6月25日の放送 [光とともに]
2011/06/24(金) 10:00

 健康である事はとても大きな祝福です。しかし、健康だけですと、人生の一面しか見ていない事になります。この世にはもう一面がある事を忘れてはなりません。病んでみて分る事が色々あります。病んで何が分るのか・・・明智牧師のメッセージをお聴き下さい。


6月18日の放送 [光とともに]
2011/06/17(金) 10:00

「神を信じる」と言いながら、神を恨んでいる方はいないでしょうか? 心の奥底から神との和解が出来ているでしょうか? もし、心当たりがありましたら、今日のメッセージをお聴き下さい。


6月11日の放送 [光とともに]
2011/06/10(金) 10:00

 イエス・キリストは「だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身がおもいわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。(マタイによる福音書6章34節)」と教えられました。明智牧師はこの教えを夫婦の皿洗いで説明しておられます。この例話は「なるほど」と納得のいくものでした。


6月4日の放送 [光とともに]
2011/06/03(金) 10:00

 今日の明智牧師のメッセージはキリスト教の中心部分という事が出来ます。キリスト教は何を教えようとしているのか、そのためにイエス・キリストは何をされたかをお聴き下さい。


5月28日の放送 [光とともに]
2011/05/27(金) 10:00

 私たちの教会の名前はセブンスデー・アドベンチスト教会です。明智牧師は今日、この名前の後半のアドベンチストについて語っておられます。この名前の意味する事には希望があります。あなたもこの名前の意味をお知りになって下さい。


5月21日の放送 [光とともに]
2011/05/20(金) 10:00

「命が一番大切だと思っていた頃、生きるのが苦しかった。命より大切なものがあると知った日、生きているのが嬉しかった。」 星野富弘さんの詩です。命について考えましょう。


5月14日の放送 [光とともに]
2011/05/13(金) 10:00

 貪欲に対しては警戒が必要ですね。貪欲が土台となっている自分の判断による賢さと、神様が判断する賢さは違う場合があります。今日のメッセージはその判断について触れています。


5月7日の放送 [光とともに]
2011/05/06(金) 10:00

 明智牧師が語られる韓国の話が残す教訓は大切ですね。最初、「どうして卵を100個食べさせたら死ぬのだろうか?」と思いましたが、全部聞いて「なるほど」と思いました。


4月30日の放送 [光とともに]
2011/04/29(金) 10:00

 キリスト時代の取税人や遊女は当時のユダヤ教の宗教指導者とキリストの違いを知っていました。知っていたというより、見抜いていたのでした。一体、何が違ったのでしょうか? その違いはとても大切なものでもありました。お聴き下さい。


4月23日の放送 [光とともに]
2011/04/22(金) 10:00

 我が子に対して「自分の育て方が間違っていた。ごめんなさい。赦して下さい」とは簡単に言える事ではありません。しかし、それ言った母親がいたのです。そしてそれを聞いた息子はどうなったのでしょうか? 明智牧師のメッセージをお聴き下さい。


4月16日の放送 [光とともに]
2011/04/15(金) 10:00

 キリストが言われる「小さき者を重んじる」とはどういう事なのでしょうか? 具体的にはどうする事なのでしょうか? その点に関して明智牧師が語っています。あなたの日常生活と直接に関係ある大切な事です。


4月9日の放送 [光とともに]
2011/04/08(金) 10:00

 明智牧師提案の方法を実行してみてはいかがでしょうか。彼の提案は永年の経験から出された提案だと思います。


4月2日の放送 [光とともに]
2011/04/01(金) 10:00

 明智牧師が語る最もキリスト教らしいメッセージです。このメッセージがキリスト教の中心部分です。その中心部分が3分以内で語られています。お聴き下さい。


3月26日の放送 [光とともに]
2011/03/25(金) 10:00

「誰もが本物の愛を必要としている」という言葉が心に残りました。本物の愛・・・これが必要ですね。お聴き下さい。


3月19日の放送 [光とともに]
2011/03/18(金) 10:00

 キリスト教では自分のためにではなく、人のために祈る事を「とりなしの祈り」と言う場合があります。祈りが全く無い生活よりも祈る生活の方が良いのですが、その祈りが自分のためだけではなくて、人のために祈ると素晴らしいです。あなたも人のために「とりなしの祈り」をしてみませんか。


3月12日の放送 [光とともに]
2011/03/11(金) 10:00

 旧約聖書の創世記にソドムの町が主によって滅ぼされた事が書いてあります。ソドムはなぜ滅ぼされたのでしょうか? 明智牧師の説明をお聴き下さい。ソドムの生き方と現在の生き方には多くの共通点があり、将来を考えると不安になります。


