番組紹介

ラジオNIKKEI第1 2018年4月30日(月・祝) 15:00~17:00
提供:ディスクユニオン
協力:ビーズインターナショナル キングレコード

「100% Raw Power」の第3弾として、映画『アメリカン・ヴァルハラ』日本公開(2018.4.14)を記念した特別番組を放送します。
◇出演者:鳥井賀句大越よしはるジェームズ・ウィリアムスンしみー 他 ※敬称略
◇ツイッター:@metallic_ko(ROCKnROLL|ラジオNIKKEI)
 ハッシュタグ:#iggy0430
リスナープレゼントあり

新着記事

7/25(水) 鳥井賀句 presents ペニー・イキンジャー緊急出演スペシャル [ペニー・イキンジャー]

2018.07/26 番組スタッフH 記事URL


ペニー・イキンジャー
(Penny Ikinger)はオーストラリア出身のオルタナティヴ系女性ロック・ヴォーカリスト&ギタリストであり、その音楽性から「オーストラリアのPJハーヴェイ」と呼ばれることもある。
80年代からオーストラリアのニューウェイヴ・バンド、WET TAXISやSACRED COWBOYSのギタリストとして活動し、アメリカ、ヨーロッパ等でも高く評価された『ELECTRA』(2003)、『PENELOPE』(2010)に続く3枚目のスタジオ・フルアルバム『TOKYO』を2018年7月25日にディスクユニオンから日本先行発売する。日本盤にのみ限定ボーナス・トラックとして、DIVINYLSのヒット曲のカバー「BOYS IN TOWN」が加えられ、よりソリッドなロックン・ロール色を強めている。
新作『TOKYO』はオーストラリアのパンク・レジェンド、RADIO BIRDMANのギタリストでイギー・ポップ/ストゥージズとも縁浅からぬDENIZ TEKが共作、ギター、共同プロデュースで全面参加し、バックには日本のパンク&オルタナシーンのツワモノたち、元フリクションの恒松正敏らが参加した日豪合作アルバムになっている。ペニーは過去3度来日し、クラブツアーや東京でのレコーディングも行っている親日家でもある。今回、日本先行発売のニュー・アルバム『TOKYO』のプロモーションで来日するペニーは、リリース当日=7月25日(水)にRN2(ラジオNIKKEI第2)の番組『RN2 2140 明日への活力となるロックンロール』(21:40~22:00)に緊急出演する。もちろんアルバム収録曲の一部もオンエア予定。D・O・TのヴォーカルNEKOもゲスト出演。リスナープレゼントもアリ!そして来日レコ発LIVEは、7月26日(木)荻窪CLUB DOCTOR、7月27日(金)四谷OUTBREAK!で、いずれも19時から行われる。DON'T MISS IT!

【ペニー・イキンジャー ラジオ番組出演情報】

・番組名『RN2 2140 明日への活力となるロックンロール』
・放送日時:2018年7月25日(水)21:40~22:00
・放送メディア:RN2(ラジオNIKKEI第2)
 →聴取方法はラジコ、スマートスピーカー(AIスピーカー)、短波ラジオ受信機
・ラジコ直リンク:http://radiko.jp/share/?sid=RN2&t=20180725214000
 (放送開始~8/1まで聴取可)
・出演者:ペニー・イキンジャー、NEKO(D・O・T)、鳥井賀句 *敬称略

【リスナープレゼント情報】
【1】7/27(金)四谷OUTBREAK!でのペニー・イキンジャーLIVEに抽選で10名様をご招待!
→ こちらのみ7/26(木)16:00〆切り

【2】サイン入りCD(各1名様)
→ ペニー・イキンジャー「TOKYO」


D・O・T「Birds Eye View」


【3】ペニー・イキンジャー ステッカー & D・O・T缶バッジ(各1個ずつをセットで10名様)


★応募方法★
当ページ応募フォーム、もしくはツイッターアカウント@metallic_ko「ROCKnROLL|ラジオNIKKEI」宛てダイレクトメッセージで受け付けます。〆切りはLIVEご招待のみ7/26(木)正午、その他は8/1(水)23:59です。 


