James Williamson's interview, Listeners reactions to 'Riot On The Strip' [100% Raw Power ~イギー・ポップ スペシャル]
2018/06/18(月) 00:00

James Williamson, a legendary guitarist well known as the former Stooges guitarist and a co-writer of all the songs in 'Raw Power', announced the launch of his new band 'James Williamson & The Pink Hearts'?in March?and the release of their debut album in June. Fans were surprised at that positive news.

NIKKEI RADIO (Tokyo) put James Williamson's interviews on the air in last August and April in the special radio shows featuring Iggy Pop and The Stooges. In the latter he talked about his new band James Williamson & the Pink Hearts and its new albmu 'Behind the Shade'. He raised the keywords "wide range" and "listenable" for the sound of the album. He also mentioned his desire to play in Japan.
You should check out the James' interview below aired in April.

In that radio show on April 30th the radio station broadcast 'Riot on the Strip'(full-length version) for the first time in Japan. The listeners' reactions were interesting;



from listeners - reactions to?'Riot On The Strip'?
"This guitar sound is nothing but James Williamson's! I want to see him in a live show before I die. I had seen the Stooges in 2004 but never seen "straight" James."

"'Riot on the Stip' is baddest ass! I'm so happy to listen to the James' new band. I'll definitely buy one. Of course I'd love to see him in Japan."

"The Pink Hearts' 'Riot on the Strip' is a so cool song that I can't help but want to listen to it with Iggy's vocal. I'll buy its vinyl."

"I love the oover design of 'Behind The Shade' pretty much. The new song is dope, going against my expectation in a good way."

"Frank Meyer's voice fits the band sound. Petra did a really good job. I'd want to listen to her playing instruments, too."

"It is really emotional that James started the band after the Stooges' done."


INTERVIEW broadcast on April 30th


*NIKKEI RADIO (NR):
After you released the album "Re-Licked" in which you re-made lots of The Stooges' songs, you made Three singles with MAIA, Lisa Kekaula, Petra Haden in 2016. Then you completed "ACOUSTIC K.O." EP with Deniz Tek. All four were in "duo" style. On the other hand you made the band "THE PINK HEARTS" in this time. Is it an important difference between duo and band?
Why did you decide to form a band?

*James Williamson(JW):
In terms of the band it just made more sense to me because people who have been playing with me are pretty much the same people - Michael Urbano on drums, Gregg Foreman on keyboards and Jason Carmer on bass. So it a kind of became a band if you will. And singers, both Petra Haden and Frank Meyer are people that I had worked with previously. So I knew how good they were.
When I decided to make a new record I needed someone who could write lyrics and also sing. Frank Meyer was really good at them once we started working together. So I was able to write the music with him. He sang a lot of message which he wrote, and Petra also sang incrediblly well in many songs of the album. I think you would be quite impressed with their singing.

Since there were so many singers involving the album "Re-Licked" it was almost impossible for us to tour. But we did a taping for the TV show called "Last Call with Carson Daly Show" and performed a couple of songs. When we did the taping then I had a number of singers there. So we decided to do a live show (in LA). I asked Frank Meyer to sing one of the songs ('I'm Sick Of You') and live with us.He did such a great job and I was very impressed with him. He also showed us a good stage presence. In the course that I had worked with Petra Haden before I knew very well her capabilities.


*NR:
Could you tell us what kind of sounds/music your new band "THE PINK HEARTS" intends to show?
*JW:
It's variety of things. This band has quite a wide range capability. It's not just one style. We of course know that people like some up-tempo numbers so we do have some of those, such as 'Riot on The Strip'. On the other hand there are quit a number of medium-tempo numbers. So the record has a balance and a wide rangeof material. I think even though one song is quite different from the next on the record, it's whole together as a whole very well. I think at least from my point of view it's very listenable. So you can listen to our new album time after time and you don't get tired of it. The record is a kind of really unique in that way.

*NR:
In your previous interview in our radio show last summer, you said that you were not willing to have live tour any more but were pleased to work in the studio(recordings). Now you seem to change your mind and THE PINK HEARTS announced two live shows in June, LA and San Francisco. What changed your mind?

*JW:
Ha ha ha, actually I haven't changed my mind but... I'm not the only one who concerned it here. I know the other people would like to play live. So I decided "OK" and we compromised that we would have some live shows. We see how it goes and see how everybody feels about continuing...
We are planning to play at least through out summer and fall. But so far all dates are in the US although ...
I'm open to anything and it really has to do with what the promoters are interested in doing. We got some agents working on it. It's just according to what realistic to do and possible to do.


*NR:
Do you have a plan to visit Japan and have some live shows? Could you give us your message to our listeners (fans in Japan!)?

