11月7日の放送 [光とともに]
2018/11/06(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。富んでいても富んでいなくてもお金に関心がある人は多いでしょう。今回は「人生を黒字にするお金の哲学」です。このためには次の3つの事が大切です。①誠実 ②時間を大切にする事 ③遠い未来をみすえる事 詳しい事はお聞き下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「人生を黒字にするお金の哲学」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
10月31日の放送 [光とともに]
2018/10/30(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時を知っているのだから」です。神様が世界を創造された時、人間には地球を管理する使命が与えられました。人間はこの地球を正しく管理してきたでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「この地球の管理者として」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
10月24日の放送 [光とともに]
2018/10/23(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「アルプスの少女ハイジに学ぶ クララが立ち上がれたわけ」です。どうして、か弱いクララが一人で立ち上がる事が出来たのでしょうか? その場面を注意してお聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「壁を破る瞬間には」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
10月17日の放送 [光とともに]
2018/10/16(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「いのちいとおし」です。著者の水上医師は人間とコンピューターの違いを説明しておられます。一体何が違うのでしょうか? コンピューターが人間以上の仕事をする分野がありますが、意識、理性、良心、永遠への思いはコンピューターにはありません。この意識の違いが、人間との大きな違いです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「理性を用いて健康に」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
10月10日の放送 [光とともに]
2018/10/09(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「体験を通して教えられた真理」です。Tさんの体験が紹介されています。沖縄の海で自殺を試みましたが、助けられ、やがてフランス料理のコック見習い、そしてコックとしてアメリカに渡り、アルコールとギャンブルの生活となりました。その人がどうしてクリスチャンになったかをお聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「体験を通して教えられた真理」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
10月3日の放送 [光とともに]
2018/10/02(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「人とのつながりが健康寿命を伸ばす」です。平均寿命より、健康寿命の方が大切と考える人は多いでしょう。寝たきりの長寿は本人も介護の人もつらいでしょう。健康寿命を伸ばしている一つの要因が発表されています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「健康寿命を伸ばす人とのつながり」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
9月26日の放送 [光とともに]
2018/09/25(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時を知っているのだから」のシリーズです。オウム真理教が「ハルマゲドン」という言葉を使い第3次世界大戦があると言って、人々を恐怖であおりました。この「ハルマゲドン」という言葉は新約聖書に出てきます。それはどの様な意味があるのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ハルマゲドンと終わりの時代の惑わし」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
9月19日の放送 [光とともに]
2018/09/18(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は水上医師の「いのちいとおし」のシリーズです。AIに関する内容ですが、AIのこれからの発達はどうなるのでしょうか? コンピューターはある分野においては人間を超えていますが、人間をコントロールするようになるのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「脳は人工知能に優る」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
9月12日の放送 [光とともに]
2018/09/11(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「もう一度神のもとに」というタイトルで西アフリカのガーナで生まれたリチャードさんの体験が紹介されています。19歳の時、留学のために来日されました。やがて東京の原宿で洋服のビジネスをするようになったのです。ある日、追突事故を起こしましました。どうなるでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「もう一度神のもとに」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
9月5日の放送 [光とともに]
2018/09/04(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「あなたにとって仕事とは」です。収入を得るために仕事をしなければならない人は多いでしょう。自分と関係者の幸福のために働く人もいるでしょう。自分の知識や体験を人のために使う人もいるでしょう。あなたにとって仕事とは何でしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「あなたにとっての仕事とは?」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
8月29日の放送 [光とともに]
2018/08/28(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「そうなんだ! アメイジング・グレイス」です。讃美歌のアメイジング・グレイスが誰によってどのようにして作られたかが母と娘の会話によって説明されています。奴隷売買船の船長をしていたジョン・ニュートンはやがて牧師になりこの曲を作ったのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「そうなんだ! アメイジング・グレイス」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
8月22日の放送 [光とともに]
2018/08/21(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時を知っているのだから」のシリーズです。日本における昨年の離婚数は22万6千件だそうです。1分49秒で1組の離婚になっています。離婚の影響は小さくありません。家庭だけではなく、社会にも影響を及ぼします。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「終末時代の家庭の崩壊、そして回復」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
8月15日の放送 [光とともに]
2018/08/14(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は星野都さんの経験をつづった「振り返ればそこに神の御手が」です。人生では予定も計画もしない事が起こる場合があります。問題多き時代をどの様に生きたら良いのでしょうか? 星野さんはこの様な歩みをされました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「振り返ればそこに神の御手が」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
8月8日の放送 [光とともに]
2018/08/07(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「心の休息」です。心理カウンセラーの田淵先生の記事です。ストレスにはS.M.L.のサイズがあり、それにふさわしい心と体の対処方が紹介されています。この対処法を実行されることをお勧めいたします。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「心の休息」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
8月1日の放送 [光とともに]
2018/07/31(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「暮らしに根づくヒュッゲの精神」です。 デンマークは「世界幸福度ランキング」で何回も1位になった国です。1位になった原因の一つとして考えられている事は「ヒュッゲの精神」です。ではこれはどの様な精神なのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「暮らしに根づくヒュッゲの精神」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
7月25日の放送 [光とともに]
2018/07/24(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時を知っているのだから」のシリーズです。特に「愛が冷える」ことについてです。神様が与えられた「十戒」は人生のガイドラインです。神と人を愛するとは実際にはどの様にするかが具体的に教えられているのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「永遠の命へのガイドライン」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
7月18日の放送 [光とともに]
2018/07/17(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「そうなんだ」の連載記事で「アンパンマンとイエス様」です。アンパンマンとイエス様が似ている所があるそうです。何が似ているのでしょうか? アンパンマンの作者がクリスチャンであるので、アンパンマンとイエス様が似ている所があるのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「アンパンマンとイエス様」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
7月11日の放送 [光とともに]
2018/07/10(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「捜せ、そうすれば見いだすであろう」というタイトルで大室登美子さんの体験が紹介されています。キリスト教の信仰に導かれる道は人それぞれですが、大室さんの場合、月刊誌「サインズ」が素晴らしい働きをしていますね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「捜せ、そうすれば見いだすであろう」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
7月4日の放送 [光とともに]
2018/07/03(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「スクワットで体も心も若返る」です。単純な動作のスクワットですが、その効果は素晴らしいものがありますね。「これはしなければ損だ」と思いました。10の心得も紹介されています。お聴きになって早速実行なさって下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「スクワットで体も心も若返る」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
6月27日の放送 [光とともに]
2018/06/26(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は花田牧師が書いておられる「時を知っているのだから」です。私たちが使っている1年、1か月、1日という時の長さは全て天体の動きから来ています。しかし、1週間という単位は天体の動きにはありません。これは聖書によりますと神様が6日間で天地を創造され、7日目をその記念日、安息日とされたことに起源があります。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「現代社会への招待状」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
6月20日の放送 [光とともに]
2018/06/19(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「いのちいとおし」の連載記事です。水上医師の話は最新の医学情報を聞けることが嬉しいです。今回は「テロメア」についてです。これがその人の生命の長さのカギを握っているわけですから、大切にしたいですね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「寿命の回数券」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
6月13日の放送 [光とともに]
2018/06/12(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「誰かのために私のできることを」です。毎月1回、アドラ・ジャパンの浦島氏の話がありますが、橋本笙子さんがどの様にして国際援助機構のアドラ・ジャパンで働くようになったかの背景を知る事が出来ました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「誰かのために私のできることを」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
6月6日の放送 [光とともに]
2018/06/05(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「人生の実力者とは/生きる力を養うホスピスケア」です。癌の末期患者には4つの痛みがあるそうです。その4つとは・・・1体の痛み 2心の痛み 3社会的痛み 4魂の痛み。魂の平安が大切です。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「人生の実力者とは」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
5月30日の放送 [光とともに]
2018/05/29(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時を知っているのだから」です。新約聖書の黙示録には最後の時代に起こる7つの災害が書かれていますが、聖書を見ますとこれに良く似た災害はすでにありました。紀元前1500年頃、エジプトであったのです。そしてその時は10の災害だったのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「信仰の時代」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
5月23日の放送 [光とともに]
2018/05/22(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は水上医師の連載記事「いのちいとおし」です。細胞の中のミトコンドリアの素晴らしさが紹介されています。これを増やすとより健康になります。ではどの様にして増やすのでしょうか? 3つの方法があります。お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ミトコンドリアを活性化する」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
5月16日の放送 [光とともに]
2018/05/15(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は門谷健さんの体験を記した「僕がクリスチャンになったわけ」です。信仰に導かれる道は人それぞれです。門谷さんはどの様にしてクリスチャンになったのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「僕がクリスチャンになったわけ」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
5月9日の放送 [光とともに]
2018/05/08(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「人生を豊かにする遊び」です。日本人は真面目に働くことが外国人に知られています。しかし、ストレスの多い国民で、「過労死」という言葉は英英辞典にも載っているそうです。仕事第一で時間が出来たら遊ぼうでは遊びの時間は来ないそうです。心と体に良い遊びを取り入れましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「人生を豊かにする遊び」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
5月2日の放送 [光とともに]
2018/05/01(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は特別記事「人生を楽しむ、若さを保つ遊び心」です。話を伺っていて老化の原因は体の外側より内面の方が影響が大きいと思いました。そしてポイントは「遊び心」を持つことですね。そしてこれは男女の違いが大きいですね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「若さを保つ遊び心」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
4月25日の放送 [光とともに]
2018/04/24(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時を知っているのだから」です。2011年の東日本大震災の1か月後にある雑誌社が緊急増刊号を出しました。そしてコラムの中で「神などいない」と書いてあったのです。これを読んだ花田牧師はどう感じ、どう考えたのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「希望の黙示録」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
4月18日の放送 [光とともに]
2018/04/17(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は奥秋久美子さんの体験をつづった「病院で出会った絵」です。彼女は東京衛生病院の玄関でどの様な絵を見たのでしょうか? その後の彼女の生き方は絵とどの様に関係したのでしょうか? お聴き下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「病院で出会った絵」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
4月11日の放送 [光とともに]
2018/04/10(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「子どもの心がよくわかるふれあい術」です。子供に対して「がんばれー」と言う事が適当でない時があります。それはどんな時でしょうか? 父親と息子の関係の例から考えましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「子どもの心がよくわかるふれあい術」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