【ペニー・イキンジャー LIVE情報2018】
※両LIVEともに開場18:30/開演19:00、Adv2,000円+d、Door2,500円+d
・7月26日(木)荻窪club Doctor
<出演>
PENNY IKINGER BAND (V&G:PENNY, G:Kawaguchi Masami, B:Louise Inage, Dr:Takahashi Yuichi)
HONNO MAJIKA NAHARU (LAPIZ, Higo Hiroshi, Fujikake Masataka)
simsim BBQ
SIXSICS
・7月27日(金)四谷OUTBREAK!
<出演>
PENNY IKINGER BAND (V&G:PENNY, G:Kawaguchi Masami, B:Louise Inage, Dr:Takahashi Yuichi)
D・O・T (Vo:NEKO ex.NURSE, B:HIROSHI ex.あぶらだこ, Dr:MARU ex.ラフィンノーズ)
鳥井賀句 & HALLUCIONZ
MUSTANG JERX

【ペニー・イキンジャー CDリリース情報】

・タイトル:東京
・価格:2,700円(税別)→ 購入ページ
・レーベル:Kerosene Records
・発売日:2018年07月25日
・Review;
オーストラリア出身のオルタナティヴ系女性ロック・ヴォーカリスト&ギタリスト、PENNY IKINGERがアルバム『TOKYO』を待望の初日本盤としてリリース!オーストラリアのパンクレジェンド、RADIO BIRDMANのDeniz Tekが共同プロデュース、バックには恒松正敏をはじめ日本のパンク&オルタナシーンの強力なミュージシャンたちが集結した日豪合作アルバム!

■日本盤先行発売、ボーナストラック収録(DIVINYLS「Boys In Town」のカバー)

ペニー・イキンジャーは、オーストラリア出身のオルタナティヴ系女性ロック・ヴォーカリスト&ギタリストであり、その音楽性から「オーストラリアのPJ ハーヴェイ」と呼ばれることもある。80年代からオーストラリアのニューウェイヴ・バンド、WET TAXISやSACRED COWBOYSのギタリストとして活動し、アメリカ、ヨーロッパ等でも高く評価された『ELECTRA』(2003)、『PENELOPE(2010)に続く3枚目のスタジオ・フルアルバム『TOKYO』を日本先行発売する。日本盤にのみ限定ボーナス・トラックとして、DIVINYLSのヒット曲のカバー「BOYS IN TOWN」が加えられ、よりソリッドなロックン・ロール色を強めている。
『TOKYO』はオーストラリアのパンク・レジェンド、RADIO BIRDMANのギタリスト、DENIZ TEKが共作、ギター、共同プロデュースで全面参加し、バックには日本のパンク&オルタナシーンのツワモノたち、恒松正敏(G)(元フリクション、EDPS)、川口雅巳(G)(ニューロック・シンジケート、ドロンコス)、ルイス稲毛(B)(夜光虫、魔術の庭)、酒井圭一(DS)(元ハルシオンズ)、BEM長嶌(尺八)(元じゃがたら)、大関ジュンコ(二胡・三線)(simsimBBQ)らが参加した日豪合作アルバムになっている。マスタリングは中村宗一郎氏、アートワークは元ザ・ファントムギフトのサリー久保田氏が手掛ける。

James Williamson's interview, Listeners reactions to 'Riot On The Strip' [番組からのお知らせ]

2018.06/18 番組スタッフH 記事URL

James Williamson, a legendary guitarist well known as the former Stooges guitarist and a co-writer of all the songs in 'Raw Power', announced the launch of his new band 'James Williamson & The Pink Hearts'?in March?and the release of their debut album in June. Fans were surprised at that positive news.

NIKKEI RADIO (Tokyo) put James Williamson's interviews on the air in last August and April in the special radio shows featuring Iggy Pop and The Stooges. In the latter he talked about his new band James Williamson & the Pink Hearts and its new albmu 'Behind the Shade'. He raised the keywords "wide range" and "listenable" for the sound of the album. He also mentioned his desire to play in Japan.
You should check out the James' interview below aired in April.

In that radio show on April 30th the radio station broadcast 'Riot on the Strip'(full-length version) for the first time in Japan. The listeners' reactions were interesting;



from listeners - reactions to?'Riot On The Strip'?
"This guitar sound is nothing but James Williamson's! I want to see him in a live show before I die. I had seen the Stooges in 2004 but never seen "straight" James."

"'Riot on the Stip' is baddest ass! I'm so happy to listen to the James' new band. I'll definitely buy one. Of course I'd love to see him in Japan."

"The Pink Hearts' 'Riot on the Strip' is a so cool song that I can't help but want to listen to it with Iggy's vocal. I'll buy its vinyl."

"I love the oover design of 'Behind The Shade' pretty much. The new song is dope, going against my expectation in a good way."

"Frank Meyer's voice fits the band sound. Petra did a really good job. I'd want to listen to her playing instruments, too."

"It is really emotional that James started the band after the Stooges' done."