*JW:
Well I can tell you this much. I planed to visit Japan for sure whether it's touring or just tourism (laugh).
I love Japan. I've been to Japan over fifty times. I've been missing Japan. So I do plan to come to Japan for sure next spring I guess.
But in terms of the band it's all about promoters who make offer to us. We'd love to play for you guys. It's just really all about possibilities. So I'm open and to that and I hope somebody contacts us and trys to make it happen.
Certainly in terms of listeners I want you to listen to the album 'Behind The Shade'. I'm totally happy with this record. It contains amazing efforts by everyone in the band. I'm looking forward to you guys listening to the record which will come out on June 22. And also I hope to makes it possible for me to come and visit Japan.

*release information

James Williamson & The Pink Hearts releases their debut album 'Behind The Shade' on 22nd June.
*order: diskunion|TOWER RECORDS|amazon|COBRASIDE

4月30日(月・祝)15時~イギー・ポップ特番オンエア!タイムフリーで1週間以内に聴き直しも可 [100% Raw Power ~イギー・ポップ スペシャル]
2018/04/30(月) 00:00

映画『アメリカン・ヴァルハラ』は18年4月14日に日本初公開されて以降、観た方のポジティブ評価がSNSを中心に拡散中!東京は5月4日で終了しますが、これから名古屋、大阪、仙台、栃木など順次全国公開予定です。そこでラジオNIKKEIでは『アメリカン・ヴァルハラ』公開記念特番を18年4月30日(月・祝)午後3時~5時の2時間、特別番組『100% Raw Power~イギー・ポップ スペシャル』を放送いたします。

映画『アメリカン・ヴァルハラ』とは?・・・2016年に発売されたイギー・ポップ最後のアルバムとも噂されている「POST POP DEPRESSION」。イギーが自費でレコーディングを計画し、自らQUEENS OF THE STONE AGEのジョシュ・ホーミにプロデュースを打診したところから始まったこのアルバムは、イギー・ポップ名義作品でも最大級のヒットのひとつとなりました。またアルバムに伴うツアーは全公演ソールドアウトとなる成功をおさめました。本映画はそのコラボの始まりから初のデモ音源レコーディング、アルバムのリリース、そしてロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのライヴまでを追ったドキュメンタリー映画です。
今回ラジオNIKKEIでは大越よしはる氏鳥井賀句氏(出演順)という長年イギー・ポップを見続けてきたお二方に映画をより一層楽しむための情報の深堀りをお願いしました。お互いのトーク内容は一切すり合わせをせずに収録したところ、最終部分のメッセージ他共通点が散見されるのは非常に興味深いです。ぜひ実際に耳でお確かめください。
そして映画とは一見無関係に見えるジェームズ・ウィリアムスンの最新独占インタビューを最後にお届けします。映画の冒頭部分を振り返ると、イギーが「POST POP DEPRESSION」の制作に取り掛かる直前、閉塞感のある状況に陥った遠因はジェームズにもあるので決して映画と無関係ではありません。アルバムリリースだけでなく米国内で2本のライブを発表済みのジェームズ・ウィリアムスン&ザ・ピンク・ハーツ。果たして来日公演はあるのか?インタビューの冒頭で、実際の収録では終わった後の雑談で何気なく投げかけた質問から意外な(?!)事実も判明しています。要チェック!


【番組概要】
◇番組タイトル:『100% Raw Power~イギーポップ スペシャル』
◇放 送 日 時 :2018年4月30日(月・祝)午後3時~5時(2時間番組)
◇放送メディア:
 ◎ラジオNIKKEI第1
 ◎radiko.jp(スマホアプリ、PCで聴く/全国無料/タイムフリーで1週間聴取可)
      タイムフリー(放送開始以降)
      http://radiko.jp/share/?sid=RN1&t=20180430150000
◇ツイッター :@metallic_ko(ROCKnROLL|ラジオNIKKEI)
        ※ハッシュタグ:#iggy0430
◇ウェブサイト:http://www.radionikkei.jp/iggypop/

【イギー・ポップ来日嘆願署名】
#イギーポップの来日を実現させる署名
が現在絶賛展開中です。主宰は「くのいちボーイズ」Gentaさん。詳細はリンク先のfacebookページをご覧ください。fbページにアクセスできない方はこちらの署名フォームから直接お願いします!