4月4日の放送 [光とともに]
2018/04/03(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は広島三育学院高等学校で音楽の教師と聖歌隊の指導をしておられる根本潤先生が書かれた「音楽の力」です。音楽の無い生活は考えられない人がいるでしょう。形あるものとしては見えないものの一つが音楽です。形は無いのですが、音楽が持つ力は大きいです。そのことを考えましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「音楽の力」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
3月28日の放送 [光とともに]
2018/03/27(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時を知っているのだから」のシリーズの中からです。死を前にした男性が生涯を振り返り自分の罪がどうなるのかを花田牧師に伺いました。続きをお聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「人生最大の危機とは」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
3月21日の放送 [光とともに]
2018/03/20(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「ロックミューシャンを夢見ていた私が」です。クリスチャンになる道は人それぞれ違いますが、川久保さんの場合はプロのロックミュージシャンになる事を夢見ていました。東京原宿の歩行者天国での出来事がきっかけとなって信仰に導かれたのです。原宿で何があったのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ロックミュージシャンを夢見ていた私が」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

3月14日の放送 [光とともに]
2018/03/13(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「子どもの心がよくわかるふれあい術」です。今回ここに登場する父親と中学生の息子の出来事を伺っていると「この先、どうなるのだろうか?」とハラハラします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「返事してくれることに感謝する」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