INTERVIEW broadcast on April 30th


*NIKKEI RADIO (NR):
After you released the album "Re-Licked" in which you re-made lots of The Stooges' songs, you made Three singles with MAIA, Lisa Kekaula, Petra Haden in 2016. Then you completed "ACOUSTIC K.O." EP with Deniz Tek. All four were in "duo" style. On the other hand you made the band "THE PINK HEARTS" in this time. Is it an important difference between duo and band?
Why did you decide to form a band?

*James Williamson(JW):
In terms of the band it just made more sense to me because people who have been playing with me are pretty much the same people - Michael Urbano on drums, Gregg Foreman on keyboards and Jason Carmer on bass. So it a kind of became a band if you will. And singers, both Petra Haden and Frank Meyer are people that I had worked with previously. So I knew how good they were.
When I decided to make a new record I needed someone who could write lyrics and also sing. Frank Meyer was really good at them once we started working together. So I was able to write the music with him. He sang a lot of message which he wrote, and Petra also sang incrediblly well in many songs of the album. I think you would be quite impressed with their singing.

Since there were so many singers involving the album "Re-Licked" it was almost impossible for us to tour. But we did a taping for the TV show called "Last Call with Carson Daly Show" and performed a couple of songs. When we did the taping then I had a number of singers there. So we decided to do a live show (in LA). I asked Frank Meyer to sing one of the songs ('I'm Sick Of You') and live with us.He did such a great job and I was very impressed with him. He also showed us a good stage presence. In the course that I had worked with Petra Haden before I knew very well her capabilities.


*NR:
Could you tell us what kind of sounds/music your new band "THE PINK HEARTS" intends to show?
*JW:
It's variety of things. This band has quite a wide range capability. It's not just one style. We of course know that people like some up-tempo numbers so we do have some of those, such as 'Riot on The Strip'. On the other hand there are quit a number of medium-tempo numbers. So the record has a balance and a wide rangeof material. I think even though one song is quite different from the next on the record, it's whole together as a whole very well. I think at least from my point of view it's very listenable. So you can listen to our new album time after time and you don't get tired of it. The record is a kind of really unique in that way.

*NR:
In your previous interview in our radio show last summer, you said that you were not willing to have live tour any more but were pleased to work in the studio(recordings). Now you seem to change your mind and THE PINK HEARTS announced two live shows in June, LA and San Francisco. What changed your mind?

*JW:
Ha ha ha, actually I haven't changed my mind but... I'm not the only one who concerned it here. I know the other people would like to play live. So I decided "OK" and we compromised that we would have some live shows. We see how it goes and see how everybody feels about continuing...
We are planning to play at least through out summer and fall. But so far all dates are in the US although ...
I'm open to anything and it really has to do with what the promoters are interested in doing. We got some agents working on it. It's just according to what realistic to do and possible to do.


*NR:
Do you have a plan to visit Japan and have some live shows? Could you give us your message to our listeners (fans in Japan!)?

*JW:
Well I can tell you this much. I planed to visit Japan for sure whether it's touring or just tourism (laugh).
I love Japan. I've been to Japan over fifty times. I've been missing Japan. So I do plan to come to Japan for sure next spring I guess.
But in terms of the band it's all about promoters who make offer to us. We'd love to play for you guys. It's just really all about possibilities. So I'm open and to that and I hope somebody contacts us and trys to make it happen.
Certainly in terms of listeners I want you to listen to the album 'Behind The Shade'. I'm totally happy with this record. It contains amazing efforts by everyone in the band. I'm looking forward to you guys listening to the record which will come out on June 22. And also I hope to makes it possible for me to come and visit Japan.

*release information

James Williamson & The Pink Hearts releases their debut album 'Behind The Shade' on 22nd June.
*order: diskunion|TOWER RECORDS|amazon|COBRASIDE

4月30日(月・祝)15時~イギー・ポップ特番オンエア!タイムフリーで1週間以内に聴き直しも可 [番組からのお知らせ]

2018.04/30 番組スタッフH 記事URL

【リスナープレゼント】
番組の感想を送ると抽選で計16名様にプレゼントが当たる!
■映画『アメリカン・ヴァルハラ』名古屋、大阪鑑賞チケット(10名様)

ブルーレイ『ギミー・デンジャー』(3名様)


ブルーレイ『実演!淫力魔人/イギー&ザ・ストゥージズ』
(3名様)


