番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎月第1・2・3週目の日曜日 21:00~21:30

この番組は、がん患者、及び家族、支援者、医療従事者が集い、自らの経験を語りあい、学びあう学び舎として放送してまいります。

新着記事

『日曜患者学校』(2010年4月28日『がんからの出発』再放送)

2016.12/23 ディレクター 記事URL

 【2010年4月28日放送のご案内】
今回は、2010年4月28日放送「がんからの出発」(日曜患者学校の前身の番組)の再放送をお聞きいただきます。
この番組は、患者・家族の視点からお送りした番組で、リスナーかのら反響が多かった番組の一つで、番組のコンセプト・志向の原点となっているものです。

【番組終了のご案内】
 ラジオNIKKEIでは、長らく、"がん"を出発点とし、患者自らが、自らの病をどうとらえてきたかということを題材に番組つくりに取り組んでまいりました。
 がんからの出発、働くがん患者学校、日曜患者学校 と番組名の変遷はありましたももの、一貫して患者の視点からの情報発信につとめてまいりました。

 この番組への社会的反響は多く、NHKのテレビ番組「あさいち」では、15分にわたって、民間放送のこの番組を取り上げていただいたり、NHK首都圏特報やテレビ東京のニュース番組等でも取材が入りました。
 また、番組内容は樋野先生の著書「今日という日の花を摘む」(実業之日本社)として出版もされました。
 加えて、放送顕彰としては、いずれも権威のある賞、ラジオドラマ「今日は死亡予定日」で文化庁芸術祭優秀賞を、「働くがん患者学校 課外授業」編で日本放送文化大賞を受賞しました。

 ただ残念なことに、弊社の編成方針にのっとり、2016年末をもちましてこの番組は終了することになりました。
 番組では、皆さまからのご意見・ご感想等をお待ちしております。
 右欄にあります番組メール送信フォームよりお送りください。

 今後は、毎週金曜日お昼11時35分~の番組「大人のラヂオ」内http://www.radionikkei.jp/otona/ で、ご出演者を含めそのコンテンツを継続して、お送りしてまいりたいと考えております。

 
番組をポッドキャストで聴く
iTunes用URL  RSS ⇒ポッドキャストとは?

番組を放送時間にリアルタイムで聴く

聴くradikoで番組を聴く
ラジオnikkeiのradikoへの配信対象地域は日本全国となります。



『日曜患者学校』(2011年5月15日『働くがん患者学校』再放送)

2016.12/17 ディレクター 記事URL

 【12月18日放送のご案内】
今回は、2011年5月15日放送の「働くがん患者学校」(日曜患者学校の前身の番組)の再放送をお聞きいただきます。
 この 番組は、"働くがん患者"のための情報を提供するため放送いたしました。

【番組のご案内】
 この番組は、"働くがん患者"のための情報を提供する番組です。
 第2回目の今回のテーマは、コミュニケーション。
 特に「職場での告知、就職面接等」の話題をお送りします。

 スタジオを学校の教室に見立て、働くがん患者の方々が、自身の生き方を学ぶ場となるようお送りします。


 番組進行役は、学級委員長の桜井なおみさん。

 働きながらがん治療に臨んでいる人々の視点で伝えてまいります。
 
番組をポッドキャストで聴く
iTunes用URL  RSS ⇒ポッドキャストとは?

番組を放送時間にリアルタイムで聴く

聴くradikoで番組を聴く
ラジオnikkeiのradikoへの配信対象地域は日本全国となります。



樋野興夫・日曜患者学校(12月11日放送「がん哲学学校」)

2016.12/10 ディレクター 記事URL

 12月4日放送 【番組のご案内】  樋野興夫のがん哲学学校

(ラジオNIKKEI第2スタジオより、樋野先生を囲んでの収録風景)

 患者、及び、その家族、支援者、医療従事者に向けておくる番組。
 今回は、順天堂大学医学部教授の樋野興夫さんとともに、2016年の1年間を振り返る。
 進行は、アナウンサーの大橋とき子さん。

