4月27日の放送 [光とともに]
2017/04/26(水) 10:00

仕事があり、良い収入がある。しかし、人からは相手にされず、友達がいない取税人のマタイ。そんなマタイをイエス・キリストは弟子になる様に招かれました。彼はすぐ従ったのです。キリストの弟子となり、やがてその人が新約聖書の最初の部分のマタイによる福音書を書き残したのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「声かけあうこと」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月20日の放送 [光とともに]
2017/04/19(水) 10:00

米国留学中の渡辺和子さんの仕事ぶりに対して彼女に注意をした先輩の教えはとても貴重な教えですね。私は「なるほど」と心から思い、とても大切な事が教えられました。この心がけを忘れずに仕事をする時に、心のこもった良い仕事が出来るでしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「神は副詞を愛する」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月13日の放送 [光とともに]
2017/04/12(水) 10:00

ガンの末期患者に対して何をしてよいか分からない見習い看護師がした事は、患者が精神的にも肉体的にもして欲しい事だったのでしょう。やがて心が開かれ、長い長い話となりました。それと同時に患者の心は癒され、安らかな眠りとなったのです。患者が必要としているものは何かを考える時、この看護師の体験は一つのヒントを与えていると考えられます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「寄り添うこと」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月6日の放送 [光とともに]
2017/04/05(水) 10:00

渡辺和子さんは「裏切られても裏切る人にはなるまい。騙されても騙す人にはなるまい。どんなに不親切に扱われても、自分から他人にわざと不親切にする人にはならない。・・・」と書いておられます。イエス・キリストが歩かれた道に従って行かれる言葉ですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「苛烈な戦い」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

3月30日の放送 [光とともに]
2017/03/29(水) 10:00

私が小学校の下級生の時、「多くのスポーツは雨が降ると休憩や中止になるが、風が吹いても雨や雪が降っても、続けられるのがラグビーである」と父から教えられました。ラグビーは他のスポーツとは違うという印象が残りました。今回は東海林牧師がラグビーについて話しておられます。彼はラグビーをどの様にとらえているのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ノーサイド精神」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