ご希望の方は、番組の感想をお書き添えのうえ以下の専用フォームからご応募、または番組ツイッター@metallic_ko宛へのリプライで感想をツイートしてください。
※本名、住所、電話番号等の個人情報は記載されないようお願いいたします。当選者の方にはラジオNIKKEIから折り返しメールでご連絡、またツイッターの方は相互フォローした上でダイレクトメッセージでご連絡いたします。

*応募締切:5/7(月)


映画『アメリカン・ヴァルハラ』は18年4月14日に日本初公開されて以降、観た方のポジティブ評価がSNSを中心に拡散中!東京は5月4日で終了しますが、これから名古屋、大阪、仙台、栃木など順次全国公開予定です。そこでラジオNIKKEIでは『アメリカン・ヴァルハラ』公開記念特番を18年4月30日(月・祝)午後3時~5時の2時間、特別番組『100% Raw Power~イギー・ポップ スペシャル』を放送いたします。

映画『アメリカン・ヴァルハラ』とは?・・・2016年に発売されたイギー・ポップ最後のアルバムとも噂されている「POST POP DEPRESSION」。イギーが自費でレコーディングを計画し、自らQUEENS OF THE STONE AGEのジョシュ・ホーミにプロデュースを打診したところから始まったこのアルバムは、イギー・ポップ名義作品でも最大級のヒットのひとつとなりました。またアルバムに伴うツアーは全公演ソールドアウトとなる成功をおさめました。本映画はそのコラボの始まりから初のデモ音源レコーディング、アルバムのリリース、そしてロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのライヴまでを追ったドキュメンタリー映画です。
今回ラジオNIKKEIでは大越よしはる氏鳥井賀句氏(出演順)という長年イギー・ポップを見続けてきたお二方に映画をより一層楽しむための情報の深堀りをお願いしました。お互いのトーク内容は一切すり合わせをせずに収録したところ、最終部分のメッセージ他共通点が散見されるのは非常に興味深いです。ぜひ実際に耳でお確かめください。
そして映画とは一見無関係に見えるジェームズ・ウィリアムスンの最新独占インタビューを最後にお届けします。映画の冒頭部分を振り返ると、イギーが「POST POP DEPRESSION」の制作に取り掛かる直前、閉塞感のある状況に陥った遠因はジェームズにもあるので決して映画と無関係ではありません。アルバムリリースだけでなく米国内で2本のライブを発表済みのジェームズ・ウィリアムスン&ザ・ピンク・ハーツ。果たして来日公演はあるのか?インタビューの冒頭で、実際の収録では終わった後の雑談で何気なく投げかけた質問から意外な(?!)事実も判明しています。要チェック!
番組の感想を送ると映画『アメリカン・ヴァルハラ』鑑賞券8名古屋、大阪のみ)、ブルーレイが当たるリスナープレゼントも実施します。今回、楽曲リクエストは受け付けませんが、ハッシュタグ #iggy0430 で番組の感想、番組関連の呟きをぜひお願いします。こちらもリスナープレゼントの対象とさせていただきます!

プレゼントの応募はこちら
※本名、住所、電話番号等は記入しないようお願いします


【番組概要】
◇番組タイトル:『100% Raw Power~イギーポップ スペシャル』
◇放 送 日 時 :2018年4月30日(月・祝)午後3時~5時(2時間番組)
◇放送メディア:
 ◎ラジオNIKKEI第1
 ◎radiko.jp(スマホアプリ、PCで聴く/全国無料/タイムフリーで1週間聴取可)
      タイムフリー(放送開始以降)
      http://radiko.jp/share/?sid=RN1&t=20180430150000
◇ツイッター :@metallic_ko(ROCKnROLL|ラジオNIKKEI)
        ※ハッシュタグ:#iggy0430
◇ウェブサイト:http://www.radionikkei.jp/iggypop/

【イギー・ポップ来日嘆願署名】
#イギーポップの来日を実現させる署名
が現在絶賛展開中です。主宰は「くのいちボーイズ」Gentaさん。詳細はリンク先のfacebookページをご覧ください。fbページにアクセスできない方はこちらの署名フォームから直接お願いします!


April 14th: "AMERICAN VALHALLA" released in Tokyo
April 21th: IGGY POP's 71st birthday
April 30th: special radio show for all the rock'n'roll fans

ディスクユニオン買取強化キャンペーン ~5/7|CD、DVD、ブルーレイ、音楽書籍 [広告]

2018.04/14 番組スタッフH 記事URL


創業1967年、CD、レコード専門店「ディスクユニオン」では、 買い取り強化キャンペーンを実施中! 5月7日までにCD、DVD、ブルーレイ、音楽本を まとめて10点以上お売りいただくと、 通常査定額に20%プラスして買い取りいたします。 お近くに店舗がない方には「宅配買取」、 そして大量売却の方には「訪問買取」のサービスをご用意!