3月7日の放送 [光とともに]
2018/03/06(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「言葉の贈り物」です。著者は牧師夫人である池宮城さんです。最初の部分で詩が紹介されていますが、「ねえ、母さん、あなたの手は・・・」で始まっています。それでその詩は池宮城さんのお子さんが書かれたものだろうと想像しましたが、何と受刑者が書いたものだったのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「言葉の贈り物」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

2月28日の放送 [光とともに]
2018/02/27(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時を知っているのだから」です。変わった実験をしたものですね。そしてその結果は恐るべきものですね。人間が持っている罪の傾向が表れてしまったのですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「悔い改めよ、終わりの時が来た!」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

2月21日の放送 [光とともに]
2018/02/20(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「両手の指を失ってもなお」です。戦争の時、両手の指を失った湯田さんの体験を伺い、聖書の宗教が人間を変えるその実例を見ることが出来ました。自分の人生を振り返り「私は幸せです」と言われる湯田さんです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「両手の指を失っても」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

2月14日の放送 [光とともに]
2018/02/13(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「子どもの心がよくわかるふれあい術」です。この話に登場する男の子があなたのお子さんだったら、どの様に触れ合いますか? それを考えながらお聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「困った子に魅了される」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

2月7日の放送 [光とともに]
2018/02/06(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「朝の余白で人生を変える」です。著者は仕事を頑張る前に朝、考える時間を持つ事を勧めています。この余白がある人生と無い人生では違いが出る事は考えられます。朝、余白の時間を持ちましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「朝の余白で人生を変える」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

1月31日の放送 [光とともに]
2018/01/30(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時を知っているのだから」です。考古学の発達によってかつて世界的な大洪水があった事は分かっています。聖書はノアの時代に大洪水があった事を記録しています。イエス・キリストは「世界の終末はノアの時のようになる」と、教えられました。さて、ノアの時はどの様な時代だったのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「現代の「ノアの箱舟」はどこに?」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

1月24日の放送 [光とともに]
2018/01/23(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。新年になり新しいシリーズが始まりました。その一つは水上治医師による「いのちいとおし」です。人体に備わっている「自己治癒力」は素晴らしいですね。その素晴らしさに先生は毎日驚いておられるのです。これから毎月、命のすばらしさを考えましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「与えられたいのちをどう生きるか」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

1月17日の放送 [光とともに]
2018/01/16(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「介護で倒れてしまわないための10の心得」です。日本の多くの家庭で介護をしなければならない家庭が増えています。介護で倒れないためにこの記事をご活用下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「突然始まる介護」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

1月10日の放送 [光とともに]
2018/01/09(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。新年になり新しいシリーズが始まりました。「子どもの心がよくわかる ふれあい術」です。時代と共に親子の触れ合いの方法も少しずつ変わってきていますね。今回は、ある触れ合いの例が挙げられています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「独り言」にしてつぶやく

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

1月3日の放送 [光とともに]
2018/01/02(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「共に生き、共に育つ社会を目指して」です。「スペシャル・オリンピックス」と呼ばれるスポーツの大会があります。どの様なオリンピックなのでしょうか? 何がスペシャルなのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「共に生き共に育つ社会をめざして」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

12月27日の放送 [光とともに]
2017/12/26(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「永遠のための決断」です。聖書は世界に終末があることを教えています。そしてその時が近づくと印が現れる事も教えています。月刊誌「サインズ・オブ・ザ・タイムズ」は時の印を人々に伝える雑誌です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「永遠のための決断」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

12月20日の放送 [光とともに]
2017/12/19(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回のタイトルは「クリスマスの精神」ですが、台湾の「サインズ」の編集長が書いた記事です。「サインズ」は日本だけではなく、多くの国で発行されている月刊雑誌です。クリスマスの精神を共に考えましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「クリスマスの精神」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

12月13日の放送 [光とともに]
2017/12/12(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回のタイトルは「そうなんだ」です。クリスマスに関する親子の会話です。織田信長がクリスマス休戦をしたそうです。信じられますか? そんな時代に日本にクリスマスがあったのでしょうか? お聴きくださればその背景が分かります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「戦国のクリスマス」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

12月6日の放送 [光とともに]
2017/12/05(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「感謝して生きる」です。小児科医の細谷亮太先生が、どうして「感謝して生きる」ようになったかをお聴きください。感謝は不平や文句とは全く違う色で人生を塗ります。感謝の色で塗られた人生にしたいものです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「感謝して生きる」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

11月29日の放送 [光とともに]
2017/11/28(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「人生の迷子になった私を」です。藤田佳大牧師の体験です。「金持ちになる事」を目指し、神様から離れ、家庭も信仰も捨てて仕事に打ち込みました。そして金持ちになったのですが、その後はどうなったのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「人生の迷子になった私を」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

11月22日の放送 [光とともに]
2017/11/21(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「老いの手本」シリーズで長岡輝子の生涯についてです。役者・演出家として知られ方ですが、朗読に力を入れられたのは60代になってからです。彼女の朗読はとても味がある朗読でしたね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「長岡輝子」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

11月15日の放送 [光とともに]
2017/11/14(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「ときのしるし」の連載で「もう一つの終末」です。人口増加、異常気象、犯罪の増加、戦争の可能性などから「この地球が今後数百年続くとは考えられない、終末が来る」と言われる方がいますが、実はもう一つの終末があるのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「もう一つの終末」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

11月8日の放送 [光とともに]
2017/11/07(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回のタイトルは「聴くこと、信じること、そして希望」です。南紀白浜に自殺の名所があるそうです。「白浜レスキュー・ネットワーク」の人々は1600人以上の人々を自殺から救いました。どの様な働きなのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「聴くこと、信じること、そして希望」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

