10月6日の放送 [光とともに]
2017/10/05(木) 10:00

広島三育学院の尾上先生の話です。さすがは教育者の話と思いました。「親がこうあれば、子供はこうなる」のシリーズは考えてみるべき事が多いです。思春期のお子さんをお持ちでしたら、特に役立つ話です。お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「よい子」

メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長

9月1日の放送 [光とともに]
2017/08/31(木) 10:00

私は学生時代に雑誌「暮らしの手帳」をよく読んでいました。「商品テスト」に特に興味がありました。その「暮らしの手帳」の前編集長の松浦弥太郎氏がどの様な道を通って編集長になったかが紹介されています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「後押し

メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長

8月4日の放送 [光とともに]
2017/08/03(木) 10:00

女性の方々、あなたは自分の美しさに満足していますか? 満足している女性は一体どのくらいあるのでしょうか? ある大手の化粧品会社の調査によりますと「自分の美しさに満足している」と答えた日本人女性は14%だったそうです。さあ、この話、広島三育学院の尾上先生はどの様に進めるのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「見た目問題」

メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長

7月7日の放送 [光とともに]
2017/07/06(木) 10:00

ある事が起こった場合、それをどうとらえるかによって人生は違ったものになりますね。心の持ち方によって人生は変わるのです。その事について広島三育学院の尾上さんが語っています。お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「試練にあったとき」

メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長

6月2日の放送 [光とともに]
2017/06/01(木) 10:00

広島三育学院の尾上先生が権座衛門少年の体験を紹介しています。彼は世界初の日露辞典を編纂した時、20歳だったそうですから凄いですね。彼が歩んだ波乱に満ちた人生をお聴き下さい。ここにも使命に生きたクリスチャンがいました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「宗教の意味」

メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長

5月5日の放送 [光とともに]
2017/05/04(木) 10:00

こどもの日です。テレビのコマーシャルでは平和な家庭の親子が楽しそうに出て来る事が多いですが、現実にはその様にはいかないで子育てに苦しんでいる母親が多いのではないでしょうか。ではどうしたら良いのでしょうか? 広島三育学院の尾上学院長がこの事を話されます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「正常な親子関係?」

メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長

4月7日の放送 [光とともに]
2017/04/06(木) 10:00

広島三育学院の尾上先生のメッセージです。この日は子供の適応力の早さについてご家族の例をあげて話しておられます。あなたは4月から新しい環境に入られましたか? そうでしたらこのメッセージは参考になる事でしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「希望」

メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長

3月3日の放送 [光とともに]
2017/03/02(木) 10:00
広島三育学院の尾上先生のお話しです。戦後2代目の東京大学の総長をされた矢内原忠雄先生がお書きになった「マルコ伝」を尾上先生が若い時に読まれたのです。説教の記録として書かれたものでしたが、尾上先生は感動したのです。矢内原先生の「キリスト入門」の本は現在の文庫本で売られています。お読みになってはいかがでしょうか。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「真の宗教」
メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長
2月3日の放送 [光とともに]
2017/02/02(木) 10:00
広島三育学院の尾上氏のメッセージですが、その光景が目に浮かびます。キリスト教人口が非常に少ない日本でこの様な光景があったのですね。尾上氏が最後に言われた「子供にしか出来ない奇跡があるのですね」という言葉が心に残りました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「その時に!」
メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長
1月6日の放送 [光とともに]
2017/01/05(木) 10:00
広島三育学院の尾上さんの新年メッセージです。古代イスラエルで希望が持てない時に、預言者イザヤは「起きよ、光を放て」と言ったのです。現代の日本では大人が子供に「将来は希望がある」と言えない時代になっていますが、この様な時に「起きる」事について考えましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「起きよ!」
メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長
12月2日の放送 [光とともに]
2016/12/01(木) 10:00
何かが話される時、感じや印象、想像で話されるのではなく、沢山の人でなされた調査や長年のデーターに基づいた話は力があります。幼児教育が生涯に影響を及ぼす事がアメリカの「ペリー就学前計画」と名付けられた実験とその後40年にわたる追跡調査で分かりました。幼児教育の大切さが良く分かるお話しです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「幼い時の学び」
メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長
11月4日の放送 [光とともに]
2016/11/03(木) 10:00
広島三育学院の尾上氏のメッセージです。「いつも当たり前にしている事を変えるのは難しい事だと感じる事はありませんか?」で始まっています。そしてエスカレーターに乗る場合、右側に立つか、左側に立つかの例が出ています。これに関して全国を調査した人がいるのですね。面白いと思いました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「習慣を変える」
メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長
10月7日の放送 [光とともに]
2016/10/06(木) 10:00
家庭裁判所の調査官によりますと、凶悪犯として騒がれた事件を起こした人であっても、会ってみると、まともに話も出来ない人であることがよくあるようです。そして未熟だそうです。どうしてこの様になるのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「しゃべれない」
メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長
9月2日の放送 [光とともに]
2016/09/01(木) 10:00
広島三育学院の尾上校長のお話しです。旅行カバン購入の例から人が行動する場合の原理、また子供たちに何かを教える時に必要な事を話しておられます。物事の背後にある「物語」について新しい発見を与えられました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「物語の力」
メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長
8月5日の放送 [光とともに]
2016/08/04(木) 10:00
山竹伸二という方が「親和的他者」「集団的他者」「一般的他者」という区別をして人との関わりを説明しておられます。これはどの様な意味があるのでしょうか? それぞれどの様に関わっているのでしょうか? お聴き下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「認められたい」
メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長
7月1日の放送 [光とともに]
2016/06/30(木) 10:00
広島三育学院の尾上さんによると、最近見知らぬ人との交流を極力避けようとする傾向があるのですね。それも学生だけではなく、社会人でもそうでしたら、これはたった一度の人生なのに勿体ないですね。人には自分にはないものがあり、交流の輪が広がることによって、人生もさらに味わい深いものになる道を自分で閉ざしてしまうことになりますね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「承認の欲求」
メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長
6月3日の放送 [光とともに]
2016/06/02(木) 10:00
広島三育学院の尾上学院長が、梅雨に関して、「今年は平年より○日早い、遅い」という場合の平年とはいつの事を指すのか、また8つの季節、24の季節、またそれを3つに分けた季節の話をして下さいます。学校の先生からの話です。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「梅雨」
メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長
5月6日の放送 [光とともに]
2016/05/05(木) 10:00
子供の時に大きな飛行機を見て、「どうしてあんなに重い物が空を飛ぶのだろう?」と、不思議でした。この尾上さんのお話で「空気がなければ飛行機は飛ばない」の所に非常に興味を覚えました。さて、空気と飛行機の関係から尾上さんは何を語るのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「空気抵抗」
メッセンジャー:尾上史郎・広島三育学院 学院長