【樋野先生著書プレゼント】
幻冬舎様のご好意により、本日取り上げました樋野先生の著書『病気は人生の夏休み』を抽選でプレゼントさせていただきます。
プレゼントご希望の方は、
〒105-8565 ラジオNIKKEI「日曜患者学校」本プレンゼント係りまで、
あるいは、
右番組宛メール送信欄からご応募ください。

 いずれも、 ①郵便番号、②住所、③氏名、④連絡先と⑤「本希望」とお書き添えの上、ご応募ください。 

 締め切りは、平成28日12月26日(必着)です。発表は発送をもってかえさせていただきます。


【日本地域医療システム学会からのお知らせ】 

 地域医療分野の総合的な連携を推進し、特に在宅医療ネットワークを構築・整備することを中心とした事業を行っている日本地域医療連携システム学会からのご案内です。

と   き
:12月25日(日)
タイトル:第2回シンポジウム「がんと認知症は逆相関か?!~Quality of Death~」が開催されます。 このシンポジウムでは、樋野先生がご出席されます。

詳細は、PDFファイルによるパンフレットは、こちら CS001.pdf をクリックいただければご覧いただけます。あるいは、http://jacms.org/pdf/CS001.pdf をクリックいただければ、ネット上からもご確認いただけます。

ご興味・ご関心のある方は、電話03-5615-8017、同学会事務局までお問合せください。

【スヴェンソンからのお知らせ】

 さて、この番組は、医療用ウィッグのスヴェンソン様のご支援のもと番組放送ができております。
 医療用ウィッグにご関心のある方は、
フリーダイヤル 0120-59-0480 までお問い合わせください。
(ただし、お電話受付時間は、月ー金は10-19時、土日祝日は10-18時となります。)
 または、web上では、右上欄のスヴェンソン様の欄をクリックいただきご確認ください。


番組をリアルタイム(日曜日21時~放送)で聴く
 
聴くradikoで番組を聴く

 http://radiko.jp/#RN1  をクリックいただき、案内に従いお聞きください。


番組をオンデマンド(録音)で聴く

  聴く 今回12月11日放送分樋野興夫の『がん哲学学校』 
 
  (右オンデマンド一覧から当該日時をクリックいただき、お聞きください。尚、こちらは放送終了後の配信となります。)
 

番組をポッドキャストで聴く


【続きを読む】

樋野興夫・日曜患者学校(12月4日放送「がん哲学学校」)

2016.12/03 ディレクター 記事URL


 12月4日放送 【番組のご案内】  樋野興夫のがん哲学学校

(ラジオNIKKEI第2スタジオより、樋野先生を囲んでの収録風景)

 患者、及び、その家族、支援者、医療従事者に向けておくる番組。
 今回は、順天堂大学医学部教授の樋野興夫さんとともに、10月25日に発売された樋野先生の新刊本『病気は人生の夏休み』(幻冬舎)の内容を取り上げお送りしてまいります。
 進行は、アナウンサーの大橋とき子さん。

【樋野先生著書プレゼント】
幻冬舎様のご好意により、本日取り上げました樋野先生の著書『病気は人生の夏休み』を抽選でプレゼントさせていただきます。
プレゼントご希望の方は、
〒105-8565 ラジオNIKKEI「日曜患者学校」本プレンゼント係りまで、
あるいは、
右番組宛メール送信欄からご応募ください。

 いずれも、 ①郵便番号、②住所、③氏名、④連絡先と⑤「本希望」とお書き添えの上、ご応募ください。 

 締め切りは、平成28日12月26日(必着)です。発表は発送をもってかえさせていただきます。


【日本地域医療システム学会からのお知らせ】 

 地域医療分野の総合的な連携を推進し、特に在宅医療ネットワークを構築・整備することを中心とした事業を行っている日本地域医療連携システム学会からのご案内です。

と   き
:12月25日(日)
タイトル:第2回シンポジウム「がんと認知症は逆相関か?!~Quality of Death~」が開催されます。 このシンポジウムでは、樋野先生がご出席されます。

詳細は、PDFファイルによるパンフレットは、こちら CS001.pdf をクリックいただければご覧いただけます。あるいは、http://jacms.org/pdf/CS001.pdf をクリックいただければ、ネット上からもご確認いただけます。