11月1日の放送 [光とともに]
2017/10/31(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「人生を変える『聴く力』」です。人の言う事を聴くのはやさしいようで難しい場合があります。聴き方によってこちらがどの様に聴こうとしているかが伝わります。聴き方についてお聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「人生を変える『聴く力』」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

10月25日の放送 [光とともに]
2017/10/24(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「見いだしうる時に」というタイトルですが、毎週木曜日にこの放送で話しておられる伊藤裕史牧師の歩まれた道が紹介されています。聖書の神を知る道は皆それぞれ違います。伊藤牧師はどの様にして神様を知られたのでしょうか? お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「見いだしうる時に」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

10月18日の放送 [光とともに]
2017/10/17(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「預言されていたアメリカ合衆国」です。新約聖書のヨハネの黙示録の中にはアメリカに関する預言があるのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「預言されていたアメリカ合衆国」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

10月11日の放送 [光とともに]
2017/10/10(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「人生を書き残そう/魂を癒す自分史」です。自分史を書くことが静かなブームになっている様ですが、あなたはいかがですか? 自分史を書き残す意味が紹介されています。このメリット知ってからお書きになると良いですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「人生を書き残そう」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

10月4日の放送 [光とともに]
2017/10/03(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「心と体をもみほぐす手の力」です。これはインタビュー記事です。スキンシップが心や体に及ぼす影響が具体的に示されています。親子や夫婦で良いスキンシップがなされていたら素晴らしいですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「心と体をもみほぐす手の力」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

9月27日の放送 [光とともに]
2017/09/26(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「どん底からの解放」でマーク・デュアート牧師の記事です。ここに登場するAさんがマーク・デュアート牧師の妹です。この様などん底からの解放があるのですね。そのマーク・デュアート牧師の讃美歌が29日にあります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「どん底からの解放」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

9月20日の放送 [光とともに]
2017/09/19(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「老いの手本」です。人物はドイツ人のヘルマン・ヘッセです。彼は若さや老いをどの様に考えたのでしょうか? また年老いてからどの様な生き方をしたのでしょうか? 彼の生き方には参考になる事が多いと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ヘルマン・ヘッセ」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

9月13日の放送 [光とともに]
2017/09/12(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「ヨーロッパの今後と聖書の預言」です。聖書にはヨーロッパに関する預言があるのです。聖書の中に「ヨーロッパ」とは書いてありませんが、今の言葉で言えばヨーロッパに当たります。ヨーロッパの将来の事も書いてあります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ヨーロッパの今後と聖書の預言」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

9月6日の放送 [光とともに]
2017/09/05(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「その言葉や行動には意味がある/バリデーションへの誘い」です。都村尚子 教授の体験はその場面が目に見えるようです。人は自分の事を分かってもらうとこれだけ行動を変化させるのですね。共感は大切ですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「その言葉や行動には意味がある」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

8月30日の放送 [光とともに]
2017/08/29(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「妻との死別/悲しみをどう生きるか」です。人間、体験してない事は分からないわけですが、「最愛の妻を失う事はその様になる場合もあるのか」と思いました。海老原牧師の体験から多くの事を考えさせられました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「妻との死別」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

8月23日の放送 [光とともに]
2017/08/22(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時の印」の「惑わされないように気をつけなさい」です。イエス・キリストが教えられるこの世界の終末の印の一つは「惑わし」です。特に宗教的惑わしには気を付けなければなりません。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「「惑わされないように気をつけなさい」」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

8月16日の放送 [光とともに]
2017/08/15(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「老いの手本」シリーズの加藤シヅエです。彼女はどの様に生き、何をしたのでしょうか? 日本女性の地位向上に貢献した女性です。彼女の生き方から老いの生き方を考えましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「加藤シズエ」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

8月9日の放送 [光とともに]
2017/08/08(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は特別記事の「自分と仲良くなろう」です。あなたは自分と仲良くしていますか? これはどういう事でしょうか? そしてそれはどの様にすれば出来るのでしょか? お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「自分と仲良くなろう」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

8月2日の放送 [光とともに]
2017/08/01(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「和解のメッセージ」です。長い間、アメリカ人は広島の原爆をどの様に捉えているのでしょうか? 高校生で交換留学を経験した広島前市長の秋葉さんがそれについて語っています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「和解のメッセージ」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

7月26日の放送 [光とともに]
2017/07/25(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「ときのしるし」のシリーズの「揺らぐ大地と揺るがない土台」です。世界中で大きな地震が増えていますが、イエス・キリストは終末時代には地震が増える事を予言しています。やがて人々は恐怖と不安に包まれる事まで予言されています。どうしたら良いのでしょうか? お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「揺らぐ大地と揺るがない土台」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

7月19日の放送 [光とともに]
2017/07/18(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「老いの手本」です。日本人の平均寿命の増加と共に退職後の生活が長くなりました。その時が来た時、どの様に過ごされますか? 毎月「老いの手本」が紹介されています。参考になさって下さい。そして有意義な人生を送られますように。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「平櫛田中」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

7月12日の放送 [光とともに]
2017/07/11(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「神を信じたからこそ」です。福本操牧師が歩んだ道が紹介されていますが、タイトルの様に「神を信じたからこそ」人生に対する見方が変わり、その喜びを伝えるために牧師になられたのですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「神を信じたからこそ」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

7月5日の放送 [光とともに]
2017/07/04(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「更生はひとりでは出来ない」です。かつては暴走族のリーダーで、覚せい剤にも手を出し、少年院にも送致された経験がある野田さんは現在牧師となっておられます。野田さんは自分の経験を生かして人々の更生のために働いておられます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「私を刑務所に入れてください」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

6月28日の放送 [光とともに]
2017/06/27(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時のしるし」です。地球温暖化による自然界の変化が色々分かるようになって来ました。疫病の広がり、飢饉の増加などは聖書に予言されている事です。聖書が教える終末の時のしるしに関する予言は成就しているのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「食糧危機・水戦争・疫病」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