3月23日の放送 [光とともに]
2017/03/22(水) 10:00
イスラエル初代王のサウルから逃げ回っていたダビデでしたが、自分の命を狙うサウルを殺す事が出来る最大のチャンスが訪れました。洞穴の中で無防備なまま用を足しているサウルをダビデは殺さなかったのです。なぜでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「最も難しいレッスン」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
3月16日の放送 [光とともに]
2017/03/15(水) 10:00
問題の無い人生は考えられないわけですから、誰でも問題を抱えています。大きな問題に直面した時、あなたはどうされるでしょうか? 旧約聖書に出て来るユダ王国のヨシャパテ王は神を仰ぎ見たのです。これはどういう意味でしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「神を仰ぐこと」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
3月9日の放送 [光とともに]
2017/03/08(水) 10:00
あなたは自己紹介の時、自分をどの様に紹介されますか? イエス・キリストの弟子ヨハネは自分の事を「イエスに愛された者」「主に愛された者」と言って紹介しています。イエスが自分を愛しておられる事を自覚出来る事は素晴らしい事です。今、私たちは目でイエスを見る事が出来ませんが、そのイエスが自分を愛しておられることは体験できるのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「主に愛された者」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
3月2日の放送 [光とともに]
2017/03/01(水) 10:00
人の数だけ性格はあるのでしょうか。色々な性格があります。性格が似ているから惹かれ、仲が良い場合があるでしょうが、その反対の場合もあるでしょう。伝道者パウロは強い性格の人でした。その彼と親しい関係にあったのがテモテという弟子です。彼らの性格はどの様に違い、パウロは彼の何に惹きつけられたのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「テモテ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
2月23日の放送 [光とともに]
2017/02/22(水) 10:00
この話の中に出て来るパコ青年と父親は実際の出来事か、単なる小説であるのかが分かりにくかったのですが、もし実際の出来事であれば、これは凄い事ですね。父親と息子の関係を考えさせられました。あなたは父親ですか? 息子さんとの関係はいかがでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「父と息子」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
2月16日の放送 [光とともに]
2017/02/15(水) 10:00
赦しに関しては、赦す側になっても赦される側になっても、赦しが無ければどちらも心は平安ではありませんが、赦しがあると、どちらの側になっても平安なのです。この大切な赦しについて考えましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「赦しへの一歩」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
2月9日の放送 [光とともに]
2017/02/08(水) 10:00
対立関係にある時に、赦す事は非常に難しい事です。「相手が謝れば赦してやっても良いが、こちらから赦しを求めて謝る気持ちはない」という場合が多いのではないでしょうか。東海林牧師が世界が驚いたアフリカでの赦し話をしておられます。お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「赦しと和解」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
2月2日の放送 [光とともに]
2017/02/01(水) 10:00
「わたしはこう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、本当に重要なことを見分けられるように。(新約聖書:フィリピの信徒への手紙1章9〜10節)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「どのように見るか」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
1月26日の放送 [光とともに]
2017/01/25(水) 10:00
今から30年前、北アイルランドの小さな街でIRAのテロ行為によってゴードン・ウィルソンは自分自身が負傷しただけではなく、20歳の娘を失ないました。その悲しみの内にあって彼は何と言ったでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「愛こそ決めて」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
1月19日の放送 [光とともに]
2017/01/18(水) 10:00
東海林牧師がある一つの言葉を紹介しています。それは「目の見えない人は色も見えない」という言葉です。東海林牧師はこのごく当たり前の事を言っている言葉を引用する事によって何を言おうとしているのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「癒されたまなざし」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
1月12日の放送 [光とともに]
2017/01/11(水) 10:00
「上手だね、凄いじゃないか」と子供をほめてあげると、子供は喜びます。認められたと感じるのでしょう。これは子供だけではなく、大人も同じでしょう。ほめられて悪い気がする人はいないでしょう。この声掛けが人間関係をスムーズなものにするでしょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「声をかけてもらう前に」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
1月5日の放送 [光とともに]
2017/01/04(水) 10:00
東海林牧師の新春メッセージです。この御言葉がその中心部分です。「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことについて感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。」テサロニケ人への第一の手紙5章16〜18(口語訳)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「初詣」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
12月29日の放送 [光とともに]
2016/12/28(水) 10:00
相手の心に寄り添って聞くのはなかなか難しいですね。本当の意味での「聞く力」が欲しいものです、阿川さんが言っておられることに耳を傾ける必要があると思いました。「神よ、聞く力を与えて下さい」と、祈りたい気持ちです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「思いやりの心」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
12月22日の放送 [光とともに]
2016/12/21(水) 10:00
一人の人の誕生を祝ってもらうという点においてはキリストは世界のナンバーワンですね。自分の国だけで祝ってもらうケースはいくらでもあるでしょう。またある分野の人からは世界各地で祝ってもらっているケースもあるでしょう。しかし、キリストの場合は全く別格です。約2000年前に誕生された方が現在においても世界中で祝われているのですから本当に驚きです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「今私たちの心の中に」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
12月15日の放送 [光とともに]
2016/12/14(水) 10:00
クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝っている事は良く知られています。彼の誕生の場所は家庭や病院ではありませんでした。馬小屋だったのです。神の御子がどうしてその様な所で生まれる事になったのでしょうか? その背景や意味を東海林牧師が語っています。お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「馬小屋でのイエスの誕生」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
12月8日の放送 [光とともに]
2016/12/07(水) 10:00
クリスマスのシーズンになりますと、教会でトルストイの「靴屋のマルチン」が劇や人形劇、紙芝居で演じられます。東海林牧師がそのストーリーを話されます。助けが必要な人々の必要に答えたマルチンでしたが、その親切は神様にしたことだったのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「靴屋のマルチン」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
12月1日の放送 [光とともに]
2016/11/30(水) 10:00
イエス・キリストの誕生の夜、天使はこの素晴らしいニュースを野原で羊の番をしていた羊飼いに伝えました。なぜ、ユダヤの王様や神殿で働く祭司たちではなく、名もなく貧しい羊飼いたちだったのでしょうか。その意味するところを東海林牧師が語っています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「み告げを受けた羊飼い」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
11月24日の放送 [光とともに]
2016/11/23(水) 10:00
イエスの系図に出て来る4人の女性の4人目はウリヤの妻です。この女性の水あびの姿を見たイスラエル王のダビデは理性のコントロールを失ってしまいます。そしてそれは姦淫、殺人へと進みました。その出来事のストーリーをお聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ウリヤの妻」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
11月17日の放送 [光とともに]
2016/11/16(水) 10:00
マタイによる福音書の初めにイエス・キリストの系図が出て来ます。その中に4人の女性が出来きます。男性優位のユダヤ人社会において4人の女性が出て来るのはどうしてでしょう。その4人の内の2人はすでに紹介されましたので、今度は3人目の女性に関して東海林牧師が説明しています。短時間にルツの生涯が紹介されています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ルツ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
11月10日の放送 [光とともに]
2016/11/09(水) 10:00
イエス・キリストの系図の中に4人の女性が入っています。男性優位社会の国でこれは珍しい事です。4人の中の一人のラハブは遊女と呼ばれています。女性であるだけではなく、遊女がどうしてその系図に出て来るのでしょうか? その理由をお聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「遊女ラハブ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
11月3日の放送 [光とともに]
2016/11/02(水) 10:00
新約聖書の最初の部分はマタイによる福音書です。その1ページにはイエス・キリストの系図が出て来ます。あの男性優位のユダヤ社会において、普通系図は男性が書かれます。ところがこのマタイによる福音書の系図には4人の女性が出て来るのです。どうしてでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「タマル」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
10月27日の放送 [光とともに]
2016/10/26(水) 10:00
永六輔さんが7月にお亡くなりになりましたが、彼の作詞の曲に「生きているということは」が、ありますが、その中でとても大切な事を書いておられます。東海林牧師がその歌詞から教えられたことに関して話しておられます。お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「わたしを呼べ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
10月20日の放送 [光とともに]
2016/10/19(水) 10:00
東海林牧師は数年前にジョージア州のアトランタに行かれました。そして39歳で亡くなったあのマルチン・ルーサー・キング牧師の記念館に行かれたのです。この様な意味の言葉が掛けられていたそうです。「問題は誰かが困っている時に、その人にかかわったら自分の予定や計画がどうなるかではなく、この人に自分がかかわらなかったら、この人はどうなるかと問うべきである」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「立ち止まる愛」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
10月13日の放送 [光とともに]
2016/10/12(水) 10:00
1963年8月23日にアメリカのニューヨークのリンカーン記念堂の前でなされたマルチン・ルーサー・キング牧師の「私には夢がある」の説教はその場にいた沢山の人々またテレビで見ていた沢山の人々の心を打ちました。この説教の背景の一部が紹介されています。お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「マルチン・ルーサー・キング」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
10月6日の放送 [光とともに]
2016/10/05(水) 10:00
オーストリアのウィーン大学の精神科の教授をされていたユダヤ人フランクルは名著「夜と霧」を著わしました。ドイツのアウシュビッツでの体験の中から、極限状態に置かれた時の人間の事について書いています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「それでも人生にイエスと言う」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
9月29日の放送 [光とともに]
2016/09/28(水) 10:00
信仰者としてどの様な事が素晴らしい事なのかを考える時がありますが、私はそれは主(神様)が共にいて下さる事だと思います。聖書の中で主が共におられたので、祝福された人がいますが、その一人はヨセフです。ギデオンもそうです。今回はギデオンの場合を聞きましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「大勇士ギデオン」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