売却方法は3つ。店舗に行けなくても売却できます!
1)店頭買取
★メリット:その場で査定→終了後現金にて買取金額をお渡し。手っ取り早い!

2)宅配買取
★メリット:店頭に行かず完結できる。段ボール含む梱包キットを取り寄せ、パッキングが終わったら集荷依頼も出来る!

3)訪問買取
★メリット:大量売却の方限定。ディスクユニオンの専門スタッフがご自宅に伺います。

4/14~5/7の期間、買取査定額が通常より20%アップ!
★必ず「ラジオNIKKEI買取」「ラジオNIKKEIで聴いた」を口頭で伝える、もしくはテキストで記載のうえ買取申請を行ってください


気になった方はまずはディスクユニオンにご相談を!
【お電話】
0120-111-649
03-3511-9950
(携帯、スマートフォンから)
※受付時間11:00~18:00(祝祭日~17:00)

【インターネット】
ディスクユニオン買取情報詳細


【eメール】
buying@diskunion.co.jp

アルバム「ロー・パワー」リリース45周年記念~ジェームズ・ウィリアムスン インタビュー載録 [番組からのお知らせ]

2018.02/07 番組スタッフH 記事URL

2017年8月11日、9月18日にラジオNIKKEIで放送したイギー・ポップ/ザ・ストゥージズ特番で公開したジェームズ・ウィリアムスンのインタビューから、アルバム「ロー・パワー」に関する部分を抜粋して公開いたします。

スピンオフ特番『100% Raw Power インタビュー編』を9/18(月・祝)午前8時~オンエア!

2017.09/18 番組スタッフH 記事URL





映画『ギミー・デンジャー』が9月2日の日本公開からスタートダッシュ好調!絶賛上映中の今秋、この『ギミー・デンジャー』公開記念特番の第2弾が決定!ラジオNIKKEIは2017年9月18日(月・敬老の日)午前8時00分~9時00分の1時間、特別番組『100% Raw Power インタビュー編~イギー&ザ・ストゥージズ』を放送いたします。

ロック史においてその重要性と影響力はヴェルヴェット・アンダーグランドやドアーズ、デヴィッド・ボウイ等と比肩する存在でありながら、特に日本国内においては過小評価気味であったイギー・ポップ、ザ・ストゥージズ。近年はグラミー賞2017・最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞受賞、2016年開始のワールドツアーの盛況、フランス芸術文化勲章コマンドゥール受章、そして国内では今月一般上映が始まったザ・ストゥージズに肉薄したドキュメンタリー映画『ギミー・デンジャー』のヒットなど、世界規模で評価が高まっています。

ラジオNIKKEIでは8月11日にイギー・ポップとザ・ストゥージズを徹底特集した生放送3時間特番『100% Raw Power ~イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ』をオンエアしたところ各方面から大きな反響を呼び、再放送のリクエストも多数寄せられました。そこで今回、特に好評だったメンバーの最新インタビュー~ストゥージズ2代目ギタリスト、ジェームズ・ウィリアムスンと、2003年のストゥージズ再結成からベーシストを務めるマイク・ワットのインタビューを、8月の特番では未放送だった部分を含むノーカット編集したスピンオフ特番を放送いたします。内容の一部をご紹介しますと、
・ジェームズ・ウィリアムスンが影響を受けたギタリストや音楽
・長年議論の的となっているストゥージズの3rdアルバム「ロー・パワー」David Bowie Mixの意義と制作秘話
・マイク・ワットが証言するストゥージズ再結成初LIVE当日の秘話
など、聴き応え十分の1時間特番です。

今回の番組はインタビュー部分が8割を占める、ある意味地味な番組かもしれませんが、この番組を聴けば映画『ギミー・デンジャー』を観たくなる(既に観た方も再度観たくなる)でしょう!
番組の感想を送ると映画『ギミー・デンジャー』鑑賞券が当たるリスナープレゼントも実施します。今回、楽曲リクエストは受け付けませんが、ハッシュタグ #iggypop0918 で「番組の1曲目当てクイズ」を実施します。こちらもリスナープレゼントの対象とさせていただきます!

webフォーム(番組の感想)はこちら
※住所、電話番号等は記入しないようお願いします
※「リクエスト曲」の欄は貴方が好きなイギー・ポップ、ストゥージズの曲を1つだけお書きください


