番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 11:35~12:00

最近話題の本、注目の新刊について、本の「朗読」を交えながら、著者や編集者にお話しいただきます。

新着記事

『障がい者だからって、稼ぎがないと思うなよ。〜ソーシャルファームという希望〜』【新潮社】(2020.6.25前編/7.1後編)

2020.06/24 ディレクター 記事URL



障害者だからって、稼ぎがないと思うなよ。
〜 ソーシャルファームという希望 〜

著 者:姫路まさのり
編集者:松倉裕子(新潮社) 
朗 読:辻 留奈(ラジオNIKKEI)
四六番/222ページ
定 価:1,500(税込) この本を購入する




働いて、自立したい! そんな「当たり前」を実現させた、障害のある人たちが働く「成功企業」があった! 行列の絶えないフレンチレストラン、年商2億円に届いたクッキー工場、重度障がい者を主力とするコンピューターハウス、人気のワイナリー等々。5万円で生活が、8万円で未来が、10万円で働き方が変わる!
新潮社のサイトより)


姫路まさのりさん         松倉裕子さん

『TOEIC L&Rテスト はじめて受験のパスポート』【旺文社】(2020.4.1前編/4.8後編)

2020.04/01 ディレクター 記事URL



TOEIC L&Rテスト はじめて受験のパスポート


著 者:駒井亜紀子
監 修:濱崎潤之輔
編集者:石田温香(旺文社編集部) 
進 行:荒井 崇(旺文社営業部)
本冊 A5判/288ページ/3色刷・一部2色刷
定 価:1,870(税込) この本を購入する



はじめてTOEIC(R) L&Rテストを受験する方に向けて、申し込みから攻略法までフルサポートする総合対策書です。全パートの概要と要点を整理整頓し、講義形式でスッキリ解説。本書で紹介する各パートの「攻略ポイント」は、YouTubeチャンネルの動画で見ることもできます。
旺文社のサイトより)

濱崎潤之輔さん    石田温香さん    荒井崇さん    駒井亜紀子さん

『 データで読み解く「生涯独身」社会』【宝島社】(2020.3.18前編/3.25後編)

2020.03/18 ディレクター 記事URL



データで読み解く「生涯独身」社会

著   者: 天野馨南子
編 集 者: 宮田美緒(宝島社) 
進行・朗読: 辻 留奈(ラジオNIKKEI)
新書判/271ページ
定 価:800(+税) この本を購入する



50歳で一度も結婚経験がない人の割合を示す「生涯未婚率」。2015年国勢調査によると、日本人男性の4人に1人、女性の7人に1人が、50歳時点で結婚の経験がない。さらに、若い未婚男性の7割、未婚女性の6割が「交際相手なし」だという。その一方で、「いずれは結婚したい」と考えているのは、若い男女のおよそ9割。この割合は1980年代のバブル期からほとんど変わっていない。「結婚したいのに、できない」人が増えつつある、「生涯独身社会」日本。結婚の妨げになっている要因とは、いったいなんなのか――。本書ではさまざまなデータから、「未婚化」が猛スピードで進む、現代日本の実像を読み解く。(宝島社のサイトより)

天野馨南子さん    辻留奈アナウンサー    宮田美緒さん

『英単語ターゲット1900 6訂版』『英単語ターゲット1400 5訂版』『英単語ターゲット1200 改訂版』【旺文社】(2020.3.4前編/3.11後編)

2020.03/04 ディレクター 記事URL




英単語ターゲット1900  6訂版



新書判 / 528ページ / 3色刷
赤セルシート付


定価:1,210円(税込)    この本を購入する








英単語ターゲット1400  5訂版



新書判 / 400ページ / 3色刷
赤セルシート付

定価:1,210円(税込)    この本を購入する









英単語ターゲット1200  改訂版



新書判 / 496ページ / 3色刷
赤セルシート付

定価:990円+税         この本を購入する





*編集主幹  宇佐美光昭
*編集者   荒川昌代 嶋田論示 清水理代(旺文社)
*司会進行  荒井 崇(旺文社)
*詳しくは 旺文社のサイト をご覧ください。


(前)清水理代さん 宇佐美光昭さん 荒川昌代さん/荒井崇さん 嶋田論示さん   

『EQトレーニング 』【日本経済新聞出版社】(2020.2.19前編/2.26後編)

2020.02/19 ディレクター 記事URL



EQトレーニング
著 者:髙山直
編集者:細谷和彦(日本経済新聞出版社) 
朗 読:辻留奈 (ラジオNIKKEI)
並製/新書判/200ページ
定 価:850(+税) この本を購入する




EQ(Emotional IntelligenceQuotient)は、IQとの対比で語られ、日本ではゴールマンの『EQ心の知能指数』(講談社)の出版をきっかけに、広く知られることになった。ここにきて、EQは再度見直される機運にある。2016年のダボス会議では、「2020年に必要なビジネススキル」として、6位にEQがあげられていたほか、中国・アリババのジャック・マーも「AIが発展し、人々が仕事への不安に悩む時代に、必要なのはEQ」と発言。欧米だけでなく、アジアも含めて世界的にEQが意識されている。実際、AIの時代だからこそ、EQが必要だと語る経営者は増えているようだ。日本国内でも、「健康経営」という視点からEQが注目されている。心を正しく保つことが、従業員の健康にも結びつく。メンタルヘルス対策などにEQの考えを導入している企業は増えている。EQ能力を12個に分類し、そのスコアによって強みと弱みを把握、また、その後のトレーニングによって、能力を高めることができる。読者のEQ能力向上に寄与する1冊。(日本経済新聞出版社のサイトより)

細谷和彦さん         髙山直さん

『地雷を踏むな 大人のための危機突破術』【新潮社】(2020.2.5前編/2.12後編)

2020.02/05 ディレクター 記事URL



地雷を踏むな 大人のための危機突破術

著 者:田中優介
編集者:門 文子(新潮社) 
朗 読:辻 留奈(ラジオNIKKEI)
新潮新書/191ページ
定 価:792(税込) この本を購入する


「また怒らせてしまった」「信用を失った」「苦手意識が抜けない」――人間関係には数多くの地雷がある。恐ろしいのは、現代社会の地雷は増殖し、動き回る性質も持つことだ。それを避けるための相手との距離の取り方、意見や反論の仕方とは。最悪の事態を避けるための「良い謝罪」とは。警察、弁護士との正しい接し方は。巨大企業から芸能人まで実際の事件の分析も交えながら、危機管理のコンサルタントが突破術を指南する。新潮社のサイトより)


田中優介さん         門文子さん

新着記事一覧

新着一覧はコチラ