6月21日の放送 [光とともに]
2017/06/20(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「老いの手本」のシリーズです。画家のモネが扱われています。彼の晩年の作品は視力との戦いであったようです。そういえば、作曲家のベートーベンは聴力との戦いで偉大な作品を残しています。画家にとって絶対必要な視力との戦いで描かれたものであるだけに価値があるのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「クロード・モネ」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

6月14日の放送 [光とともに]
2017/06/13(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「ザ・町工場/体当たりの人材育成」です。ダイヤ精機の諏訪社長の所には全国からの見学者が絶えません。若くして素人の諏訪さんに会社経営が任されました。どの様にして人材育成をなさったのでしょうか? お聴き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ザ・町工場」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

6月7日の放送 [光とともに]
2017/06/06(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「心を励ますいのちの詩」です。水内喜久雄さんは、子供たちを励ます詩を長い間集めてこられました。その詩を読んだ人々からどの様な反応があったでしょうか? 避難、中傷が多い現代、心を励ます詩を周りの人々に配りたいですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「心を励ますいのちの詩」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

5月31日の放送 [光とともに]
2017/05/30(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時のしるし」の「失われた尊厳の回復」です。日本においては自殺と人口妊娠中絶で毎日550人が亡くなっているそうです。単純に365倍しますと、20万人を超えます。1年間でこれだけの命が亡くなっている事をどの様にお考えになりますか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「失われた尊厳の回復」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

5月24日の放送 [光とともに]
2017/05/23(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「老いの手本」のシリーズの「ターシャ・テューダー」です。彼女は絵本作家ですが、彼女の生き方は興味あるものです。お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ターシャ・テューダー」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

5月17日の放送 [光とともに]
2017/05/16(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「生きること、信じること」シリーズの「母の遺産」です。「私は両親から一銭の遺産も受けなかったが、母からは信仰という素晴らしい遺産を受けた事を感謝している」と、堀内牧師は書いておられます。お母様は最も価値ある遺産を残されましたね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「母の遺産」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

5月10日の放送 [光とともに]
2017/05/09(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「沈黙する神?」です。遠藤周作の「沈黙」が映画化されました。17世紀のキリシタン迫害の時に、キリシタンにとって自分たちの神は沈黙されたのです。神の沈黙ほどつらく苦しいものは無いでしょう。神の沈黙の意味を考えましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「沈黙する神?」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

5月3日の放送 [光とともに]
2017/05/02(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「バイオリンは神様からの贈り物」です。東日本大震災によって陸前高田市の「奇跡の1本松」は有名になりましたが、その周りのがれきを見てバイオリン・ドクターの中澤氏の奥様は不思議な事を言われたのです。それが原因となって「津波バイオリン」が作られたのです。お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ヴァイオリンは神様からの贈り物」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

4月26日の放送 [光とともに]
2017/04/25(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時のしるし」です。イエス・キリストは世界の終末のしるしとして「多くの人の愛が冷える」ことを教えておられます。世界でまた日本で愛が冷えた事件が多くなりました。キリストの予言は現代において成就しているのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「「愛が冷える」社会の中で」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

4月19日の放送 [光とともに]
2017/04/18(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「老いの手本」のシリーズで三井高利さんについて考えます。彼は三越の前身である越後屋を創設しました。52歳でのスタートでしたが、商法が素晴らしく大成功したのでした。どの様な商法だったのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「三井高利」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

4月12日の放送 [光とともに]
2017/04/11(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は特別記事の「気品のある子を育てる親の品格」です。子供に残すべきものは何でしょうか? 形あるものだけでしょうか? 見えるものだけでしょうか? 子供に残すべきものを考えてみましょう。そしてそれと親の在り方に関しても。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「親の品格」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

4月5日の放送 [光とともに]
2017/04/04(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は特別記事の「あきらめなければ夢100%」です。公務員トライアスリートの福元哲郎さんはトライアスロンの世界選手権に7回出場し、国内では4年連続総合ランク1位の成績を持っておられます。事故で医師から「トライアスロンは無理」と言われました。どの様に立ち上がるのでしょうか? お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「あきらめなければ夢100%」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

3月29日の放送 [光とともに]
2017/03/28(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「時のしるし」です。聖書の中には1000以上の将来に関する予言がありますが、その約7割は成就しています。予言の正しさは成就するかしないかです。成就しなければ偽物なのです。7割成就したのであれば残りの予言もこれから成就すると考えられます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「予告されていた終末の前兆」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