【番組概要】
◇番組タイトル:『100% Raw Power インタビュー編~イギー&ザ・ストゥージズ』
◇放 送 日 時 :2017年9月18日(月・敬老の日)午前8時~9時(1時間番組)
◇放送メディア:
 ◎ラジオNIKKEI第1
 ◎radiko.jp(スマホアプリ、PCで聴く/全国無料/タイムフリーで1週間聴取可)
      タイムフリー(放送開始以降)
      http://radiko.jp/share/?sid=RN1&t=20170918080000
◇ツイッター :@metallic_ko(ROCKnROLL|ラジオNIKKEI)
        ※ハッシュタグ:#iggypop0918
◇ウェブサイト:http://www.radionikkei.jp/iggypop/



【ラジオ特番「100% Raw Powerインタビュー編~イギー&ザ・ストゥージズ」のインタビュー部分をより深く理解するための補足情報

◆ジェームズ・ウィリアムスン(James Williamson)
1949年10月29日にテキサス州カストロヴィルに生まれる。10代の頃にデトロイトに引っ越して、1970年にストゥージズに加入。その荒々しいギター・プレイは『Raw Power』の要となる。バンド解散後はプロデューサー/エンジニアとして裏方で活動。イギーのアルバムにも参加した。1982年に大学で電子工学の学位をとり、シリコンバレーで働いた後、ソニーの技術部門の副社長に就任。2009年に退社すると再結成したストゥージズに加入。『Ready to Die』に参加した。

◆ミック・ロンソン(Mick Ronson)
イギー&ザ・ストゥージズと同時期は、デヴィッド・ボウイのバックバンド「スパイダーズ・フロム・マーズ」でギターリストとして活躍、恐らく全キャリアを通して人気の絶頂期の1つだったが、1973年7月3日に衝撃の「ジギー終焉」宣言とともにボウイと袂を分かつ。ボウイと同じ悪名高き敏腕マネージャー、トニー・デフリーズのマネジメントの元、これまた同じくRCAと契約し、奇しくもイギー&ザ・ストゥージズが解散・ラストライブを行った1974年2月に初のソロアルバム「Slaughter on 10th Avenue」をリリース。デフリーズは華のあるルックスとギタープレイからジギーの「柳の下のどじょう」を狙うもアルバムのセールスは惨敗、プロモーションツアーの延長は却下される。その後のイアン・ハンター/モット・ザ・フープルでの活躍も白眉。

◆MC5※※
1964年に結成されたデトロイトを拠点に活動したロック・バンド。激しいギター・サウンド、過激なライヴ・パフォーマンスなど、ストゥージズと共通する点が多く、両者は親密な関係にあった。ライヴ・アルバムのなかで放送禁止用語を絶叫したり、マネージャーのジョン・シンクレアがホワイト・パンサー党を結成したりと、その挑発的な姿勢で、当時FBIから監視されていた。番組のインタビューではウェイン・クレイマー(バンドリーダー/リードギター)とフレッド・ソニック・スミス(リズムギター)の名前が出てくる。

◆ニューヨーク・ドールズ/ジョニー・サンダース(New York Dolls/Johny Thunders)
1971年にニューヨーク市で結成された米国のハードロック/グラムロックバンド。パンクの原型とも言われる。ジョニー・サンダースはリードギターを務め、特に1972年頃から激しいライヴや中性的なファッションが注目を集め、ルー・リードやデヴィッド・ボウイからも絶賛される(*wikipedia)。ニューヨーク・パンクを代表する一人。1975年にニューヨーク・ドールズを脱退し、ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズを結成している。

◆アルバム「ロー・パワー」(Raw Power)※ <Bowie Mix>
ストゥージズが活動休止状態にあるなか、デヴィッド・ボウイに誘われてイギー・ポップが渡英。そこにジェームズ・ウィリアムスンとアシュトン兄弟を呼び寄せて作り上げた3作目(1973年2月7日リリース/コロンビア)。サウンドは前作よりシンプルで生々しくなり、ライヴ感溢れるガレージ・ロックで疾走する。映画のタイトルになった「ギミー・デンジャー」は本作A面2トラック目として収録されている。
アルバム制作過程において、ボウイのマネージャー、トニー・デフリーズはボウイをプロデューサーとして起用することを要求するがイギーは拒否。結局ボウイはミックスを担当することになった。当時ジギー・スターダスト人気に火が付き多忙を極めていたボウイ。加えて予算上の制約により、ボウイは「サーチ&デストロイ」を除く7トラックを米LAの使用料の安いスタジオで、わずか1日だけ費やす形でミックスが行われた。「サーチ&デストロイ」はイギー自身のミックスが採用された。リリース当時はセールスは芳しくなかったが後年非常に高く評価されるアルバムとなった。一方で各パートの音量バランスの悪さは当初より指摘されていた。具体的にはベースの音が殆ど聴こえない、ドラムの音が小さい、ヴォーカルが出過ぎている等。1989年に初CD化された際、当時のCD特有の音のダイナミズム不足などもあり、コロンビアは新しいミックスでの再リリースを望んでいた。イギーは一度は断ったが1996年にミックス作業に取り掛かり、1997年4月22日にイギーMix(リミックス)盤がリリースされた。イギーMixは音声レベル全体をブーストし、オーバーレベルで歪みが生じている箇所もあるくらいだが、総じてファンの受けは良好だった。同一タイトルで2つのミックスが市場に流通する中で、ファンの支持は分かれており、2017年8月放送のラジオNIKKEI特番に先駆けてツイッター上で行った投票では、ボウイMix派とイギーMix派は若干後者が多い程度でそれほど差は出なかった。