3月5日の放送 [光とともに]
2011/03/04(金) 10:00

 あの洞爺丸事件での宣教師の自己犠牲の話は心を打ちますね。自分の身内ではなく、知らない人のために犠牲になって行けるのはなぜなのでしょう? その理由をお聴き下さい。


2月26日の放送 [光とともに]
2011/02/25(金) 10:00

 長野政雄氏が塩狩峠で自分の命を犠牲にして鉄道の乗客を救いました。その塩狩峠に行って見ましたが、彼の犠牲の死を瞑想しますとジーンと来ました。キリストも自己犠牲で死んで下さいました。そしてキリストを救い主と信じる人々が救われる道を開かれたのです。


2月19日の放送 [光とともに]
2011/02/18(金) 10:00

 ある精神科医の言葉です。「誰でも今日の人間に必要なものが二つある。どうしてもこの二つのものがなければ、今日の人間は生きる事が難しい。また精神的な安定は二つのものが無かったら持つ事が出来ない。」ではその二つのものとは何でしょうか? 明智牧師のメッセージをお聴き下さい。


2月12日の放送 [光とともに]
2011/02/11(金) 10:00

 明智牧師の変化が紹介されていますが、信仰前の彼を想像する事は出来ません。聞いて驚きました。信仰はこの様に人を変えるのですね。これなら希望があります。


2月5日の放送 [光とともに]
2011/02/04(金) 10:00

 旧約聖書 イザヤ書46章4節
「同じように、わたしはあなたたちの老いる日まで、白髪になるまで、背負って行こう。わたしはあなたたちを造った。わたしは担い、背負い、救い出す」
田口さんはその様な信仰生活だったのです。


1月29日の放送 [光とともに]
2011/01/28(金) 10:00

「造り主なる神を知る人は体の衰えはあっても、心は老け込まない。年がよっても楽しみがあります。希望があります。そして希望がある人はいつまでも若々しいのです。」・・・明智牧師の言葉です。
造り主を知る事は何と幸いな事でしょうか。


1月22日の放送 [光とともに]
2011/01/21(金) 10:00

 田口さんの生き方が紹介されています。あなたはどの様な生き方でしょうか。あなたが生かされている事が回りの人の幸福と救いのために役に立てる生涯であれば素晴らしいですね。その様な生涯でありたいと願っています。


1月15日の放送 [光とともに]
2011/01/14(金) 10:00

 名智牧師が文書伝道者の田口さんを紹介しておられます。私もその田口さんを知っています。「イエス様大好き」の生き方、人々の救いのために懸命に働かれる姿は心に残っています。生かされている事が回りの人々の幸福と救いのために役立つ生涯でありたいものです。


1月8日の放送 [光とともに]
2011/01/07(金) 10:00

「赦している、赦されている」という関係と「赦していない、赦されていない」という関係は全く違ったものです。「赦していない、赦されていない」という関係の場合にはどちらになっても心に平安はありません。明智牧師の赦しのメッセージをお聴き下さい。


1月1日の放送 [光とともに]
2011/01/01(土) 00:00

 新年明けましておめでとうございます。今日も「光とともに」にアクセスいただき嬉しく思います。今年もどうぞよろしくお願い致します。新年を始めるに当たり、明智牧師のメッセージをお聞きください。あなたの新年に祝福が豊かにありますように。


12月25日の放送 [光とともに]
2010/12/24(金) 10:00

 キリストは「不信仰の者達よ・・・」と、言われないで「信仰の薄い者達よ・・・」言われました。ここにキリストの配慮を見る事が出来ます。相手の事を考えた配慮ある言葉を出したいものです。


12月18日の放送 [光とともに]
2010/12/17(金) 10:00

 心に思っている事を口が語る場合が多いです。こうなりますと、何を思うかは大切な事ですね。そして出した言葉は回りに色々影響を及ぼす場合が多いですからどんな言葉を出すかは重要ですね。明智牧師のメッセージは参考になると思います。お聴き下さい。


12月11日の放送 [光とともに]
2010/12/10(金) 10:00

 明智牧師が留学中に英語が流暢に話せなかった時のもどかしさを話しておられます。ところが、英語を流暢に話せない事が幸いする事もあると言っておられます。そしてその理由は「なるほど」と、納得がいくものでした。いったいどんな時に、アメリカ生活で英語が流暢に話せない事が幸いするのでしょうか。これはお聴き下さい。


12月4日の放送 [光とともに]
2010/12/03(金) 10:00

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について感謝しなさい」(テサロニケ人への第一の手紙5章16,17節)この聖書の言葉が明智牧師の生きる指針の一つです。これは積極的、前向きな生き方です。私もこの様な生き方をしたいと思っております。


