番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 11:35~12:00

最近話題の本、注目の新刊について、本の「朗読」を交えながら、著者や編集者にお話しいただきます。

新着記事

『50歳から始める!老後のお金の不安がなくなる本 』【日本経済新聞出版社】(2019.10.9前編/10.16後編)

2019.10/09 ディレクター 記事URL




50歳から始める!老後のお金の不安がなくなる本
著 者:竹川美奈子
編集者:小谷雅俊(日本経済新聞出版社) 
朗 読:辻留奈 (ラジオNIKKEI)
並製/四六判/268ページ
定 価:1,500(+税) この本を購入する





私たちが「老後のお金」という言葉を聞いて「不安」になる最大の原因は「わからない」「知らない」ことにあります。正しい知識を身につけるとともに、自分(や我が家)の家計を把握し、公的年金や勤務先の退職給付制度などをきちんと調べたうえで、資産形成を考えることが実はいちばん大切です。「資産寿命が尽きる」「公的年金は将来減る」「老後には〇〇万円必要」といった「不安スイッチ」を押されても、動じない自分になりましょう。せかされて、アパートのオーナーになったり、本来必要のない保険に加入したり、必要以上にリスクをとって投資をはじめたりする必要はありません。長く生きられるかもしれない未来――「長寿リスク」という言葉におびえるのではなく、前向きに人生を楽しみたいもの。そのためにも、一度立ち止まって、これからの仕事、暮らし、そして、お金について考えるきっかけに、本書がなれば幸いです。!(日本経済新聞出版社のサイトより)

竹川美奈子さん         小谷雅敏さん

『野生化するイノベーションー日本経済「失われた20年」を超えるー』【新潮社】(2019.9.25前編/10.2後編)

2019.09/25 ディレクター 記事URL




野生化するイノベーション
ー日本経済「失われた20年」を超えるー

著 者:清水   洋
編集者:三辺直太 (新潮社) 
朗 読:辻 留奈 (ラジオNIKKEI)
四六判変型/260ページ
定 価:1404(税込) この本を購入する



「アメリカのやり方」を真似すれば、日本企業の生産性は向上するはずだ――そんな思い込みが、日本経済をますます悪化させてしまう。米・英・蘭・日で研究を重ねた経営学のトップランナーが、「野生化」という視点から、イノベーションをめぐる誤解や俗説を次々とひっくり返し、日本の成長戦略の抜本的な見直しを提言する。新潮社のサイトより)


清水洋さん         三辺直太さん

『アマゾンで学んだ!伝え方はストーリーが9割』【宝島社】(2019.9.11前編/9.18後編)

2019.09/11 ディレクター 記事URL



アマゾンで学んだ!伝え方はストーリーが9割


著   者: 小西みさを
編 集 者: 田村真義 (宝島社) 
進行・朗読: 辻 留奈 (ラジオNIKKEI)
四六判/255ページ
定 価:1600(+税) この本を購入する




成長し続けるアマゾン。その原動力のひとつに、「ストーリー作り」がある。アマゾンでは「ストーリー」を、そして「ストーリーの重要性」をどう捉えているのか。なぜ「ストーリー」でなければダメなのか。大きな「ストーリー」はどのようにできるのか。アマゾンの考えるストーリーと、他社の考えるストーリーとの違い(時間軸の長さ、空間認識の大きさの違いなど)をアマゾンの元広報本部長が解き明かします。宝島社のサイトより)


小西みさをさん     辻留奈アナウンサー    田村真義さん

『大学入試合格のための英語4技能検定ガイド』【旺文社】(2019.8.28前編/9.4後編)

2019.08/28 ディレクター 記事URL



大学入試合格のための英語4技能検定ガイド


出 演:石田温香 (旺文社 編集部)
荒井 崇 (旺文社 営業部) 
朗 読:辻 留奈 (ラジオNIKKEI)
A5判 / 160ページ / 2色刷,一部オールカラー
定 価:1,296(税込) この本を購入する




「2020年度から、大学入試の英語はどう変わるの?」「スピーキングやライティングの力が問われるって本当?」「どうやって対策したらいい?」そんな不安の声にお答えします!本書では、まず入試改革の全体像と、英語4技能資格・検定試験(外検)の概要、選び方や利用法を紹介します。それから、エキスパートの先生たちが主要試験の対策法、そして4技能の勉強法を、分かりやすく丁寧に解説しています。入試改革のこと、試験のこと、4技能の学習のことがよく分かります!この一冊がみなさんの受験計画の出発点として、お役に立てることを願っています!旺文社のサイトより)


石田温香さん         荒井崇さん

『「ウケる」は最強のビジネススキルである。 』【日本経済新聞出版社】(2019.8.14前編/8.21後編)

2019.08/14 ディレクター 記事URL




「ウケる」は最強のビジネススキルである。
著 者:中北朋宏
編集者:雨宮百子 (日本経済新聞出版社) 
朗 読:辻 留奈 (ラジオNIKKEI)
並製/四六判/296ページ
定 価:1,500(+税) この本を購入する





主人公の深田敬(ふかだ・たかし)は学生時代、人を笑わせるのが大好きだった。しかし、会社に入社してからは営業成績も良くなく、上司の川谷政成(かわたに・まさなり)から怒られる日々をすごしていた。そんな深田の前に、七福神のメンバーである布袋尊(ほていそん)がある日突然現れる。アイスブレイクの構造、メラビアンの法則、「愛される自分」のつくりかた、トークで回すPDCA・・・・・・。布袋尊から仕事をスムーズに進める「笑い」のスキルを学び、深田は成長していく。変化を遂げる深田のそばで、上司の川谷にも変化が訪れる。そのワケとは・・・?!(日本経済新聞出版社のサイトより)


雨宮百子さん         中北朋宏さん

『ベストセラー伝説』【新潮社】(2019.7.30前編/8.7後編)

2019.07/31 ディレクター 記事URL



ベストセラー伝説

著 者:本橋信宏
編集者:吉澤弘貴 (新潮社) 
朗 読: 辻 留奈 (ラジオNIKKEI)
新潮新書/222ページ
定 価:821(税込) この本を購入する


「科学」と「学習」はなぜ校内で販売されていたのか。「平凡パンチ」で素人を脱がせていたのは誰だったのか。世間を震撼させた「ノストラダムスの大予言」の著者は今何を考えているのか......。60年代から70年代にかけて、青少年を熱中させた雑誌や書籍には、前代未聞の企画力や一発逆転の販売アイディアが溢れていた。その舞台裏を当時の関係者たちから丹念に聞き出した秘話満載のノンフィクション。新潮社のサイトより)


本橋信宏さん         吉澤弘貴さん

新着記事一覧

新着一覧はコチラ