9月22日の放送 [光とともに]
2016/09/21(水) 10:00
あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日が来たり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に <旧約聖書:伝道の書12章1節>
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「最上のわざ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
9月15日の放送 [光とともに]
2016/09/14(水) 10:00
あなたに小学生の子供がいるとして、子供の願いを全て聞き入れる親がいるでしょうか? 愛する子供の願いであっても、その願いを聞くことがその子のために最善かどうかを考え、筋が通っている願いについては聞くのではないでしょうか。 子供の願いはいつも筋が通っているわけではありませんし、自己中心の願いもあるわけですから、親は総合的に考えてからその子の願いをどうするかを考えます。今日は祈りとその答えについてです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「応じられた祈り」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
9月8日の放送 [光とともに]
2016/09/07(水) 10:00
東海林牧師がある社会福祉法人の心得を紹介しています。「にやりほっと」なのです。これは何を意味するのでしょうか? またこれとは別に「ヒヤリ・ハット」も出てきます。これは何を意味するのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「にやりほっと」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
9月1日の放送 [光とともに]
2016/08/31(水) 10:00
今まで体験と経験は同じ様な事くらいにしか考えていませんでしたが、このメッセージで体験と経験には違いがある事が紹介されています。その説明を聞くうちに「なるほど」と思えるところがありました。体験のみで終わるのではなく、経験へと進みたいものです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
8月25日の放送 [光とともに]
2016/08/24(水) 10:00
私たちは毎日の行動において誰かに何かの印象を与え、影響を与えています。そしてそれは本人には分からない場合が多くあります。ステファノの殉教の場面が若い時のパウロに影響を与えていたのです。そしてそのパウロは迫害者から偉大な伝道者へと変えられたのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「人生の交差点」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
8月18日の放送 [光とともに]
2016/08/17(水) 10:00
俳優の森繁久弥さんがこの様に言われたそうです。「日本人のストレスが増えたのは、家から縁側がなくなったせいじゃないか。それ以来、日本人は心の縁側までなくなってギスギスしてきたのではないか」 この論が科学的に証明されたとは思いませんが、非常に面白い点を突いていると思います。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「心の縁側」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
8月11日の放送 [光とともに]
2016/08/10(水) 10:00
日本の戦国時代に沢山のキリシタンが信仰のゆえに殺されました。キリシタン女性の一人細川ガラシャ夫人の死の理由は何だったのでしょうか? それと関ヶ原の戦いの関係はどうだったのでしょうか? このお話しから日本史とガラシャ夫人の信仰を考えましょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「細川ガラシア夫人」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
8月4日の放送 [光とともに]
2016/08/03(水) 10:00
「何事にも時があり、天の下の出来事にはすべて定められた時がある」(旧約聖書:コヘレトの言葉3章1節)東海林牧師がこの聖書の記述について、子供時代の体験を通して語っておられます。お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「何事にも時がある」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
7月28日の放送 [光とともに]
2016/07/27(水) 10:00
かつて新聞に「自分に出会う」というシリーズがあったそうです。そこに登場する各界の人は「自分探しの旅を歩んで来た」そうです。人は本当の自分に出会うまで旅をするのだそうです。さて、あなたは本当の自分に出会いましたか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「自分との出会い」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
7月21日の放送 [光とともに]
2016/07/20(水) 10:00
メンソレータムの会社はどの様にして作られたかをご存じでしょうか? クリスチャンによって作られた会社です。日本にはこの様な会社はいくつかありますが、そんなに多くありません。それではその始まりをお聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「近江兄弟社の創立者」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
7月14日の放送 [光とともに]
2016/07/13(水) 10:00
ヨハネによる福音書にはイエス・キリストの奇跡がいくつも記録されていますが、それらの奇跡には共通点があります。それはイエス・キリストが人々に何かを命令され、人々がその命令に従った後で奇跡がなされたことです。このメッセージで、奇跡前のキリストの命令は何でしたでしょうか? それを考えてみてください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「カナの結婚式」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
7月7日の放送 [光とともに]
2016/07/06(水) 10:00
東海林牧師がイソップ物語の「お腹を空かせた犬たち」の話をしています。現実にはありえない話ですが、この話の教訓は忘れてはなりません。あなたはこの話からどの様な教訓を考えますか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「お腹を空かした犬」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
6月30日の放送 [光とともに]
2016/06/29(水) 10:00
東海林牧師がロシア人作家トルストイの「3人の聖人」という作品を紹介しています。小説ですから勿論実話でありません。3人の聖人が海の上を歩くというありえない事が書いてありますが、3人の清らかな信仰は私たちが考えるべき点です。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「三人の聖人」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
6月23日の放送 [光とともに]
2016/06/22(水) 10:00
東海林牧師は幼い子供を亡くした母親が火葬場で「いやだー」と叫んでその場に泣き伏した姿をご覧になりその光景を忘れることが出来ないと言っておられます。我が子の死を見なければならないことはなんとつらい事でしょう。イエスの母マリヤはその苦しみを味わったのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「マリアの痛み」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
6月16日の放送 [光とともに]
2016/06/15(水) 10:00
イエス・キリストの弟子の中でペテロは目立ちたがり屋という感じがします。キリストに対して弟子の中ですぐ一番に反応するのです。それで成功もありましたが、失敗もありました。彼が生涯悔いる失敗がイエス・キリストが亡くなられる前の晩にあったのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ペテロの裏切り」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
6月9日の放送 [光とともに]
2016/06/08(水) 10:00
ユダヤ社会で国会議員であったニコデモはキリストに個人的に会った事があります。自分の置かれた立場上、キリストを信仰している事が表明出来ませんでした。しかし、キリストの十字架の死から彼の態度は変わりました。信仰を表明し、その様な行動を取ったのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ニコデモのその後」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
6月2日の放送 [光とともに]
2016/06/01(水) 10:00
12年間も長血を患う。つらかった事でしょう。この女性は「イエス様は自分の病を癒して下さる」と信じてイエス様の所に行きました。せめて衣の裾にでも触れば癒されると信じて触ったのです。すると癒されました。イエス様は彼女が癒された理由は彼女の信仰にあった事を示し、イエス様の服が人を癒す魔法の服でない事を示されました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「あなたは独りぼっちではない」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
5月26日の放送 [光とともに]
2016/05/25(水) 10:00
新約聖書の福音書の中にはマリヤという女性が出て来ます。イエスの母はマリヤですが、他にもマリヤは何人もいます。今回、登場するマリヤは「マグダラのマリヤ」です。彼女は一体どの様な人なのでしょうか? 何を体験したのでしょうか? お聴き下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「マグダラのマリア」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
5月19日の放送 [光とともに]
2016/05/18(水) 10:00
「東北の緑に染まれ君の青春」約30年前、秋田県で持たれた高校インターハイのスローガンです。この季節、気持ちが良いですね。いのちの源である神につながり、天からの恵みの風を味わいたいものです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「緑の季節」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
5月12日の放送 [光とともに]
2016/05/11(水) 10:00
この話に出て来る星野富弘さんの体験はその場面が見えるようですね。お母さんの愛がにじみ出ていますね。そしてこれがきっかけとなってまた絵を描かれるようになったのでしょうか。愛は人を動かしますね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「母のぬくもり」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
5月5日の放送 [光とともに]
2016/05/04(水) 10:00
母の日が近くなりましたが、東海林牧師が母の日とは何なんか、いかにあるべきかを話しています。考えさせられました。「母の日だから何かをするのではなく、心から母に感謝する日こそ、母の日だと思います」との言葉が印象に残りました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「母の日」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
4月28日の放送 [光とともに]
2016/04/27(水) 10:00
英国の首相だったウィンストン・チャーチルの話はとても良い話ですね。2度も同じ人に助けられたのですね。この実話はお聴きになった方が良いですね。プールでおぼれた少年が何十年も後にまた同じ人に助けられる事は誰が想像したでしょうか。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「水の上に投げたパン」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
4月21日の放送 [光とともに]
2016/04/20(水) 10:00
あなたは「何をして良いのか分からない」という時はありませんか? 「何もやる気が起こらない」という時はありませんか? こういう事があるのが人生でしょう。多くの人がこの様な体験をされる時があるのではないでしょうか? 東海林牧師のメッセージをお聴き下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「わたしは漁に行く」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
4月14日の放送 [光とともに]
2016/04/13(水) 10:00
羽田空港は世界一清潔な空港なのです。清掃員が700人もいるとの事ですから驚きですね。何の分野においても世界一になるのは大変な事でしょう。人数が沢山いれば上位になれるわけではありません。羽田空港が世界一になった背景を東海林牧師が話して下さいます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「プロとして」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
4月7日の放送 [光とともに]
2016/04/06(水) 10:00
ユダヤ系ポーランド人のコルチャック先生をご存知でしょうか? ナチスの強制収容所に入れられました。彼は収容所に入れられる前に逃げるチャンスはあったのですが、逃げなかったのです。どうして逃げなかったのでしょうか? お聴き下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「コルチャック先生」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
3月31日の放送 [光とともに]
2016/03/30(水) 10:00
東海林牧師が「旅を完成するのは、家に帰って来た時ではないか」という言葉を紹介しておられますが、「なるほど」と思いました。あなたはよく旅をなさいますか? その旅が終わり、家に帰った時にはどの様に過ごしておられますか? 良い完成になっておりますか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「旅の完成」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
3月24日の放送 [光とともに]
2016/03/23(水) 10:00

