亮的閑話 第65回 AKBパワーで梅雨空を吹っ飛ばせ [亮的閑話] [ラジオiNEWS]
2022/06/17(金) 11:07

ラジオiNEWS、6月後半の3回はAKB48の皆さんが来てくれる。まず先陣を切ってくれたのが、5回目の出演となる武藤小麟さんと初登場の茂木忍さんだ。このお2人、仕事でもプライベートでも大の仲良しで「もぎん」コンビと呼ばれているそうだ。 AKB48が日本のアイドル業界の中心であり、先頭ランナーであるのは間違いなく、このほどリリースされた新曲「元カレです」はなんと59枚目。まさにAKBに歴史ありだ。この曲もオリコン初登場で1位となったのは、言うまでもない。
武藤さんといえば、姉の十夢さんと並ぶアイドル業界1の才媛として知られる。株式投資をしているから経済ニュースにも精通している。この日のニュース解説のテーマは米国の金融政策だった。FOMCの結果など、ご本人には周知の事実でも、武藤さん、リスナー耳線に立って、あえて初歩的な質問をするなど、頭の良さと人柄の良さを、またまた垣間見せてくれた。
茂木さんも地アタマの良さと、カンの良さを感じさせる逸材だった。詳しい知識はなくても、物事の本質を見抜き、捉える力があるから、初めてのテーマでも、きちんと話についてきてくれるし、コメントも的を得ていた。AKB48という日本を代表するアイドルグループのメンバーたちは、精鋭の中で日々もまれ、奮闘努力し、成長しているからこそ、どんな局面でも落ち着いて、自分の力を発揮できるのだろう。
この日、スタジオが最も盛り上がったのは、武藤さんの衝撃の発言だった。茂木さんを姉のように慕う武藤さん、実の姉の十夢さんより話しやすい、という。十夢さんが怒るぞ、などとリスナーの皆さんが一斉に反応し、次回は3人で出演してほしいといった声が相次いだ。スタッフも面白がっていたので、実現する可能性は高いとみた。かつては同じチームKだったが、今年から武藤さんがチームAに移籍し、元カレならぬ「元チームメイト」になってしまったが、これからも仲良し「もぎん」コンビの活躍は続くだろう。
AKB48は海外にもファンが増えており、日本の文化の伝道師のような役割も担っている。まったく素晴らしい。「元カレです」は本日、初めて聴いたが、ノリのいい、明るい曲だ。ダンスがまたすごいらしい。踊る方にとっては「根も葉もRumor」とは違った大変さがあるそうだ。是非一度、生で拝見したい。
梅雨の6月、天気はぐずつき、気持ちも晴れない。そんな時こそ、「元カレです」のようなAKB48の明るい楽曲を聴いて、モヤモヤした気分を吹っ飛ばしたいものだ。

(日本経済新聞 編集委員 鈴木亮)