◆アルバム「キル・シティー」(Kill City)
1974年のストゥージズ解散後の1975年にレコーディングされ、1977年11月にBOMP!レーベルから「イギー・ポップ&ジェームズ・ウィリアムスン」名義でリリースされたアルバム。当初の目的は、イギー・ポップが新たにレコード会社と契約を獲得するためのデモ音源制作だった。75年当時イギーはヘロイン中毒の治療で精神科医院に入院しており、週末の外出許可を利用してヴォーカルの録音を行った。1977年3月、9月にデヴィッド・ボウイのプロデュースでRCAからリリースされたイギーSOLO作品「イディオット」「ラスト・フォー・ライフ」の"好調な"売れ行きのおかげで「Kill City」はBOMP!との契約を取り付け、同年11月にリリースされた。その後2010年にジェームズ・ウィリアムスンと過去に仕事をしたことがあったエンジニアEd Cherneyとの共同作業によりマスターのマルチトラックテープからリミックスが行われ、同年10月19日にBOMP!からリリースされた。国内盤のリリースはない。2010年以前にリリースされたCDにはボーナストラック入り盤が存在するが、この最終リミックス盤はオリジナル11トラックのみ収録。またA面4トラック目「I Got Nothin'」、5トラック目「Johanna」はイギー&ザ・ストゥージズのレパートリーで、既に73~74年にライブで披露されている。

◆ウィリアムスンによるイギー&ザ・ストゥージズ未発表曲の再レコーディング計画
アルバム「ロー・パワー」の制作過程では、デフリーズやコロンビア側に何曲かが不採用となった(却下された)。それらデモ/リハーサルテープやライブ音源は長年音質の劣悪なブートレグ盤(海賊盤)としてファンの間で流通していた。以前より、こういった「ロー・パワー」アウトテイク曲や、当時4枚目のアルバムがあったとしたら収録された可能性のあるイギー&ザ・ストゥージズの未発表曲を現在のテクノロジーでレコーディングし直したいという声はあった。

◆マイク・ワット(Mike Watt)
1957年にアメリカのヴァージニア州ポーツマスに生まれる。13歳の頃からベースを弾き始め、80年にカリフォルニアで結成したパンク・バンド、ミニットメンで注目を集める。85年にバンド解散後、新バンド、ファイヤーハウスを経てソロとして活動。2000年に感染症を患って生死の境を彷徨うが、復帰後にJ・マスキス+フォッグに加入。2003年のストゥージズ再結成ライヴに参加したことをきっかけに、ストゥージズに新メンバーとして加入した。

◆ミニットメン(Minutemen)
米カリフォルニア州LAサンペドロで1980年1月にD・ブーン(G & Vo.)とマイク・ワット(B & Vo.)を中心に結成されたパンクロックバンド。USアンダーグランドシーンでは重要なバンドの1つとして尊敬を集める。レコードはUSインディペンデントシーンの雄、SSTレコードから4枚のアルバムをリリース。4枚目のアルバムリリース(1985年12月)直後にD・ブーンが交通事故で亡くなりバンドは解散。マイク・ワットはショックのあまり鬱病を発症してしまう。
この危機を救ったのは1981年にニューヨーク市で結成されたソニック・ユースだった。ソニック・ユースはかねてから熱望していたSSTレコードと1986年に契約を結び、3rdアルバム「EVOL」を制作する。一方で酷い鬱病症状を見せ、音楽活動から完全に引退するつもりだったマイクに対しソニック・ユースはアルバムレコーディング・スタジオに招き、一緒に過ごすようになった。そして最終的にはアルバム収録2トラックでマイクがベースを弾いた(「In the Kingdom #19」、「Bublegum」)。これがマイクに音楽活動を継続する決定的なきっかけとなり、同86年ミニットメンの熱狂的なファンだったエド・クロフォード青年の熱烈なアプローチにより(ミニットメンのリズム隊がバンドをやっていないなんてもったいない)、エド・クロフォード、マイク・ワット、ジョージ・ハーレーの3人でFirehose(ファイヤーホース)を結成。