2年程前に亡くなられた俳優の高倉健さんは「何をしたかではなく、何をしようとしたか」と、言われたそうです。結果が重んじられる時代です。特のスポーツの世界では結果が重んじられます。野球で26人を三振に打ち取っても最後にホームランを打たれますと負けになるのです。健さんの言葉、考えさせられます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「何をしようとしたのか」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

3月17日の放送 [光とともに]
2016/03/16(水) 10:00

イエス・キリストの12弟子の中には数組の兄弟がいます。ヤコブとヨハネは兄弟でした。ヨハネは気性が激しく「雷の子」と呼ばれましたが、イエスに接している内に変えられました。人間は変る事が出来るのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ヨハネの兄弟ヤコブ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

3月10日の放送 [光とともに]
2016/03/09(水) 10:00
2004年アテネ・オリンピックのマラソン競技においてはあのような事件があったのですね。あの妨害が無ければ金メダルだったかもしれません。しかし、銅メダルを感謝して受けた事は感動ですね。人生、良い方を見て進みたいものです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「バンデルレイ・デリマ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師
3月3日の放送 [光とともに]
2016/03/02(水) 10:00

東海林牧師から琴奨菊力士の話が出るとは思いませんでした。日本出身力士の優勝が約10年間無かったわけですから今回の優勝は日本人に大きな感動を与えたのでしょう。角番経験が5回というのはつらかったでしょう。それにもめげず努力を積み重ねた結果だったでしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「大関琴奨菊」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

2月25日の放送 [光とともに]
2016/02/24(水) 10:00

シリアの難民について東海林牧師が語っています。シリアに限らず難民の問題は大きな問題になっていますね。家を追われた方々のために一日も早い解決をお祈りいたします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「隣人愛に生きるために」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

2月18日の放送 [光とともに]
2016/02/17(水) 10:00

新約聖書の4福音書によりますと、イエス・キリストに兄弟がいた事が分かります。その中の一人はヤコブです。しかしこの人の名前は2回しか出て来ませんので、どの様な人だったか良く分かりません。東海林牧師がヤコブに焦点を合わせて話して下さっています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「謙虚なまなざし」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

2月11日の放送 [光とともに]
2016/02/10(水) 10:00

「友の振りをする友もあり、兄弟よりも愛し、親密になる人もある」(旧約聖書・箴言18章24節)この聖句は今日の東海林先生のメッセージのまとめの聖句です。何でも語り合える真の友がいる人は素晴らしいですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「喜ぶ者と喜び」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

2月4日の放送 [光とともに]
2016/02/03(水) 10:00

修学旅行での思い出は何でしょうか? 旅館の相部屋でまくら投げをした事が思い出の一つとなっている人は多いでしょう。まくら投げで盛り上がっている部屋に先生が入ったら、その先生はその後、どうするでしょうか? 人の過ちの取り扱いは難しいです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「あやまちを覆う愛」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

1月28日の放送 [光とともに]
2016/01/27(水) 10:00

モーセが竿の上に掲げた青銅のへびを見た者はたとえ蛇の毒が回って死にかかっていても助かったのです。しかし、その知らせを聞いてもそれを無視し、見なかった者はそこで毒のために死んだのです。見るか見ないかが助かるか死ぬかの分かれ道でした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「青銅の蛇」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

1月21日の放送 [光とともに]
2016/01/20(水) 10:00

「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい」(新約聖書:ローマの信徒への手紙12章15節)

これは聖書が教える大切な生き方ですが、この様に生きた人がタビタです。この人が亡くなった時、不思議な事が起こりました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「慰めの人として」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

1月14日の放送 [光とともに]
2016/01/13(水) 10:00

イエス・キリストの12弟子の中にアンデレという人がいました。彼の名前の意味は「男らしい」です。そのアンデレがどの様な事をしたのかを東海林牧師が語っています。英語圏ではアンデレという名前の人が沢山いますが、男らしくあって欲しいと親が願ってその名前が付けられたのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ペテロの兄弟アンデレ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

1月7日の放送 [光とともに]
2016/01/06(水) 10:00

「お給料は自分の仕事を見てもらい、その仕事に値するだけいただければ結構です」と言って雇ってもらったとの事、大きな賭けですね。この様にして色々な所で働いた人がいるのです。一体どんな仕事をしている人がこの様に言ったのでしょうか? お聞き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ある石工の仕事」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

12月31日の放送 [光とともに]
2015/12/30(水) 10:00

イギリスの作家ノエル・ストレスフィールドは次の様に言っているそうです。「お金を失った者はわずかを失った者、名誉を失った者は多くを失った者、しかし、希望を失った者は全てを失った者」大みそかに当り東海林牧師が希望を持つことについてメッセージします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「希望の人として」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

12月24日の放送 [光とともに]
2015/12/23(水) 10:00

クリスマス・イブに相応しいメッセージを東海林牧師が語っています。素晴らしい詩が紹介されましたが、最後の「貧しい者を尋ねて来るのは神以外いません。」の言葉が非常に印象に残りました。メリー・クリスマス。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「メリー・クリスマス」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

12月17日の放送 [光とともに]
2015/12/16(水) 10:00

イエス・キリストの母マリヤについては「処女マリヤが身ごもった」と、言われています。常識的、科学的には考えられない事ですが、聖書はその事をどの様に教えているのでしょうか? 東海林牧師がその事が書いてあるところを聖書を読んで話しています。処女マリヤの受胎の背景をお聴き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「マリアの信仰」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

12月10日の放送 [光とともに]
2015/12/09(水) 10:00

キリスト誕生の時、東の国から博士が贈り物を持って来た事は新約聖書に書いてありますのでご存知の方も多いです。「もう一人の博士」という作品があります。作品ですから聖書には書いてありませんが、多くの人の心を打つ素晴らしい作品です。どの様な作品でしょうか。お聴き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「もう一人の博士」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

12月3日の放送 [光とともに]
2015/12/02(水) 10:00

キリスト誕生の時、東の国から来た博士たちが黄金、乳香、もつやくを贈り物として捧げた事が新約聖書に書いてあります。この3つの捧げ物には意味がありました。その意味を東海林牧師が語っています。どの様な意味があったのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「博士たちの贈物」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

11月26日の放送 [光とともに]
2015/11/25(水) 10:00

オー・ヘンリーの「賢者の贈り物」が紹介されています。若い二人は自分が一番大切にしている物を売って相手へのプレゼントとしたのです。しかし、それは役に立たない贈り物となったのです。しかし、二人はその役に立たない贈り物によって夫婦愛を確認したのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「愛のプレゼント」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

11月19日の放送 [光とともに]
2015/11/18(水) 10:00

キリスト教信者は「イエス・キリストは処女マリヤから誕生した」と言います。聖書にその様に書いてあるからです。すると「そんな事は科学的に、医学的にあり得ないでしょう。」と、言われます。婚前妊娠を知った婚約者のヨセフは苦しみます。その妊娠の背景をお聴き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「イエスの父ヨセフ2」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

11月12日の放送 [光とともに]
2015/11/11(水) 10:00

聖書によりますと、ヨセフとマリヤは婚約はしていましたが、男女の関係はもっていませんでした。しかし、マリヤは男女の関係によってではなく、聖霊によって身ごもったと書いてあります。マリヤの妊娠を知ったヨセフは非常に苦しみます。ヨセフはどうしたでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「イエスの父ヨセフ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

11月5日の放送 [光とともに]
2015/11/04(水) 10:00

私は父方も、母方も祖父の名前までしか知りません。その前にはどんな人がいたのかは全く分かりません。資料がないからです。新約聖書のマタイによる福音書はイエス・キリストの系図で始まっています。なぜ、そこに系図が出て来るのでしょうか? その意味を東海林牧師が語っています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「イエスの系図」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

