『「場当たり的」が会社を潰す』【新潮社】(2019.4.3前編/4.10後編)



「場当たり的」が会社を潰す
著 者:北澤 孝太郎
編集者:後藤 裕二 (新潮社) 
朗 読: 辻 留奈 (ラジオNIKKEI)
新潮新書/190ページ
定 価:778(税込) この本を購入する



会社や上司が「場当たり的」だ。そう感じたことがない会社員は少ないのではないか。方針がコロコロ変わる。根拠不明な数値目標を挙げる。「社員の自主性」を口実に、下に全てを丸投げする。なぜこんなことになるのか。数多くの企業の研修に携わってきた著者が、「場当たり的」を発生させるメカニズムを鮮やかに解明し、有効な解決策を示す。総力戦を戦える体制を早急に作らなければ、御社はもはや生き残れない!新潮社のサイトより)


後藤裕二さん         北澤孝太郎さん

2019.04/03
投稿: ディレクター 記事URL

コメント