! 


在学中から数々の賞を受賞してきた酒井監督、
そのあたりからのグチもちらほらありつつ......。
「ザ・監督」な外見ではないため、
いろいろなグチがね~やっぱりありました!
俳優のマネージャーが女性だった場合......。
さて、どんなことが、起きたのでしょうか? 

日本映画界へのグチは、
いままでご登場いただいた監督のみなさんと
共通するとこがありました。
そこに中野アナの雷が......!? 


新作『はらはらなのか。』のグチは......? 
「私よりもスタッフのほうがグチがありそう」と言いつつ、
いいグチをこぼしていただきました! 
ありがとうございます。

聴き逃した方はすぐにradikoで聴いてください!
中野アナ、雷を落としつつ、グチもこぼしていました(笑)。

酒井監督の新作『はらはらなのか。』の情報はこちら↓
http://haraharananoka.com/

 

来週も引き続き映画監督のグチをお届け!
話題の清水冨美加さん主演映画の監督が登場!! 
どんなグチがあるのでしょうかね~!
「ぼくらの亡命」を監督された内田伸輝監督にも取材します。 
お楽しみに♪ 

#雷部屋 で「シェアしようぜ!」
@radionikkei_jp @keiba_ana_west @keiba_ana_east

渋谷チカの放送後記

2017.03/26 ディレクター 記事URL

世の中のグチを集めるグチラジオ。

今回も映画監督のグチでお送りしましたが、

なんと9回目の放送にして、初の外国人登場〜〜! 

 

その方は、イタリア人監督のガブリエーレ・マイネッティ監督。

永井豪の日本アニメ『鋼鉄ジーグ』がモチーフになっている映画、

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』を監督されました。

彼は生粋のローマっ子ということで、ローマを舞台に撮影し、

この作品でイタリア・アカデミー賞最多7部門受賞したとか!

日本でも来月から公開になります。

HPはこちら→ http://www.zaziefilms.com/jeegmovie/

 

マイネッティ監督のグチは、イタリア映画界に対する不満。

観客に「好まれるジャンルが限られていること」と、

「特殊効果の作業にものすごく時間がかかった」ということでした。

 

このグチに中野アナも共感! 

落雷ならず! 

 

そして、お次は日本の漫画界(?)を舞台にした作品、

『まんが島』を監督した守屋文雄監督です!

 

守屋監督は脚本家、俳優としてもマルチに活躍されています。

そんな守屋監督のグチは、『まんが島』撮影にあたって、

「主演が漫画家役なのに、ぜんぜん漫画を描いてくれない」

ということでした。

脚本家としてのグチは、

「脚本家は孤独でさみしい」というもの。

 

中野アナは「楽しまれててグチってほどじゃない、前向きな方」と、

共感というのではないけど、雷は落とさず、むしろ「映画を観たい」と。

 

売れない漫画家5人が無人島でサバイバルする『まんが島』は

全国で公開中です! 

ぬり絵もあるHPはこちら→ http://manga-jima.com/

 

 

今回は落雷なしで平和なグチラジオ「雷部屋」でした。

お便りを読めなかったのですが、

まだまだ絶賛グチ募集中です。よろしくお願いいたします!

 

今月グチっていただいた方の中から5名様に抽選で

ラジオNIKKEIオリジナルイヤホンをプレゼントいたします。

 

来週も引き続き映画監督のグチをお届けします!

#雷部屋 で「シェアしようぜ!」

@radionikkei_jp @keiba_ana_west @keiba_ana_east

 

 

 

渋谷チカの放送後記

2017.03/18 ディレクター 記事URL

世の中にはどのようなグチがあるのか知るべく、

毎回特定の職業人のグチを集めるこの番組、

今回からは映画監督のグチを特集していきます! 

ご登場いただいたのは松江哲明監督。

ドキュメンタリーひと筋18年。
デビュー作からずっとドキュメンタリー映画を撮り続けている監督です。

代表作は複数の映画賞を受賞した前野健太主演の『ライブテープ』など。

現在、プロレス団体DDTプロレスリングの選手を追ったドキュメンタリー
『俺たち文化系プロレスDDT』が公開中。

テレビのドキュメンタリー・ドラマでは、「山田孝之の東京都北区赤羽」ほか、
テレビ東京系で3本ほど監督されています。

松江さんには「映画監督になった理由」、
「なぜドキュメンタリー映画を撮るようになったのか」、
そもそも「映画監督とはどんな仕事をするのか」なども教えていただきました。

そして、グチはというと......来週金曜日に最終回を迎える
ドキュメンタリー・ドラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」
(テレビ東京系・毎週金曜深夜0時25分〜)のことから、

「ドキュメンタリー映画っていうと、観る人が身構えてしまって、
お客さんが限定される」という、松江監督ならではのグチをいただきました。

 

これを聞いた中野アナ、「確かにそれある!」とのことで、

私たちのドキュメンタリーに対する固定観念に雷が落ちました〜! 

 

「山田孝之のカンヌ映画祭」は、山田孝之さんがカンヌ映画祭のパルムドール獲得を目指して
映画を作り始めるというドキュメンタリー・ドラマなんですが、山田孝之さんを通して
日本映画界での映画の作り方が明るみに出ていくおもしろさ、山田孝之さんのハチャメチャな行動など、
見所がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

最後にリスナーからのグチを紹介しました。

なかけんさん、栗東少年まもまもさん(いずれも筆名)、グチをありがとうございました。

 

絶賛グチ募集中ですので、みなさんもお気軽に!

今月グチっていただいた方の中から5名様に抽選で

ラジオNIKKEIオリジナルイヤホンをプレゼントいたします。
ご住所、氏名を明記してお送りください。

 

もう8回目の放送が終わりました。

聴き逃したら、いますぐradikoのタイムフリーで聴いてくださいね〜!! 

私も今回は放送後にradikoで検索して聴きました(笑)。

 

来週は雷部屋がワールドワイドな感じになりそうです〜♪

引き続き映画監督のグチをお届け!

#雷部屋 で「シェアしようぜ!」

@radionikkei_jp @keiba_ana_west @keiba_ana_east

 

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

中野 雷太
なかの らいた
渋谷 チカ
しぶや ちか

パーソナリティ一覧はコチラ