10月29日の放送 [光とともに]
2015/10/28(水) 10:00

ヨセフの生涯は波乱万丈でした。聖書によりますと彼には「主が共におられた」と度々書いてあります。主とは神様のことです。奴隷としてエジプトに売られたヨセフでしたが、主が共におられる事によってやがてエジプトの総理大臣にまでなったのです。いつも主が共におられる事を意識して歩みたいものです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「牢獄のヨセフ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

10月22日の放送 [光とともに]
2015/10/21(水) 10:00

イエス・キリストと弟子たちはユダヤ人です。ユダヤ人は外国人を「異邦人」と呼び、色々な差別をしておりました。ある異邦人の母親が自分の子を癒していただきたいとイエス・キリストにしつこく願いました。さあ、キリストは助けを求める異邦人にどうされるでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「親の愛」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

10月15日の放送 [光とともに]
2015/10/14(水) 10:00

今から約2000年前にイエス・キリストが十字架に貼り付けにされた時、聖書によりますと、他に二人の人も十字架につけられたことが分かります。そしてこの二人は非常に対照的な行動を取っています。彼ら二人はどの様な行動を取り、その結果はどの様になったのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「思い出してください」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

10月8日の放送 [光とともに]
2015/10/07(水) 10:00

季節を色で表す言葉は色々あるようですが、秋に関して色で考えてみましょう。東海林牧師が中国の人が考える色の例を出しておられます。色々な色がありますね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「すべてを美しくする秋」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

10月1日の放送 [光とともに]
2015/09/30(水) 10:00

キリストの「ぶどう園の労働者」というたとえ話はこの世界の価値判断ではなく、神の国の価値判断を教えています。神の国の価値判断はこの世の価値判断とは違うのです。働いた時間の長さによってではなく、その長さに関係なく同じ報酬を下さる神様なのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「5時からの労働」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

9月24日の放送 [光とともに]
2015/09/23(水) 10:00

東海林牧師がお孫さんと遊びに行った様子が目に浮かびます。特に砂場での様子は目に見える様です。最初は取り合いだったのですが、やがて仲直りとなりました。大人にはなかなか出来ない事ですね。キリストが教えられた「幼子の様になりなさい」は何を意味するのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「幼子のように」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

9月17日の放送 [光とともに]
2015/09/16(水) 10:00

カインとアベルの捧げ物の話は捧げ物のあり方について大切な事を教えています。何を捧げても良いのでしたら、二人の捧げ物は問題はありません。あの時は血が流れるいけにえを捧げる時だったのです。野菜や果物の農産物ではだめだったのです。アベルの捧げ物はいけにえでしたが、カインの捧げ物はいけにえではありませでした。そこに違いがあったのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「真心こめて」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

9月10日の放送 [光とともに]
2015/09/09(水) 10:00

皆さんは赤い鳥居を見た時に何を考え、連想されるでしょうか? 東海林牧師は赤い鳥居を見た時に聖書のある事件を思い起こすのです。それもかなり前の出来事です。それは一体どの様な出来事なのでしょうか? お聴き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「過ぎ越しの小羊」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

9月3日の放送 [光とともに]
2015/09/02(水) 10:00

「はてしない物語」のストーりーが紹介されています。人間、何が大切であるかを考える事が必要ですね。そしてその大切なものを正しく追及してゆきたいものです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「はてしない物語」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

8月27日の放送 [光とともに]
2015/08/26(水) 10:00

夜空の星から宇宙の始まり、世界の創造へと話が進みます。世界の始まりについてどんな考えを宣べても、それを今は証明する事は出来ないでしょう。人間はどこから来て、どこに行くのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「星空を見上げて」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

8月20日の放送 [光とともに]
2015/08/19(水) 10:00

旧約聖書の創世記には人間が神様によって創造された時、神様の形に似せて造られたと書いてあります。この場合、神様の形とは外側の外見だけではなく、内面的なものも含みます。理性、善悪の観念、道徳心、宗教心等が含まれます。いわゆる家畜や動物にはこれらはありません。家畜や動物は神の形に似せて造られてはいないからです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「人間らしさ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

8月13日の放送 [光とともに]
2015/08/12(水) 10:00

神の命令に従って箱舟を作ったノアでした。現代の機械類が全くない時代に人力によってあの大きな(長さは約150メートル)箱舟を使ったのです。エネルギーも時間も財産も使ってあの箱舟を作ったのです。その信仰の人ノアでありましたが、彼にも弱さがありました。彼は何が弱かったのでしょうか? お聴き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ノアでさえ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

8月6日の放送 [光とともに]
2015/08/05(水) 10:00

あなたは夏の甲子園の高校野球をテレビでご覧になるでしょうか? 朝から夕方までの試合を毎日の様に見れるわけですから、日本人は本当に野球が好きだなと感じます。外国でこれほど高校生の野球を長時間テレビに出す国が他にあるのでしょうか? 今日は東海林牧師が高校野球を話しておられますが、話は意外な方に進みました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「少年の志」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

7月30日の放送 [光とともに]
2015/07/29(水) 10:00

東海林牧師のお話しでは、この病人の事を「重い皮膚病」と言っていますが、これは今日我々が言う皮膚病ではなく、ハンセン氏病の事です。ハンセン氏病が癒されるというこんなに素晴らしい事が起こってもたった一人の人しか感謝に来なかったのですから、私が人に何かをした時、その人が感謝の言葉を言わなくても私は気にしない様にしています。イエス様でさえ感謝されなかったのですから。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「癒された人たち」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

7月23日の放送 [光とともに]
2015/07/22(水) 10:00

聖書でイエス・キリストの行動を読むだけではなく、これは自分に何を教えているかを考える様にしています。今日、東海林牧師が語られた出来事は何を私たちに教えているのでしょうか? これをいつも考えて、聖書の話を聞き、また読みたいと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ゲラサの男」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

7月16日の放送 [光とともに]
2015/07/15(水) 10:00

旧約聖書の時代にも今で言うハンセン氏病がありました。この病気は隔離生活を強いられ、一旦この病気になりますと、もう治らない限り、元の生活には戻れません。スリヤにいたナアマンと呼ばれる将軍が預言者によってその病気を癒される出来事がありました。どの様な方法で癒されるのか、それは考えられない方法だったのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ナアマンの経験」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

7月9日の放送 [光とともに]
2015/07/08(水) 10:00

父親は長男を愛し、母親は次男を愛するという家庭では問題を生じるでしょう。予想は現実となりました。エサウとヤコブは双子の兄弟でしたが、両親のこの様な愛のために家庭の関係はとても複雑なものになりました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「イサクとリベカの偏愛」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

7月2日の放送 [光とともに]
2015/07/01(水) 10:00

NHK総合テレビの「プロフェショナル」は、世界や日本でトップの人が紹介されますが、その同じ番組を私も見ました。そして「日本一になる人のその努力、心のこめ方」に非常に教えられました。そして「やはりプロは違う」と思いました。あなたはプロですか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「心を込めて」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

6月25日の放送 [光とともに]
2015/06/24(水) 10:00

来客、特に食事を準備しなければならない来客がある時には、台所で忙しく準備しなければならない人があります。しかし、自分の妹が手伝いをしないで、その来客と話し込んでいたらどう思うでしょう。まさにその事がありました。その時、キリストはこの様な教えをされたのです。どの様な教えでしょうか? お聴き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「無くてならないもの」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