◆コーチェラ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival)※※
米国カリフォルニア州インディオの砂漠地帯「コーチェラ・ヴァレー」で行われる、アメリカを代表する音楽フェスティヴァル。2003年のコーチュラでストゥージズは再結成を果たした。そのほかにも、レイジ・アゲインスト・マシーン、ピクシーズ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ストーン・ローゼスなどがコーチュラで再結成ライヴをして話題を呼んだ。

◆J・マスキス(Joseph Donald Mascis)※※
アメリカのロック・ミュージシャン。ダイナソーJr.のヴォーカル/ギタリストとして、90年代のオルタナ・ロック・シーンで注目を集める。ダイナソーJr.解散後はJ・マスシス+フォッグ、ウィッチなど、様々なバンドで活動。J・マスキス+フォッグがツアーの際にストゥージズの曲をカヴァーするコーナーを設け、そこにロン・アシュトンをゲストに招いたことが、ストゥージズ再結成へと繋がった。

◆『ベルベット・ゴールドマイン』(Velvet Goldmine)※※
1998年に公開されたイギリス映画。70年代に活躍した架空のグラム・ロック・シンガー、ブライアン・スレイドとカート・ワイルドの愛憎を描いた本作は、それぞれデヴィッド・ボウイとイギー・ポップをモデルにしたと言われている。ユアン・マクレガーが演じたカート・ワイルドが率いるバンド、ワイルド・ラッツはストゥージズ「T.V. Eye」「Gimme Danger」を劇中で演奏。本作のサントラでロン・アシュトンとマイク・ワットが初共演したことが、後のストゥージズ再結成へと繋がった。

◆キャプテン・ビーフハート&ヒズ・マジックバンド
ミュージシャン、画家、詩人...等多彩な才能を持つ米国人ドン・ヴァン・ヴリート=キャプテン・ビーフハート率いるバンド。フランク・ザッパと旧知の仲。1967年に1stアルバム『Safe as Milk』でレコードデビュー。初期の楽曲はブルース、サイケデリック色が濃いが、1969年リリースの3rdアルバムにしてロック史の最重要盤の1枚「トラウト・マスク・レプリカ」(フランク・ザッパとの共同プロデュース作)以降はフリー・ジャズ、現代音楽、前衛の要素が強くなっていく。


【テキスト引用元】
 映画「ギミー・デンジャー」プレス資料
※※同資料内 村尾泰郎氏(音楽ライター)

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

鳥井 賀句
とりい がく

音楽評論家/ミュージシャン
1980年代よりロック評論家として「ミュージック・ライフ」、「宝島」、「ミュージック・マガジン」等に寄稿。ローリング・ストーンズ、イギー・ポップ、ルー・リード、パティ・スミス、セルジュ・ゲンスブール、ジョニー・サンダース、等々と独占インタビューを敢行。特にイギーとは7回インタビューし、イギーのアルバムのライナーノーツは20タイトル以上手掛けている。東京ロッカーズのムーブメントに自らのTHE PAINで参加。その後レコード・プロデューサーとしてINU(町田康在籍)、EASY WALKERS、THE POGO、ジョニー・サンダース等のアルバム・プロデュースを手掛ける。現在はミュージシャンとしてもPEACOCK BABIES、HALLUCIONZ等で活動する傍ら、中国算命占星学師範として、占い師としても活動している。伝説の渋谷「青い部屋」のブッキング・マネジャーとしても、数多くのイヴェント・プロデュースも手がけてきた。

大越 よしはる
おおこし よしはる

フリーライター/DJ
イギー・ポップ、MOTÖRHEAD、BLUE ÖYSTER CULTを自身にとっての“三本柱”とするフリーライター。1990年代後半より各所で執筆し、パンク系音楽誌DOLLでは2002年から休刊する09年まで連載。その後もFOLLOW-UP、EURO-ROCK PRESS、EL ZINE、Bollocks他で執筆の傍ら、漫画原作など音楽以外の分野でも活動。02年からは都内を中心にDJとしても活動中。

パーソナリティ一覧はコチラ