3月22日の放送 [光とともに]
2017/03/21(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「老いの手本」のシリーズで「さよなら さよなら さよなら」でおなじみの淀川長治さんが紹介されています。淀川さんはどんな人だったのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「淀川長治」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
3月15日の放送 [光とともに]
2017/03/14(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「アルプスの少女ハイジに学ぶ:心と体が元気になる方法」です。「さて、これからどうするつもりかな?」とおじいさんから言葉をかけられていますが、この質問にはとても深い意味があるのですね。この質問の意味を共に考えてみましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ハイジに学ぶ元気の秘訣」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
3月8日の放送 [光とともに]
2017/03/07(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「コレクティブハウスで暮らしてみれば」です。昔の日本では3世代で暮らしている人が沢山いましたが、核家族化によってそれは本当に少なくなり、新たな問題も出ています。コレクティブハウスはこのマイナス面をカバーしているのではないでしょうか。お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「コレクティブハウスで暮らしてみれば」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
3月1日の放送 [光とともに]
2017/02/28(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は特別記事の「ここは山谷の天国だ」です。「えっつ? 山谷に天国?」と思われましたか? 世の中には使命を持って生きておられる方がいらっしゃるのですね。山谷に天国を作るために使命に生きておられる人がいるのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ここは山谷の天国だ」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
2月22日の放送 [光とともに]
2017/02/21(火) 10:00
この世界はこれから1000年、2000年といつまでも続くのでしょうか? 人口増加の事、食料事情の事、石油資源の量、地球温暖化、犯罪の増加とテロ、戦争の可能性などを考えますと、この世界が今までと同じ様にこれからいつまでも続くとは考えにくいです。花田牧師のメッセージをお聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「迫りくる「時」を知るために」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
2月15日の放送 [光とともに]
2017/02/14(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「老いの手本/チャールズ・チャップリン」です。彼がハリウッドを去った理由や、イギリスでナイトの称号を与えられた事などを初めて知りました。どんな最後だったのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「チャップリンの波乱の一生」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
2月8日の放送 [光とともに]
2017/02/07(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「見つめなおしたい誓いの言葉」です。何の誓いの言葉だろうと思ったのですが、キリスト教の結婚式の誓いの言葉の事でした。キリスト教の結婚式では新郎新婦は何を誓うのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「見つめ直したい誓いの言葉」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
2月1日の放送 [光とともに]
2017/01/31(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「生涯をブータンの農業に捧げた『ダショー』西岡京治」です。住民との話し合いが800回というのも凄いですね。よくぞそこまでと驚きです。何かをやる人はここまで努力を積み重ねるのですね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「生涯をブータンの農業に捧げた西岡京治」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
1月25日の放送 [光とともに]
2017/01/24(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は新連載の「時のしるし」の1回目として「世界終末時計と考えたくない未来」です。月刊誌「サインズ」のフルネームは「サインズ・オブ・ザ・タイムズ」です。「時のしるし」なのです。本のタイトルに相応しい記事です。実はこのシリーズは花田牧師が執筆されます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「世界終末時計と考えたくない未来」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
1月18日の放送 [光とともに]
2017/01/17(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。1月ですから新しいシリーズが始まりました。その中の一つは「老いの手本」です。今回は昭和の大女優の高峰秀子さんです。彼女の引退後の生き方を初めて知りましたが、「そうだったのか!」と感心しました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「老いの手本~高峰秀子」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
1月11日の放送 [光とともに]
2017/01/10(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。埼玉県にある児童養護施設に電話がかかりました。「小学校4年生の息子が万引きをしていて、それを注意しても直らないのです。どうしたら直るか」というある父親からの相談の電話でした。さて、その施設ではどの様に答えたと思いますか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「隣る人となる」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
1月4日の放送 [光とともに]
2017/01/03(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「あなたを変えるゼロ・プラス・ワン」です。これはある学校の標語です。一体、この言葉にはどの様な意味があるのでしょうか? ゼロとワンにはそれぞれどの様な意味が含まれているのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「あなたを変えるゼロ・プラス・ワン」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
12月28日の放送 [光とともに]
2016/12/27(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「叱られて育つと打たれ強くなる?」というタイトルです。これを聞きますと、「やはり時代は変わって来たな」という印象を持ちましたが、あなたはいかがでしょうか? 叱られて育つと打たれ強くなるのでしょうか? あなたはいかがでしたか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「叱られて育つと打たれ強くなる?」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
12月21日の放送 [光とともに]
2016/12/20(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回はクリスマスについてです。筆者の島田牧師が引用しておられるベトナム人の言葉には考えさせられます。何が幸福であるのかを考えさせられます。何が幸福をもたらすのでしょうか。共に考えてみましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「光の降臨~クリスマスの意味」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
12月14日の放送 [光とともに]
2016/12/13(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「トータルヘルス」解説の最後の「ソーシャル・サポート」です。カリフォルニア州のロマリンダは長寿者が多い事で知られている街です。そしてそこはセブンスデー・アドベンチスト教会員がとても多い所です。彼らのライフスタイルが長寿の原因です。どのようなライフスタイルなのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ソーシャルサポート」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
12月7日の放送 [光とともに]
2016/12/06(火) 10:00
12月7日の放送
花田憲彦*月刊誌サインズ紹介