6月18日の放送 [光とともに]
2015/06/17(水) 10:00

東海林牧師が頭髪の例をとって「神はあなたの全ての事をご存知です」と語っておられます。神は過去、現在、未来の事、動植物を初め、各分野の事、そして人間の心の中でさえご存知です。神の全知性が神の印の一つと考える事が出来ます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「髪の毛までも」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

6月11日の放送 [光とともに]
2015/06/10(水) 10:00

「私たちは自分の犯した事で後悔する事がありますが、なすべき事を怠る事で後悔する事もあります」と東海林牧師は言っています。確かにそうですね。あなたはなすべき事を怠った事で後悔したことがありますか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「蟻のところに行って」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

6月4日の放送 [光とともに]
2015/06/03(水) 10:00

相手が誰であるかを知らなかったアイルランドの少女は、荷物を運んでもらった次の日に本当に驚いたでしょうね。このエピソードについて考えるべき点を東海林牧師が3つ挙げておられますが、本当にそうだと思いました。偉大な人の違いが分かるお話です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「偉大な人物」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

5月28日の放送 [光とともに]
2015/05/27(水) 10:00

アメリカの大統領であったリンカーンが「40歳になったら人間は自分の顔に責任を持たねばならない」と言った事は良く知られています。日々の積み重ねがその人の顔を作るのですね。さて、あなたはどんな顔をしていらっしゃいますか? 今日はこの事を考えて生活致しましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「一日一生」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

5月21日の放送 [光とともに]
2015/05/20(水) 10:00

新約聖書の中に書いてあるイエス・キリストによる「中風患者の癒し」の奇跡は現代日本でしたら、器物破損、家宅侵入罪で捕えられる様な出来事です。一体、何があったのでしょうか? お聴き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「四人の友の信仰」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

5月14日の放送 [光とともに]
2015/05/13(水) 10:00

人間が味わう大きな痛み、悲しみ、苦しみは肉親との別れです。息子を亡くして悲しむ母親に対してイエス・キリストはあわれに思いその息子を蘇らされたのです。その母親はどんなに喜んだことでしょうか。キリストは沢山の人々の病を癒されましたが、蘇らされたのはほんの少しです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ナインのやもめ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

5月7日の放送 [光とともに]
2015/05/06(水) 10:00

イエス・キリストの十二弟子の一人のトマスは「疑い深いトマス」と言われています。どうしてそのような事になったのでしょうか? その背景を東海林牧師が説明しています。死んだイエス・キリストが復活し、そのイエスに会った弟子がトマスに「イエス・キリストは蘇られた」と言われてもトマスはそれが信じられなかったのです。これは簡単に信じられる事ではありません。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「疑い惑うトマス」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月30日の放送 [光とともに]
2015/04/29(水) 10:00

バーバリーマカクという猿の生態は珍しいですね。男としての一人前姿は子育てのために子供を預けられる事だそうです。もし、これが人間社会でも同じであれば、歴史は変っていたという事が出来るでしょうね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「バーバリーマカク」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月23日の放送 [光とともに]
2015/04/22(水) 10:00

東海林牧師は「盲人バルテマイの癒しはキリストによる救いのプロセスを示している」という意味の事を言っておられます。人はどの様なプロセスを経て救われるのでしょうか? これは大切な事です。お聴き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「バルテマイ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月16日の放送 [光とともに]
2015/04/15(水) 10:00

東海林牧師が高見順氏の詩集「死の淵より」について語っています。この詩集に関して東海林牧師の牧師としてのとらえ方を知る事が出来ます。あなたとは違った面があるでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「日々の輝き」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月9日の放送 [光とともに]
2015/04/08(水) 10:00

「信仰の父」と呼ばれるアブラハムに育てられたイサクでしたが、この井戸の話を伺って彼の忍耐心には驚きますね。人はあの様にまでなれるのでしょうか。考えさせられました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「広い場所」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月2日の放送 [光とともに]
2015/04/01(水) 10:00

東海林牧師は、もし「永遠の命を得る方法セミナー」と「間違いなく確実にお金を得るための賢くなる方法セミナー」があれば、どちらに関心を持つでしょうか? と、質問していますが、あなたはどちらのセミナーに関心がありますか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「善悪を知る木」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

3月26日の放送 [光とともに]
2015/03/25(水) 10:00

「信仰は幻想なのでしょうか?」あなたはこれに関してどの様にお考えでしょうか? これについて東海林牧師が話しています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「深いまなざし」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

3月19日の放送 [光とともに]
2015/03/18(水) 10:00

東海林牧師は「願いが実現したから信じるのではなく、信じる時に道が開かれる事をこの奇跡の出来事は教えています」と、言っていますが、どんな奇跡があったのでしょうか? そしてどのようにしてそれにあずかったのでしょうか? お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ベテスダの池」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

3月12日の放送 [光とともに]
2015/03/11(水) 10:00

ニコデモは教育を受けた大人であるので、イエス・キリストが「新しく生まれなければならない」と言われた時に、それは肉体の誕生ではない事は十分に分かっていたと思うのですが、あのように質問しています。どうしてでしょうか? それを考えましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ニコデモ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

3月5日の放送 [光とともに]
2015/03/04(水) 10:00

東海林牧師が、パンを必要としているのは体だけではなく心にも必要であることを説いています。体のためのパン、心のためのパン・・・忘れてはならない大切な事です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「花の季節」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

2月26日の放送 [光とともに]
2015/02/25(水) 10:00

富める青年がイエス・キリストに永遠の命を得る方法を尋ねました。キリストは掟を守る事を教えられた後、「もし、完全になりたいのなら、行って持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい・・・それから私に従いなさい」と言われましたが、この教え、字義通りにとって良いのでしょうか。そこを東海林牧師が説明しています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「富める青年」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

2月19日の放送 [光とともに]
2015/02/18(水) 10:00

八木重吉の詩・・・「私に出来ない良い事を、他の人がしたのを見れば嬉しい」あなたはこれと同じ気持ちになれるでしょうか? 人間はいつもこうあれるとは限りません。悲しいかな反対の気持ちになる場合もあるかもしれません。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「幼子のように」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

2月12日の放送 [光とともに]
2015/02/11(水) 10:00

女が自分の乳飲み子を忘れるであろうか。

母親が自分の産んだ子を憐れまないであろうか。

たとえ、女たちが忘れようとも

わたしがあなたを忘れることは決してない。

 <旧約聖書・イザヤ書49章15節>

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「素晴らしき哉、人生」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

2月5日の放送 [光とともに]
2015/02/04(水) 10:00

新約聖書の中にバルナバと呼ばれた人がいます。イエス・キリストの昇天後、初代の教会では大切な人だったのですが、彼はどんな人だったのでしょうか? また、彼は何をしたのでしょうか? 彼から何を学ぶ事が出来るのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「慰めの人、バルナバ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

1月29日の放送 [光とともに]
2015/01/28(水) 10:00

聖書の中に12年間婦人病を患っていた女性が、イエス・キリストの衣の裾に触る事によって彼女の病気が癒された奇跡が記されています。その奇跡はどの様にして起こったのでしょうか? 東海林牧師のお話をお聴き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「12年間長血を患った女」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

