番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 11:35~11:50

最近話題の本、注目の新刊について、本の著者や編集者にお話しいただきます。

新着記事

『会計の世界史  イタリア、イギリス、アメリカ ー 500年の物語』【日本経済新聞出版社】(2018.12.19前編/12.26後編)

2018.12/19 ディレクター 記事URL




会計の世界史 
イタリア、イギリス、アメリカ ー 500年の物語


著 者:田中靖浩 (公認会計士)
編集者:赤木裕介(日本経済新聞出版社) 
並製/A5判/424ページ
定 価:2200円(+税) この本を購入する



複雑そうで、とにかくとっつきにくい会計、簿記、決算書。それを、有名人たちを中心とした「歴史物語」として語ることで、好奇心とともに理解できるよう、工夫したのがこの本です。ややこしい制度の説明や、細かい数字はいっさい出てきません。これまで誰も書かなかった「会計エンタテインメント」をお楽しみ下さい!日本経済新聞出版社のサイトより)


田中靖浩さん          赤木裕介さん

『人工知能はなぜ椅子に座れないのか』【新潮社】(2018.12.5前編/12.17後編)

2018.12/05 ディレクター 記事URL




人工知能はなぜ椅子に座れないのか

著 者:松田雄馬
編集者:竹中 宏(新潮社) 
四六判変型292 ページ
定 価:1,512円(税込) この本を購入する



シンギュラリティの到来に一喜一憂しても、「人工知能の時代」は確実にやってくる。だからこそ持つべき視点がある。コンピュータがいかに「見て」「動いて」「考える」かを、錯視やロボットの例を用いて徹底解明。そして「生命」を深く考えてこそ分かる「椅子に座る」ことの本当の意味。注目の新鋭研究者が迫る「知能」の正体!
新潮社のサイトより)


松田雄馬さん         竹中宏さん

雑誌特別企画/『MonoMaster』12月号&1月号【宝島社】(2018.11.21前編/11.28後編)

2018.11/21 ディレクター 記事URL




MonoMaster 2019年1月号

編集者:高田淳(宝島社・月刊モノマスター編集長)
聞き手:辻留奈(ラジオNIKKEI)   
定価:980円(税込)  

購入はこちら




:2019年1月号の特別付録はイセタンメンズの多機能ポーチです。特集は『決定版・相棒の腕時計』。機械式から、クオーツ・電波、スマートウォッチまで幅広く紹介しています。『最新デジタルカメラ案内』『キャンピングカー入門』『ダウンジャケット新・名品図鑑』など、男性のみならず女性にも楽しんでいただける一冊です。(*宝島社のサイトはこちら

高田淳さん          辻留奈アナウンサー

親が知っておきたい大切なこと2『 自分で解決できるようになる友だち関係』【旺文社】(2018.11.14)

2018.11/14 ディレクター 記事URL


親が知っておきたい大切なこと2
自分で解決できるようになる友だち関係

出演:柴嘉寿隆(子ども未来研究所)
   橋口真樹子(親・子の片づけ教育研究所)
   山野 友子(旺文社・第一書籍出版部)
司会:荒井 崇 (旺文社・営業部)
A5判 / 144ページ / オールカラー
定価:1,080円(税込) この本の購入はこちら


親の悩みの一つに、子どもの友達同士のトラブルがあります。"貸したものを返してもらえない""無視された""仲間はずれにされた""からかわれた"、などなど。毎日顔を合わせながら、我が子の元気のない姿を見るのは辛いものです。親としては何とか助けたいと思いながらも、口を閉ざしてしまう子どもにどうかかわればよいものか、と悩みます。でも見方を変えれば、悩みと向き合うことは、子どもにとっても親にとっても、お互いの関係性を深め心を育てるとても大切な機会とも言えるのです。親子の何げない日々のかかわりは、間違いなく生涯に渡ってその子どもに影響していきます。だからこそ、親子の良い関係性を創るために今までとはほんの少し違うかかわり方を学ぶことは価値がありますね。子どもたちの見えない心が見えてきたり、思いがけない解決法を生み出すかかわり方が、この本に事例と共に示されています。(*旺文社のサイトはこちら

親が知っておきたい大切なこと1『 自分から片づけるようになる整理整頓』【旺文社】(2018.11.7)

2018.11/07 ディレクター 記事URL


親が知っておきたい大切なこと1
自分から片づけるようになる整理整頓

出演:橋口真樹子(親・子の片づけ教育研究所)
   柴嘉寿隆(子ども未来研究所)
   山野 友子 (旺文社・第一書籍出版部)
   大中菜々子(旺文社・第一書籍出版部)
司会:荒井 崇 (旺文社・営業部)
A5判 / 144ページ / オールカラー
定価:1,080円(税込) この本の購入はこちら

親の悩みの一つに,子どもの整理整頓があります。「何度言っても片づけない」「片づけ方が雑」「散らかった部屋にイライラ」親は,子どもが片づけないことについて悩みますが,子どもは悩んでいないし,できればやりたくないと思っているのが本音。そんな子どもとのやりとりには,少しの工夫が必要です。この本では,「子どもが片づけやすい仕組みづくり」と「子どもがやる気になる関わり方」について,事例とともに紹介しています。
(*旺文社のサイトはこちら


(前)柴﨑嘉寿隆さん  橋口真樹子さん  (後)荒井崇さん  山野友子さん  大中菜々子さん

『100年マンション 資産になる住まいの育て方』【日本経済新聞出版社】(2018.10.24前編/10.31後編)

2018.10/24 ディレクター 記事URL



100年マンション 資産になる住まいの育て方

著 者:長嶋 修 (不動産コンサルタント)
編集者:桜井保幸(日本経済新聞出版社) 
並製/新書判/232ページ
定 価:850円(+税) この本を購入する



マンションが、資産性を維持し、100年以上もつか、限りなく価値ゼロに向かうかは、「管理状態」で決まる--。「マンションは管理を買え」というフレーズを聞いたことがあるかもしれません。しかし、著者はこれは違う、と言います。なぜなら、「マンションの管理は管理会社に任せておけばいい」と誤解されかねないからです。本書には、マンションの区分所有者が管理組合に主体的に関与し、大規模修繕や防災対応などで先頭を走る5つの事例を取り上げています。本書カバーの写真がその5つです。いずれも長寿命化、資産化に果敢にチャレンジしている、「100年マンション」と呼ぶにふさわしいマンションです。本書の内容は、マンションの所有者、購入予定者にとっての「必須教養」です。住宅というあなたの大切な資産を失わないために、一読いただければ幸いです。日本経済新聞出版社のサイトより)


桜井保幸さん          長嶋修さん

新着記事一覧

新着一覧はコチラ