11月27日の放送 [光とともに]
2010/11/26(金) 10:00

 新約聖書には数人のマリヤが登場します。イエスの母もマリヤでした。別のマリヤが非常に高価なナルドの香油をイエスに捧げました。それがどの位高価であったかは、「300デナリで売って・・・・」と言っている人がいますので分ります。当時の労働者の一日の賃金が1デナリでしたので、300日分の賃金という事になります。10か月分のサラリーの香油という事になります。なぜ、そんなに高価の物を捧げたのでしょうか? お聴き下さい。


11月20日の放送 [光とともに]
2010/11/19(金) 10:00

明智牧師が引用された幸せ8変化・・・
「自分が変われば相手が変わる。
相手が変われば心が変わる。
心が変われば言葉が変わる。
言葉が変われば態度が変わる。
態度が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば運が変わる。
運が変われば人生が変わる」


11月13日の放送 [光とともに]
2010/11/12(金) 10:00

 キリストがおられた今から2000年前のユダヤ社会において、人々に嫌われていたワーストツーの仕事がありました。その一つは取税人でした。(今日の日本の税金とは仕事のやり方が違いますから日本には当てはまりません。)金はあっても友人のいない取税人、ザアカイはそんな人でした。この人がキリストに出会ってから変えられるのです。お聴き下さい。


11月6日の放送 [光とともに]
2010/11/05(金) 10:00

 明智牧師によって偶像礼拝が持つ危険性や恐ろしさが話されています。偶像礼拝が良くない事が分るクリスチャンは多いでしょうが、ではなぜいけなくて、どこに危険性があるのかを説明出来る人は少ないと思われます。理由と危険性がこの様に具体的に説明されますと分りやすいですね。やはり危険があります。そのわなに引っ掛かりませんように。


10月30日の放送 [光とともに]
2010/10/29(金) 10:00

 明智牧師による「聖書の十戒」の解説です。今日は第2条です。第2条では偶像礼拝が禁じられています。どうして偶像礼拝が良くないのか、それをお聴きになって下さい。キリスト教が偶像礼拝をしない理由がお分かりいただけると思います。


10月23日の放送 [光とともに]
2010/10/22(金) 10:00

 聖書を信じる人にとっては聖書の神様の約束は生きる上で大きな力になります。今日は明智牧師が聖書の中にあるどの約束が彼を支えているかが良く分るメッセージです。彼が信じる神様の約束があなたの心の支えになりますと素晴らしいですね。


10月16日の放送 [光とともに]
2010/10/15(金) 10:00

 明智牧師によって聖書の神の赦しの素晴らしさが説かれています。加害者と被害者には大きな溝がありますが、一旦そこに赦しがありますと、もうお互いの間の障害物はありません。人間が罪を認め、その罪を告白し神に赦しを求める時に神がどの様に赦されるかをお聴き下さい。


10月9日の放送 [光とともに]
2010/10/08(金) 10:00

 明智牧師は聖書の神様が真の神様である事をシリーズで話しておられます。その1回目は聖書の神様は全てのものの創造者であるからでした。そして今回はまだ起こっていない将来のことをご存知でそれを前もって予言しておられることが取り上げられています。聖書の中には沢山の予言があります。そして沢山成就しています。イエス・キリストに関する予言が例に挙げられています。


10月2日の放送 [光とともに]
2010/10/01(金) 10:00

 聖書の教える中心分をまとめた話をお聴きになりたい方がおられるのではないでしょうか。今日の明智牧師のメッセージはまさにそれに当たります。限られた時間でキリスト教の中心部分を簡潔に語っておられます。忙しくて沢山お聴きになれない方は今日こそお聴きになるべきです。


9月25日の放送 [光とともに]
2010/09/24(金) 10:00

 聖書によりますと、地球は人のすみかとして創造されました。だから人間が生きていけるのです。水星、金星、火星のどこに行っても、そこは人のすみかとしては創られていませんので、地球と同じような姿で生きようとしてもそれは出来ません。明智牧師は空気の説明をしておられますが、地球が人のすみかであることが分かる話です。


9月18日の放送 [光とともに]
2010/09/17(金) 10:00

 聖書の神様が人間の幸福のために与えられたもの、それが「十戒」です。聖書の出エジプト記の20章に書いてあります。明智牧師はその第1条を解説しています。第1条には何が教えられているのでしょうか。 聖書の最も大切な教えの一つです。ぜひお聴き下さい。


9月11日の放送 [光とともに]
2010/09/10(金) 10:00

 キリストの教えに従って祈り、そして解答が与えられた明智牧師の体験に似た体験をされた方は多いでしょう。聞かれた祈りの積み重ねは、その人の信仰をさらに強めることになります。祈った人は祈りが聞かれたという体験が出来るでしょう。しかし、祈らなければこれだけは体験することが出来ません。これは実行あるのみです。