1月22日の放送 [光とともに]
2015/01/21(水) 10:00

「きずな」が精神生活だけではなく、人間の健康にさえ影響を与えているというお話です。分かる様な気がします。精神と肉体はお互いに影響しあうからです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ロゼット伝説」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

1月15日の放送 [光とともに]
2015/01/14(水) 10:00

今から約2000年前のキリストの時代、処刑される人は自分がかけられる十字架を刑場まで運ばねばなりませんでした。しかし体力の限界に来ていたキリストはそれを運ぶことが出来ませんでした。代わりにそれを無理矢理に負わされたのがクレネ人のシモンでした。そこに隠された意味を東海林牧師が解説しています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「クレネ人シモン」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

1月8日の放送 [光とともに]
2015/01/07(水) 10:00

新約聖書に登場するこの女性は「サマリヤの女」と呼ばれていて暗い過去を持っていました。そして人目をさけて人が水汲みに来ない暑い時間帯に水汲みに来たのです。東海林牧師は「この女性は現代人と無関係ではない」と言います。ではどの様な意味で関係があるのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「サマリヤの女」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

1月1日の放送 [光とともに]
2014/12/31(水) 10:00

東海林牧師の新春の挨拶とメッセージです。2015年も色々な問題、困難が私たちに襲って来るでしょう。その時にどの様に考え、どの様にすべきかが話されています。このメッセージを心の支えとして歩みたいものです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「恐れるな」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

12月25日の放送 [光とともに]
2014/12/24(水) 10:00

クリスマスおめでとうございます。

インドの詩人でノーベル賞受賞者のタゴールはこの様に言っているそうです。「全ての赤ちゃんは神がまだ絶望していないというメッセージを携えて生まれて来る」2000年前にキリストの誕生は何を意味するのでしょうか? お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「メリークリスマス」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

12月18日の放送 [光とともに]
2014/12/17(水) 10:00

1992年のバルセロナ・オリンピックでこの様な事があった事は初めて知りました。この選手のお父さんの気持ちを思うと、ジーンと来ました。我子を思う親の気持ちが伝わって来ました。人生にこの様にして一緒に歩いてくれる人がいれば素晴らしいです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「苦しむ誰かに肩を」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

12月11日の放送 [光とともに]
2014/12/10(水) 10:00

「死の谷を過ぎて・・・クワイ河収容所」の本の紹介がされていますが、実話が持つ力は大きいですね。小説には無い力がありますね。私もこのノンフィクションの本を読みたくなりました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「いかに小さなことでも」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

12月4日の放送 [光とともに]
2014/12/03(水) 10:00

イエス・キリストに「私に従いなさい」と言われて、弟子になった人がいますが、その中の一人はマタイでした。彼はお金は持っていましたが、同国人のユダヤ人にとても嫌われていた人です。その様な人がどうしてあの貧乏なイエス・キリストに従ったのでしょうか? お聴き下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「マタイ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

11月27日の放送 [光とともに]
2014/11/26(水) 10:00

高校野球の8回で8点差であったものを9回で大逆転したという信じられない様な事があったのですね。必ず勝つという「必勝」は良く知られていますが、必ず笑うという「必笑」は初めて聞きました。勝っても負けても笑う・・・なかなか出来る事ではありませんね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「必笑」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

11月20日の放送 [光とともに]
2014/11/19(水) 10:00

東海林牧師の預言者エリシャの体験からの教えは素晴らしいですね。水の源まで行って解決を与えました。問題を抱えた時、この水の源に行くという事が必要な場合があるように思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「水の源」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

11月13日の放送 [光とともに]
2014/11/12(水) 10:00

輝ける女性と言われている滝川クリステルさんがオリンピック誘致のスピーチで言われた「お・も・て・な・し」は世界に知られる日本語となりました。これが実行されると心が通じ合うオリンピックとなることでしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「おもてなし」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

11月6日の放送 [光とともに]
2014/11/05(水) 10:00

私たちの毎日の命を曇らせてしまうもの、それは『べき』と『もし』だそうです。これ一体どの様な意味なのでしょうか? お聴きください。有益なメッセージが聞けるでしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:『「べき」と「もし」』 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

10月30日の放送 [光とともに]
2014/10/29(水) 10:00

東海林牧師が新聞にあった投書を紹介しておられます。心温まるお話です。私たちが出す言葉が人の祝福になれば素晴らしいですね。その様な言葉を出すものでありたいです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「親切な言葉」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

10月23日の放送 [光とともに]
2014/10/22(水) 10:00

「晩鐘」や「落ち穂拾い」などで有名な画家ミレーとルソーの友情の実話は素晴らしいですね。「接ぎ木をする男」の絵の背景にはあの様な友情があったのですね。心温められる思いがしました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「頼もしい友」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

10月16日の放送 [光とともに]
2014/10/15(水) 10:00

米国財界の大物ハウエルは3つの基本的姿勢をこのように言っているそうです。「人との約束を守り、自己を反省し、より良い方法を検討する」。これは仕事だけではなく、人間の生き方にも応用出来るものですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「仕事での成功」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

10月9日の放送 [光とともに]
2014/10/08(水) 10:00

ボランティア活動の基本原則・・・①自分のペースに合わせるのではなく、②相手の必要にこちらが合わせる事です。そしてしてあげるのではなく、させていただくのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ボランテイアの心」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

10月2日の放送 [光とともに]
2014/10/01(水) 10:00

「日本人は人より前に出るのを控え、横並びになります。いつも人と自分を比較して前に飛び出さず、横並びで生きようとします」という意味の事を言っている人がいました。確かにその様な傾向があるでしょう。いつも自分を人と比較して生きるのではなく、自分は自分として自分の生き方で良いのではないでしょうか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「あるがままに」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

9月25日の放送 [光とともに]
2014/09/24(水) 10:00

新約聖書のルカによる福音書の中に「良きサマリヤ人」と呼ばれるイエス・キリストのたとえ話があります。なぜ、その教えがなされたのか、だれが隣人なのか、そして我々はどの様にすれば良いのかを東海林牧師が語っています。お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「良きサマリヤ人」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

9月18日の放送 [光とともに]
2014/09/17(水) 10:00

笑いや笑顔が健康に良いと言われています。面白い落語を聞かせ、聞く前と後の免疫力の変化で、笑いは治療に効果ありと考えて治療法に使っている病院もあるようです。今日は笑い、笑顔について考えましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「笑う門には」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

9月11日の放送 [光とともに]
2014/09/10(水) 10:00

あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日が来たり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に

 <旧訳聖書・伝道の書12章1節(口語訳)>

この聖書の言葉に関係あることを東海林牧師がメッセージしています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「充実した晩年とするために」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

9月4日の放送 [光とともに]
2014/09/03(水) 10:00

生物の誕生や、母親が子どもを守って懸命に育てる内容を扱ったテレビの番組がありますが、その献身的働きは単なる本能という言葉では済まされないものがあります。その様な例を東海林牧師が紹介しています。さて、人間の場合はどうでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「美しき献身」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

8月28日の放送 [光とともに]
2014/08/27(水) 10:00

アメリカ映画史上に残る作品の一つは「ベンハー」でしょう。あの作品がどの様にして世に出るようになったかを東海林牧師が話しています。そのいきさつを知る時に「そうだったのか!!」と驚きました。彼の真剣さを神様が導かれたのだと思いました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「ルー・ウォーレス」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

