『日曜患者学校』(2012年2月19日『働くがん患者学校』再放送) [日曜患者学校(第1・2・3週)]
2016/10/22(土) 02:39
 【10月23日放送のご案内】

今回は、2012年2月19日放送の「働くがん患者学校」(日曜患者学校の前身の番組)の再放送をお聞きいただきます。

【番組のご案内】


 番組は、"働くがん患者"のための情報を提供する番組です。

 今回は、2012年2月19日に放送された第20回目の放送回「緩和ケアって何?、こころの不安への対応」と題してお送りした番組の再放送となります。

 ゲストは、現在、日曜患者学校のパーソナリティをつとめている、在宅緩和ケア医の川越厚氏。
 
 スタジオを学校の教室に見立て、働くがん患者の方々が、自身の生き方を学ぶ場となるようお送りします。



 番組進行役は、学級委員長の桜井なおみさんをはじめCSRプロジェクトの皆さんです。

 働きながらがん治療に臨んでいる人々の視点で伝えてまいります。
 毎月第1・第3日曜夜9時~ の放送となります。
 
 尚、2012年当時の放送は、下記からお聞きいただけます。

番組をオンデマンドで聴く
聴く「2012年2月19日放送分」

番組をポッドキャストで聴く
iTunes用URL  RSS ⇒ポッドキャストとは?


番組を放送時間にリアルタイムで聴く

聴くradikoで番組を聴く
ラジオnikkeiのradikoへの配信対象地域は日本全国となります。



『日曜患者学校』(2012年1月1日『働くがん患者学校』再放送) [日曜患者学校(第1・2・3週)]
2016/10/15(土) 02:24
 【10月16日放送のご案内】

 今回は、日曜患者学校の前身の番組「働くがん患者学校」の再放送をお聞きいただきます。
 今回お聞きいただきますのは、2012年1月1日(元旦)の放送回の模様です。

 なお、番組「働くがん患者学校」は、"働くがん患者"のための情報を提供する番組です。 この番組は、スタジオを学校の教室に見立て、働くがん患者の方々が、自身の生き方を学ぶ場となるようお送りします。
 お聞きいただきます放送回のテーマは、「退院後の生活術」。
 
元旦モードでお送りした再放送となります。
 


どじゃい!

 番組進行役は、学級委員長の桜井なおみさんをはじめCSRプロジェクトの皆さんです。

 働きながらがん治療に臨んでいる人々の視点で伝えてまいります。
 
番組を放送時間にリアルタイムで聴く

聴くradikoで番組を聴く 


 番組をオンデマンド(録音)で聴く

聴く今回(2016年10月16日)はオンデマンドでお聞ききいただけます。
     
     (尚、こちらは放送終了後の配信となります。放送終了後、右欄のオンデマンド一覧から放送日時を選択クリックいただければお聞きいただけます。)
  

番組をポッドキャストで聴く


樋野興夫・日曜患者学校(10月9日放送「がん哲学学校」) [日曜患者学校(第1・2・3週)]
2016/10/09(日) 21:00
 10月9日放送 【番組のご案内】  樋野興夫のがん哲学学校
 患者、及び、その家族、支援者、医療従事者に向けておくる番組。

 今回は、順天堂大学医学部教授の樋野興夫さんとともに、この1ヶ月の出来事をがん哲学的視点から語り会いました。
 番組の進行役アナンサーの大橋都希子さんです。

 今回は、樋野先生の近著「今日という花を摘む」の第三章の内容を中心に振り返ります。

 
【スタジオ観覧ご希望者の募集】  
 番組をお聞きの皆さまへのご案内です。 番組では、がん患者の方、及び、家族、支援者、医療従事者などの方々など、"がん"に関心のあるかたのスタジオ観覧者を募集しております。

 次回収録は、10月31日(月)午後18時00分から となります。

 スタジオ観覧ご希望の方は、右の番組宛メール送信フォーマット(お問い合わせ欄)から、

スタジオ観覧希望
とお書き添えの上

①住所、②氏名、③メールアドレス参加動(例えば、「現在乳がん歴5年目、樋野先生のフアンです。がんに罹患し考えたことをラジオで話したいです」等、なんでも結構です)を記し、ご応募ください。
 