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「美しく歳を重ねる/高齢者にこそ必要な生きがいメイクアップ」です。この記事の中で美容の定義が出てきていますが、「美容とは全身の容姿を健やかに美しく整え、リラックスすることです」と、ありました。化粧だけの分野ではなく、幅が広いのですね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「美しく歳を重ねる」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
11月30日の放送 [光とともに]
2016/11/29(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「聖書はどこから読んだら良いですか?」です。河原牧師は「聖書はどこから読んだら良いですか?」と電話で質問を受けたのです。この様な場合、一般的には「新約聖書のマタイによる福音書から読んで下さい」とか「聖書の初めの創世記から読んで下さい」と、言われますが、河原牧師の答えは違いました。彼はどう答えたのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「3つの大事な言葉」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
11月23日の放送 [光とともに]
2016/11/22(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「表の教育は失敗し、裏の教育は成功する」です。親は子供を脅して何かをさせようとする場合があります。これは罰則型の教育です。すると子供はやがて罰が無いとやらない、罰を与える人がいないとやらないになります。これと表の教育、裏の教育はどの様に関係があるのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「成功する裏の教育」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
11月16日の放送 [光とともに]
2016/11/15(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「聴き上手の条件」です。聴き上手の条件はただ一つ「自分と自分との関係が良いことです」。つまり自分が好きかどうかという事です。知識やスキルの問題ではないのです。自分の声を傾聴出来る人ほど、他の人の声を聴けるのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「聴き上手を目指すなら」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
11月9日の放送 [光とともに]
2016/11/08(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「聖書が語りかける現代人へのメッセージ」です。盲人になったスーザンはバスの運転手が語りかけるまで夫が自分を大切に見守っている事を知りませんでした。それが分かった時、彼女は涙を流したのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「目には見えなくても」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
11月2日の放送 [光とともに]
2016/11/01(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「子供食堂に行ってきました」です。子供食堂とは何でしょうか? 誰がどんな目的で始めたのでしょうか? お客さんは子供に限られるのでしょうか? そして採算は取れているのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「『こども食堂』に行ってきました」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
10月26日の放送 [光とともに]
2016/10/25(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は楽観的に生きる秘訣に関してです。沖縄にあるアドベンチスト・メディカルセンターの院長・松本ノリス先生はその病院の健康祭の時、「無料ハグ」の看板を持って院内を回ったそうです。ハグをしている人もそれを見ている人も笑顔になったそうです。ハグの効果は医学的に認められています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「院長の元気の秘訣」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
10月19日の放送 [光とともに]
2016/10/18(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「トータルヘルスへの12の鍵」の「楽観的である事」です。あなたの財布に5000円札が1枚あるとします。「5000円もある」と考えますか?「5000円しか無い」と考えますか? この捕え方で人生は大分変りますね。楽観的に考えましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「楽観的であること」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
10月12日の放送 [光とともに]
2016/10/11(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「幸せを引き寄せるほめ日記」です。自分で自分をほめる事は人間の生き方に良い影響を及ぼすようです。どの様にほめたら良いかが例文で紹介されています。人に対して自分をほめる言葉を出して自己満足するのではなく、声に出さないで日記に書くのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ほめ日記」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
10月5日の放送 [光とともに]
2016/10/04(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「笑いの医力、笑顔で免疫力アップ」です。笑いの医学的効果も認められていますので、病院によっては治療法の一つとして落語のビデオを患者さんに見てもらっている所もあります。一日5回笑い、5回感動しましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「笑いの医力」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
9月28日の放送 [光とともに]
2016/09/27(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「聞く人が楽に聞ける傾聴のスキル」の9回目で「沈黙は待つ」です。自分の言う事を聞いて欲しいのに聞かないで話してばかりいる人はいませんか? こちらは聞きたいのに何も話してくれない人はいませんか? 沈黙のあり方を考えましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「沈黙は待つ」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
9月21日の放送 [光とともに]
2016/09/20(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「トータルヘルスへの12の鍵」の「高潔さ」についてです。正直と高潔さは違いますね。高潔でありたいものです。高潔さが健康を左右するのです。どうして高潔さと健康が関係するのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「高潔さとは」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
9月14日の放送 [光とともに]
2016/09/13(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「幸せを呼ぶ一人老後の過ごし方」シリーズの9回目で「運動と心の病」です。心の病に対しても運動が良い事を示す色々なデーターが紹介されています。「そうなのか、運動の効果は素晴らしいな」と、思いました。運動は実際に体を使ってしなければなりません。行動に移しましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「運動と心の病」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
9月7日の放送 [光とともに]
2016/09/06(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回はジャパン・ハート代表の吉岡秀人さんへのインタビュー記事です。「救いの循環」は素晴らしいですね。この様にして救いが広まって行くことを多くの人が喜んでおられる事でしょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「救いの循環」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
8月31日の放送 [光とともに]
2016/08/30(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「幸せをよぶ一人老後の過ごし方」です。脳の活性化が話されていますが、昔の脳に対する理解と今の理解では大きな違いがありますね。希望が与えられました。次々に新しい事をして脳を刺激して活性化したいものです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「脳の活性化」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
8月24日の放送 [光とともに]
2016/08/23(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「子供を伸ばす親の力」です。子供は「親は自分の事を全然理解していない」と、言い、親は親で「子供は自分がどんなに子供の事を心配しているかを理解していない」と、言います。どうしたら良いのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ゲームがやめられない!」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
8月17日の放送 [光とともに]
2016/08/16(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「話し出したら止まらない人への傾聴」です。話し出したら止まらない人がいますね。その方の話はどの様に聞いたら良いのでしょうか。具体的な方法が紹介されていますが、これは役に立つと思われます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「話し出したら止まらない人への傾聴」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
8月10日の放送 [光とともに]
2016/08/09(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「人生の棚卸し/自分サイズの暮らし方」です。物やお金に関して東日本大震災から学ばれた方は多いと思います。自分に合った自分サイズの暮らしはどの様にして出来るのでしょうか? お聴き下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「人生の棚卸し」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
8月3日の放送 [光とともに]
2016/08/02(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「幸せ探しの達人/橘曙覧に学ぶ日々の楽しみ」です。クリントン大統領のスピーチが曙覧ブームのきっかけだったのですね。あなたも「楽しみは○○時・・・」の短歌をおつくりになってはいかがでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「幸せ探しの達人」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
7月27日の放送 [光とともに]
2016/07/26(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「にがてなもの」という詩が読まれます。著者の家庭の様子が見えて来ます。お宅ではいかがでしょうか? 自分の弱さを知る事は大切です。ヘレン・ケラーとサリバン先生の出会いの背景の話も素晴らしいですね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「苦手なもの」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
7月20日の放送 [光とともに]