ご興味・ご関心のある方は、電話03-5615-8017、学会事務局までお問合せください。

【スヴェンソンからのお知らせ】

 さて、この番組は、医療用ウィッグのスヴェンソン様のご支援のもと番組放送ができております。
 医療用ウィッグにご関心のある方は、
フリーダイヤル 0120-59-0480 までお問い合わせください。
(ただし、お電話受付時間は、月ー金は10-19時、土日祝日は10-18時となります。)
 または、web上では、右上欄のスヴェンソン様の欄をクリックいただきご確認ください。


番組をリアルタイム(日曜日21時~放送)で聴く
 
聴くradikoで番組を聴く

 http://radiko.jp/#RN1  をクリックいただき、案内に従いお聞きください。


番組をオンデマンド(録音)で聴く

  聴く 今回12月4日放送分樋野興夫の『がん哲学学校』 
 
  (右オンデマンド一覧から当該日時をクリックいただき、お聞きください。尚、こちらは放送終了後の配信となります。)
 

番組をポッドキャストで聴く


樋野興夫・日曜患者学校(秋山美奈子さん追悼、2016年8月14日「がん哲学学校」再放送)

2016.11/26 ディレクター 記事URL

 今回の放送(8月14日再放送)のご案内

 樋野興夫のがん哲学学校

この番組は 患者、及び、その家族、支援者、医療従事者に向けておくる番組。

 今月は、順天堂大学医学部教授の樋野興夫さんの新刊本『今日という日の花を摘む』(実業之日本社)の出版を記念し、この著書の中で取り上げられた日曜患者学校の参加者の方々とともにシリーズでお送りします。

 今回は、8月7日放送回に続くシリーズの2回目。
 序章の解説、第1章の朗読の語り会いの模様をお聞きいただきます。
 
解説は、順天堂大学教授の樋野興夫さん、

 番組の進行役アナンサーの大橋都希子さんです。



番組をリアルタイム(日曜日21時~放送)で聴く
 
聴くradikoで番組を聴く

 http://radiko.jp/#RN1  をクリックいただき、案内に従いお聞きください。


番組をオンデマンド(録音)で聴く

  聴く 今回(2016年8月14日再放送放送分 ・樋野興夫の『がん哲学学校』 
 
  (右オンデマンド一覧から当該日時をクリックいただき、お聞きください。尚、こちらは放送終了後の配信となります。)
 

番組をポッドキャストで聴く


樋野興夫・日曜患者学校(秋山美奈子さん追悼、3月13日「がん哲学学校」再放送)

2016.11/18 ディレクター 記事URL


2016年3月13日の再放送のご案内 

  この時間は、順天堂大学医学部教授の樋野興夫さんにご出演いただき、"がん哲学学校"と題してお送りします。

去る11月10日、番組にご出演をいただきました秋山美奈子さんがお亡くなりになられました。
 今週と来週は、秋山さんを偲び、今年ご参加いただいた放送回のなかで、
2016年3月13日と、2016年8月14日の放送回をそれぞれ振る帰りたいとおもいます。

 今回の3月13日の放送では「がん哲学越冬隊友の会記念シンポジウム」と題した公開録音の模様の2回目をお送りしています。

  今回は、秋山さんご夫妻のお話しをお聞きいただきます。


 なお、シンポジウムパネラーとして参加いただきましたご家族は、秋山さんご夫妻、大弥さんご夫妻、小林さんご家族、角田さんご夫妻、彦田さんご夫妻 です。

 番組進行役アナンサーの大橋都希子さんです。

 尚、5夫妻の具体的なお話しは、4回(3月6、13、20、27日)の全4回シリーズとしてお送りします。
 
 

番組をリアルタイム(日曜日21時~放送)で聴く
 
聴くradikoで番組を聴く


番組をオンデマンド(録音)で聴く

  聴く 今回3月13日放送分
  ・樋野興夫の『がん哲学学校』 
 
  (右オンデマンド一覧から当該日時をクリックいただき、お聞きください。尚、こちらは放送終了後の配信となります。)
 

番組をポッドキャストで聴く


 この時間は、順天堂大学医学部教授の樋野興夫さんにご出演いただき、"がん哲学学校"と題してお送りします。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

川越 厚
かわごえ こう

緩和医療医

パーソナリティ一覧はコチラ