 次回の募集は 10月31日(月)午後18時00分に集合可能な方  となります。
 
 尚、次回収録日がハロウィンにあたるため、特殊なスタイルでお越しになられても結構です。もちろん、普段通りのスタイルでお越しいただいても結構です。
 また、次回ご参加希望者は、今回同様「今日という日の花を摘む」をご持参の上ご参加ください。(お持ちでない方は、プリントを用意します。)

 さて、この番組は、医療用ウィッグのスヴェンソン様のご支援のもと番組放送ができております。
 医療用ウィッグにご関心のある方は、
フリーダイヤル 0120-59-0480 までお問い合わせください。
(ただし、お電話受付時間は、月ー金は10-19時、土日祝日は10-18時となります。)
 または、web上では、右上欄のスヴェンソン様の欄をクリックいただきご確認ください。


番組をリアルタイム(日曜日21時~放送)で聴く
 
聴くradikoで番組を聴く

 http://radiko.jp/#RN1  をクリックいただき、案内に従いお聞きください。


番組をオンデマンド(録音)で聴く

  聴く 今回10月9日放送分樋野興夫の『がん哲学学校』 
 
  (右オンデマンド一覧から当該日時をクリックいただき、お聞きください。尚、こちらは放送終了後の配信となります。)
 

番組をポッドキャストで聴く


樋野興夫・日曜患者学校(10月2日放送「がん哲学学校」) [日曜患者学校(第1・2・3週)]
2016/10/01(土) 00:00
 10月2日放送 【番組のご案内】  樋野興夫のがん哲学学校
 患者、及び、その家族、支援者、医療従事者に向けておくる番組。

 今回は、順天堂大学医学部教授の樋野興夫さんとともに、この1ヶ月の出来事をがん哲学的視点から語り会いました。
 番組の進行役アナンサーの大橋都希子さんです。

 今回は、この1月の体験、出来事をがん哲学的に、樋野先生と振り返ります。
 右、および、右下の写真にある"ビューティスマイルプロジェクト"に参加された角田さんご夫妻の体験等をお話ししいただきます。

 
【スタジオ観覧ご希望者の募集】  
 番組をお聞きの皆さまへのご案内です。 番組では、がん患者の方、及び、家族、支援者、医療従事者などの方々など、"がん"に関心のあるかたのスタジオ観覧者を募集しております。

 次回収録は、10月31日(月)午後18時00分から となります。

 スタジオ観覧ご希望の方は、右の番組宛メール送信フォーマット(お問い合わせ欄)から、

スタジオ観覧希望
とお書き添えの上

①住所、②氏名、③メールアドレス参加動(例えば、「現在乳がん歴5年目、樋野先生のフアンです。がんに罹患し考えたことをラジオで話したいです」等、なんでも結構です)を記し、ご応募ください。
 
 次回の募集は 10月31日(月)午後18時00分に集合可能な方  となります。
 
 尚、次回収録日がハロウィンにあたるため、特殊なスタイルでお越しになられても結構です。もちろん、普段通りのスタイルでお越しいただいても結構です。
 また、次回ご参加希望者は、今回同様「今日という日の花を摘む」をご持参の上ご参加ください。(お持ちでない方は、プリントを用意します。)

 さて、この番組は、医療用ウィッグのスヴェンソン様のご支援のもと番組放送ができております。
 医療用ウィッグにご関心のある方は、
フリーダイヤル 0120-59-0480 までお問い合わせください。
(ただし、お電話受付時間は、月ー金は10-19時、土日祝日は10-18時となります。)
 または、web上では、右上欄のスヴェンソン様の欄をクリックいただきご確認ください。


番組をリアルタイム(日曜日21時~放送)で聴く
 
聴くradikoで番組を聴く

 http://radiko.jp/#RN1  をクリックいただき、案内に従いお聞きください。


番組をオンデマンド(録音)で聴く

  聴く 今回10月2日放送分樋野興夫の『がん哲学学校』 
 
  (右オンデマンド一覧から当該日時をクリックいただき、お聞きください。尚、こちらは放送終了後の配信となります。)
 

番組をポッドキャストで聴く