8月21日の放送 [光とともに]
2014/08/20(水) 10:00

新約聖書のルカによる福音書の中に「放蕩息子のたとえ」と呼ばれるイエス・キリストの有名な教えがあります。あなたはそのストーリーをご存知でしょうか? そのストーリーを東海林牧師が分かりやすく話しています。ストーリーをお聴きくださり、そこでイエス・キリストは何を教えようとしておられるかをお考え下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「放蕩息子」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

8月14日の放送 [光とともに]
2014/08/13(水) 10:00

東海林牧師はメッセージの最後に聖書の言葉を引用しています。サムエル記上の言葉ですが、人間が見る見方と神様が見る見方の違いを説明しています。人間は外側を見て判断を下すのですが、神様は人間の内部をご覧になるのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「校則」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

8月7日の放送 [光とともに]
2014/08/06(水) 10:00

フランスのパン職人との出会いが成瀬さんの人生を変えましたね。そして世界3位に選ばれたというのですから、目標を持ち、そのために最大の努力を払った結果でしょう。パン職人に限らず、全ての職に当てはまる尊い教訓だと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「門は開かれる」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

7月31日の放送 [光とともに]
2014/07/30(水) 10:00

イスラエルとパレスチナの戦争は終わり無き戦いのように見えます。パレスチナ人でイスラエルの病院で働く医師がいるそうです。彼の家族はイスラエルの攻撃によって殺されました。それなのになぜイスラエルの病院で働くのでしょうか? お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「憎まないこと」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

7月24日の放送 [光とともに]
2014/07/23(水) 10:00

聖書の中に出てくる「タラント」は能力を意味する言葉です。そして「あの人はスポーツのタラント、音楽のタラントがある」という使い方をしています。確かにタラントは多い少ないの差はあります。東海林牧師がタラントの数ではなく、何が大切であるかを語っています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「タラントのたとえ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

7月17日の放送 [光とともに]
2014/07/16(水) 10:00

東海林牧師が芥川龍之介の「雲の糸」の内容を紹介しておられます。この短い放送時間内に紹介出来るのかなとちょっと心配しましたが、心配は無用でした。そしてその内容がキリスト教的、生き方に結び付けられたのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「蜘蛛の糸」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

7月10日の放送 [光とともに]
2014/07/09(水) 10:00

イエス・キリストには12人の弟子がいたことはよく知られています。その中の数人はガリラヤ湖で魚を取って生活していた漁師です。そしてその漁師に向かってキリストは常識では漁があり得ない時間帯に「網を降ろしてみなさい」と言われました。さあ、結果はどうなったでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「お言葉ですから」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

7月3日の放送 [光とともに]
2014/07/02(水) 10:00

「王様の耳はロバの耳」から東海林牧師が語っています。さて、この話からメッセージポイントがどの様な事になるのだろうか?、と考えつつ聞きましたが、私の想像とは違った方に進みました。あなたはどうお考えになったでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「王様の耳」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

6月26日の放送 [光とともに]
2014/06/25(水) 10:00

あなたは「当たり前」と思っていたことが実は当たり前ではない事を体験された事はないでしょうか? 東海林牧師がこの体験をされました。その貴重な体験から我々が考えねばならない事を語っておられます。それは何でしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「初めの愛」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

6月19日の放送 [光とともに]
2014/06/18(水) 10:00

環境に左右される事の無い強さを身につけた人であれば、充実した人生を送る事が出来るでしょう。東海林牧師が、ある一人の女性の健康の秘訣を伺った事を通してこの事を語っています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「たくましさ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

6月12日の放送 [光とともに]
2014/06/11(水) 10:00

家庭のあり方、特に家庭団欒の必要性について東海林牧師が語ります。家庭が癒しと新しい力を受ける場所でありたいものです。家はあっても家庭が無いという事にならないようにしたいものです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「家庭」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

6月5日の放送 [光とともに]
2014/06/04(水) 10:00

新約聖書の中にはイエス・キリストがなさった「5,000人の給食」と呼ばれる奇跡があります。それはどのようにして起こったのか、その奇跡に関して考えるべきこと、その奇跡とわたしたちとの関係について東海林牧師が静かに語ります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「5つのパンと2匹の魚」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

5月29日の放送 [光とともに]
2014/05/28(水) 10:00

大切にしている品物を盗まれて、それが原因で自殺をする人はいないでしょう。しかし、傷つけられた一言で自殺する人はいるでしょう。ここに言葉の持つ力があります。出す言葉に注意しましょう。今日はちょっとした一言について考えましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「父の一言」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

5月22日の放送 [光とともに]
2014/05/21(水) 10:00

アメリカの教育者であり、宗教者のエレン・G・ホワイトの言葉は素晴らしいものがあります。今日は東海林牧師が「人類のあけぼの」という本の中から素晴らしい言葉を引用しておられます。お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「自己否定の一歩」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

5月15日の放送 [光とともに]
2014/05/14(水) 10:00

オスカー・ワイルドの「幸福な王子」という作品があります。そのストーリーの中にある教訓は何でしょうか? そこをお考えになって下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「幸福な王子」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

5月8日の放送 [光とともに]
2014/05/07(水) 10:00

1960年のローマオリンピックで陸上の100メートル、200メートル、400メートルリレーで金メダルを取ったのはアメリカの女性ランナーでした。その彼女が小児麻痺だったとは信じられません。その母親の娘のための努力を伺い、本当に驚きました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「希望の人、ウイルマ・ルドルフ」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

5月1日の放送 [光とともに]
2014/04/30(水) 10:00

あなたは「星の王子様」をお読みになりましたか? 東海林牧師がこの作品のストーリーを紹介して私たちが生きる上での大切な事を語っています。それは一体何でしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「星の王子様」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月24日の放送 [光とともに]
2014/04/23(水) 10:00

長年の間に沢山の人をみとった臨床医が次の様に言っておられるそうです。「臨終の時の人間の顔を二つに分ける事が出来る。穏やかな顔と険しい顔です。」そしてその顔はどの様な職業の人に多いかを語っておられます。臨終の時、あなたの顔、私の顔はどちらの顔になるでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「人生の幕に向けて」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月17日の放送 [光とともに]
2014/04/16(水) 10:00

イエス・キリストの前に姦淫の現場で捕まえられた女性が差し出され、彼にユダヤ教の宗教家が質問する場面があります。非常に難しい立場に立たされたキリストは何とお答えになったでしょうか。そしてそれは何を意味するのでしょうか? 東海林牧師が解説しています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「罪のない者が」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月10日の放送 [光とともに]
2014/04/09(水) 10:00

長年保険の仕事に携わっておられるベテランセールスマンは「人を動かすものは3つある」と言っておられます。 ①恐怖 ②損得勘定 そして3番目は何だと思われますか? お聴きください。「なるほど」と思われるでしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「人を動かすもの」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師

4月3日の放送 [光とともに]
2014/04/02(水) 10:00

木曜日のスピーカーが変わります。これからは横浜市にあります「亀甲山教会牧師の東海林氏」です。今日は「生徒たちをしかで見ずに、ならで見よう」です。さて、これは一体何の事なのでしょうか? お聴きください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「これならできる」 メッセンジャー:東海林正樹・牧師