2016/07/19(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は河原牧師の「ここらでちょっと一休み」です。おもてなしの元々の意味は「よそ者、敵」だそうです。つまり敵をよそ者をもてなす事から来ています。イギリス軍の捕虜体験の実話はすごい話ですね。ゴードンは「神様は隣人を作られましたが、私たちが敵を作るのです」と、言ったのです。考えさせられる言葉です。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「本当のおもてなし」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
7月13日の放送 [光とともに]
2016/07/12(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「幸せを呼ぶ一人老後の過ごし方」の7回目で「祈りを科学する」その2です。どの様な実験がされたか、またその結果はどうなったかをお聴きください。祈りには遠隔効果があるのですね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「祈りを科学する~その2」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
7月6日の放送 [光とともに]
2016/07/05(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「幸せを呼ぶ一人老後の過ごし方」の7回目として「祈りを科学する」です。祈っている時、脳の中では何が起こっているのでしょうか? それが分かったのです。そしてその影響でどうなるのでしょうか? これはお聴きになった方がよいですね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「祈りを科学する~その1」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
6月29日の放送 [光とともに]
2016/06/28(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は一つの詩が紹介されています。その詩は「母親の宿題」という題ですが、もし、あなたが母親であれば、どの様なお母さんでしょうか? あなたの宿題は何でしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「母親の宿題」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
6月22日の放送 [光とともに]
2016/06/21(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「戦争罪責と赦し」です。日本とフィリピンの戦争で大統領恩赦によって帰国した数人に会いましたが、その恩赦を出した大統領が日本軍によって何をされたかを知るときに「絶対戦争をしてはならない」と強く感じました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「キリノ大統領の赦し」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
6月15日の放送 [光とともに]
2016/06/14(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「トータルヘスへの12の鍵」の「休息について」です。睡眠は長い人も短い人もいるようですが、大体どれ位寝れば良いのでしょうか? そもそも睡眠の仕組みはどの様になっているのでしょうか? これはお聴きになった方が得ですね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「果報は寝て待て」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
6月8日の放送 [光とともに]
2016/06/07(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「暮らしの質を高める仮眠の威力」です。10分間の昼寝は夜の睡眠1時間分に相当すると言われています。仮眠の効果が色々紹介されています。あなたも仮眠を取って良い仕事をなさって下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「暮らしの質を高める仮眠の威力」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
6月1日の放送 [光とともに]
2016/05/31(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「自分の時間を取り戻す」です。今でこそ週休二日制は大分広まりましたが、松下幸之助さんが社運をかけてこれに踏み切られた時、「一日休養、一日修養」と言われて話題を呼んだそうです。あなたは余暇をどの様に過ごされるでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「自分の時間を取り戻す」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
5月25日の放送 [光とともに]
2016/05/24(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「ここらでちょっと一休み」で「会議」についてです。「アイディアが生まれる場所」が%で紹介されていましたが、なかなか面白いですね。会議室は0%でしたが、工夫によって会議でもアイディアは生まれるものです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「「皆議」のススメ」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
5月18日の放送 [光とともに]
2016/05/17(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「育て直しで不登校は治る」です。全国の小中学生の不登校児は約12万人だそうです。これに高校生を入れますと何人になるのでしょうか。子供の心にある「自信の水」の不足が不登校の原因だそうです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「自信の水」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
5月11日の放送 [光とともに]
2016/05/10(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「幸せを呼ぶ『ひとり老後』の過ごし方」の5回目で「同窓会の意味と役割」です。同窓会には色々な楽しみがあるようですね。同窓会と自分史の関係、自分史と還暦の関係を考えます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「同窓会の意味」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
5月4日の放送 [光とともに]
2016/05/03(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は、いそのなほこ さんの詩「ミシン」です。彼女がミシンを使っている時に、お子さんが「何で針が上下に動くだけで、縫えるの?」と、質問したのです。さて、あなたがこの様に質問されたら何とお答えになるでしょうか? いそのさんの答えと彼女がその後で考えた事が興味深いです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ミシン」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
4月27日の放送 [光とともに]
2016/04/26(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「子育てや教育は勘違いと迷信だらけ、本当にそうなかと自分の頭で考えよう」です。その例として「スポック博士の育児書」が挙げられています。だきぐせや添い寝に関する彼の教えは消えつつあります。自分の頭で考えましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「迷信だらけの子育て」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
4月20日の放送 [光とともに]
2016/04/19(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「聖書が語りかける現代人へのメッセージ」です。旧約聖書の最も古い部分は紀元前1500年頃、新約聖書の最後は紀元100年近くに書かれました。こんなに古い聖書は現代人に何を語りかけるのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「みにくいアヒルの子」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
4月13日の放送 [光とともに]
2016/04/12(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「トータルヘルスへの12の鍵/環境」です。テレビのニュースで、北京市内の空気の様子がよく出て来ますが、もう恐ろしい感じですね。環境のあり方を共に考えましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「環境」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
4月6日の放送 [光とともに]
2016/04/05(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「福島原発に一番近い教会からのメッセージ」です。福島第一聖書バプテスト教会の佐藤彰牧師へのインタビュー記事です。佐藤牧師はあの体験から皆さんに何をお伝えしたいのでしょうか? そこをお聴き下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「流浪の教会からの旅立ち」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
3月30日の放送 [光とともに]
2016/03/29(火) 10:00
「憐みの目で見られる僕らと、恐ろしいものを見る様な目で見られるやくざさん。どちらも同じように差別されているんだよ。だからやくざさん、差別されている人にはやさしいんだよ、きっと」やくざさんはどんな人にどの様にやさしくしたのでしょうか? お聴き下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「追放された人々」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
3月23日の放送 [光とともに]
2016/03/22(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「子供を伸ばす親の力/ほめるところから始めよう」です。親は出来る様になったらほめると思っています。出来たらほめるではなく、ほめたら出来るのです。ほめるところから始めましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ほめたらできる!」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

3月16日の放送 [光とともに]
2016/03/15(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「聞く人が楽に聞ける傾聴のスキル」のシリーズからです。今回の話を伺っていて、「人の話を聞くのは難しいな」と、感じました。なぜ、難しいのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「同感と共感」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師

3月9日の放送 [光とともに]
2016/03/08(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。ある人の提案。「今の仕事は減らさずに、一つを加えなさい。それは熟考だ。多くの人は活動だけで、熟考が足りない。だから全ての事から離れて、深く考える時を取りなさい。」これを実行した人はどうなったでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「第7日の休み」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
3月2日の放送 [光とともに]
2016/03/01(火) 10:00

月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。3月からは土曜日担当の花田牧師がここも担当されます。今回は「トータルヘルスへの12の鍵」の中から水分についてです。水の6つの効用 ①消化、吸収、栄養素の分配、酸素や炭酸ガスの運搬 ②動作時の潤滑作用 ③消化の促進作用 ④老廃物排泄作用 ⑤体温の調節作用 ⑥血液、汗、尿などの主成分となる

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「水の力」

メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師