9月4日の放送 [光とともに]
2010/09/03(金) 10:00

 明智牧師がキリスト教の祈りの方法を具体的に教えています。その方法に従って祈り、聞かれた体験を積み重ねたいものです。その体験は確かに人を精神的に強くします。世界一の水泳のコーチのビデオテープを見るだけでは泳げるようにはなりません。実際に本人が水の中に入って練習しなければなりません。そのように祈りも方法を知るだけでは不十分です。実際に祈ることです。


8月28日の放送 [光とともに]
2010/08/27(金) 09:50

 明智牧師が祈りの大切な面に触れてこの様に言っておられます。「友達に語るように神に語りかけるのが祈りです」と。自分の恐れや不安、疑問や質問、喜びや感謝、その他何であっても友達に語るように神様に語りましょう。それが祈りです。かしこまった語りかけではなく、親しい友達に語るようにで良いのです。


8月21日の放送 [光とともに]
2010/08/20(金) 09:07

 自殺を考えた人が教会に電話しました。その人に接した明智牧師。問題に対する解釈と説明は極めて牧師らしいものです。さて、その相談者はどうなったのでしょうか?
 お聴き下さい。


8月14日の放送 [光とともに]
2010/08/13(金) 10:02

 精神病に関する権威者のブラントン博士は「心の不安は現代の流行病である」と言われたそうですが、不安、心配事を抱えていない人はいないでしょう。そしてこれが色々な病気の原因の一つになっていると考える事が出来ます。どうすれば心配事の無い生き方が出来るのでしょうか。明智牧師はその秘訣についてイエス・キリストの教えから語っています。心配事の無い生き方をしたいものです。


8月7日の放送 [光とともに]
2010/08/06(金) 10:50

あなたは自分を好きですか。この事と人を好きになる事は関係があるようです。ではどのように関係があるのでしょうか? お聞き下さい。


7月31日の放送 [光とともに]
2010/07/30(金) 10:22

いくら努力してもなかなか実らないのが謙遜の美徳でしょう。水野 源三さんの祈りが紹介されています。ここに一つのヒントがあると思いました。


7月24日の放送 [光とともに]
2010/07/23(金) 12:31

明治時代の偉大な政治家の一人、片岡けんきちは監獄の中で新約聖書ヨハネによる福音書13章のキリストの姿を見て、今までの考えが変えられました。一体そこには何が書いてあったのでしょう? お聞きください。


7月17日の放送 [光とともに]
2010/07/16(金) 16:08

キリスト教では「聖餐式」と呼ばれる儀式を致します。私達セブンスデー・アドベンチスト教会では「聖餐式」の前に「洗足式」と呼ばれる儀式も致します。ではどうして教会で足を洗うのでしょうか? 明智牧師はその儀式の背景を話されます。お聞き下さい。


7月10日の放送 [光とともに]
2010/07/09(金) 11:34

星野富弘さんの詩が紹介されます。次の様な詩です。
   *つばき*
「木は自分で動きまわることができない
神様に与えられたその場所で
精一杯枝を張り許された高さまで
一生懸命伸びようとしている
そんな木を私は友達のように思っている」  

星野さんが書かれるとその意味の深さが伝わって来る気がします。


7月3日の放送 [光とともに]
2010/07/02(金) 10:39

本当にまじめな語り口の明智牧師のメッセージです。明智牧師が引用された牧師であり詩人の河野 進先生の詩集「母よ、幸せにしてあげる」の中に出てくる「朝と夜」という詩は本当に素晴らしい詩ですね。前向き、肯定的、積極的生き方の姿勢ですね。この詩は多くの人に聞いていただきたいものです。


6月26日の放送 [光とともに]
2010/06/28(月) 08:34

現在牧師として大活躍の明智氏ですが、大学生の時にはパチンコの奴隷だったそうです。空しい毎日を送っていました。どんなにパチンコを止めようと思ってもそれが出来なかったのです。当時の日記にその空しさが書かれています。ではどうして変えられて牧師になったのでしょう。本人のメッセージをお聴き下さい。


6月19日の放送 [光とともに]
2010/06/18(金) 12:36

同じ状況に置かれてもそれを感謝する人もいれば、文句言う人もいます。人生はそのとらえ方で大きく変ると考えられます。明智牧師のメッセージによりますとK君は素晴らしい体験をしたと思います。また親子の素晴らしい関係も知る事が出来ました。一つ一つの体験を生かして成長の糧にしたいものです。


6月12日の放送 [光とともに]
2010/06/10(木) 08:56

かつて私は岡山市に住んでいた事があります。岡山にはノートルダム聖心女子大学があります。当時の学長は渡辺和子先生でした。大学祭の時にその先生の講演を伺った事があります。今日は明智牧師が渡辺先生の言葉を引用して、人生をどの様に考え、どの様に生きるべきかを語っておられます。色々大切な事が教えられました。