April 14th: "AMERICAN VALHALLA" released in Tokyo
April 21th: IGGY POP's 71st birthday
April 30th: special radio show for all the rock'n'roll fans

アルバム「ロー・パワー」リリース45周年記念~ジェームズ・ウィリアムスン インタビュー載録 [100% Raw Power ~イギー・ポップ スペシャル]
2018/02/07(水) 09:00
2017年8月11日、9月18日にラジオNIKKEIで放送したイギー・ポップ/ザ・ストゥージズ特番で公開したジェームズ・ウィリアムスンのインタビューから、アルバム「ロー・パワー」に関する部分を抜粋して公開いたします。

IGGY POP/THE STOOGES:2017.8.11プレイリスト公開中 [100% Raw Power ~イギー・ポップ スペシャル]
2017/08/20(日) 02:40


【番組概要】
映画『ギミー・デンジャー』日本公開を記念した特別番組。時代の先を行き、評価され難かったイギー・ポップ/ザ・ストゥージズの先進性に満ちた楽曲をオンエアする一方で、ザ・ストゥージズの2代目ギターリスト、ジェームズ・ウィリアムスン氏、米ハードコア/パンクシーンのキーパーソンで2003年の再結成からストゥージズのベーシストを務めるマイク・ワット氏、日本におけるイギー・ポップ評論の第一人者・鳥井賀句氏、7月に米国でイギー・ポップと対バンしたギターウルフ セイジ氏ほか最新独占インタビュー、コメントも放送。併せて楽曲リクエストの募集、CDや映画観賞券が当たるリスナープレゼントも実施。

【たくさんの聴取&リクエスト/プレゼント応募、ありがとうございました!】

8月11日に3時間生放送でお送りした特番はタイムフリー配信期間も終了しました。非常に多くの方にお聴きいただき、そして楽曲リクエスト&プレゼントご応募も多数いただき、ありがとうございました。また次回特番(実施未定)でお会いしましょう!
※リスナープレゼントの当選者の発表は、当選通知をもってかえさせていただきます。


番組の感想はこちら

*プレゼント応募受付は終了しましたが、引き続き番組の感想、今後こんな番組を放送して欲しい等々のご意見を募集中。
*感想/ご意見/ご要望はツイッターでも受け付けます。その際必ずハッシュタグ #iggypop0811 を付けてツイートしてください。
 ★番組ツイッター @metallic_ko

【イギー・ポップ来日嘆願署名】
#イギーポップの来日を実現させる署名
が現在絶賛展開中です。主宰は「くのいちボーイズ」Gentaさん。詳細はリンク先のfacebookページをご覧ください。fbページにアクセスできない方はこちらの署名フォームから直接お願いします!

【番組サポーター】
リスナープレゼントご提供ほか今回の特番をサポートしてくださったみなさんをご紹介します。
映画配給会社ロングライド
言わずと知れた『ギミー・デンジャー』日本公開の配給会社。9月2日の東京を皮切りに全国で公開される映画は必ず観逃さないよう!何と日本オリジナルの公式グッズとしてTシャツ(2種)、マグカップ、トートバッグなども限定発売。詳細はリンク先で!

ワーナーミュージック・ジャパン
『ギミー・デンジャー』サントラCDの国内盤はワーナーからリリースされています。帯&歌詞対訳&ライナーノートは国内盤ならでは。そして、実はワーナーミュージック・ジャパンのカタログに掲載されていますがザ・ストゥージズの1st、2nd、そしてライブ音源「HAVE SOME FUN:LIVE AT UNGANO'S / ハヴ・サム・ファン 【ライノ・ハンドメイド】」もワーナーがリリースしています。まだ持っていない方はポチっと!

ディスクユニオン
赤黒のロゴでおなじみディスクユニオンでは『ギミー・デンジャー』の前売鑑賞券を取り扱っているほか、イギー・ポップ/ザ・ストゥージズ関連のレコード、CDの買い取り強化キャンペーン中です。お手元のLPをCDに買い替えたい、など売りたいイギー作品がある方は、まずディスクユニオンにご相談を(^^

キングレコード
先日新宿のシネマカリテで1日のみ限定上映された『実演!淫力魔人/イギー&ザ・ストゥージズ』の国内盤DVDはキングレコードからリリースされています。現状流通在庫のみの商品ですので、まだお持ちでない方はショップ等で取り寄せ購入されることをおすすめします。リスナープレゼントには、イギーが声のみで出演の映画『HARDWARE』のDVDをご提供いただきました(リンク先参照)。

シンコー・ミュージック
CROSSBEATのスペシャルエディションMOOKという形で9月4日に国内初!一冊まるごとイギー・ポップという「CROSSBEAT Special Edition イギー・ポップ<シンコー・ミュージック・ムック>」が発売されます。番組にはCROSSBEAT元編集長・大谷英之さんにご出演いただきました。このムックの内容、相当充実していますよ!


佐藤ジン写真展 "Action Portrait: IGGY POP "
東京のロック、パンクシーンの最深部を捉え続けてきた鬼才フォトグラファー佐藤ジンが1979年から密かに撮りつづけてきたイギー・ポップとのフォトセッション作品が今回初公開される。写真集は8/18発売、写真展は8/19~27開催。詳細はこちら



THE STOOGES :clockwise from bottom center - Iggy Pop, Dave Alexander, Scott Asheton, Ron Asheton

【プレイリスト 2017.8.11】番組で使用した楽曲一覧