4月24日の放送 [光とともに]
2013/04/23(火) 16:56

 月刊誌サインズの記事の紹介です。三育学院には「ATI(アジアと共に生きる会)」と呼ばれるグループがあり、毎年アジアでボランティア活動をしています。水道工事、学校の設備工事、教会建築、健康教育、文化交流などをしています。現地の人と同じ生活をして、共に働き、表面的でない異文化交流がなされています。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ

4月17日の放送 [光とともに]
2013/04/16(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」記事の紹介です。今回は4月号の「介護者のための人間関係講座」の記事からです。介護者が少ない時代にはこの様な記事はあまり書かれなかったでしょう。しかし、時代はこの様になりました。ご参考になると思います。お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ

4月10日の放送 [光とともに]
2013/04/09(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「眠りの多様性」です。地球上の生き物にはこんなに色々な眠り方があったのかと驚きました。確かに地球の裏側まで海上を渡る渡り鳥が、眠りのためにどこかで木に止まって眠るという事は出来ません。生き物は神様によって本当に良く作られていますね。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ

4月3日の放送 [光とともに]
2013/04/02(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今日は「弁当力・・作って変る子供たち」です。弁当力???と思いました。「弁当の日」という日があるそうです。子供たちが自分の弁当を作る日です。自分で弁当を作る子供たちは何がどの様に変るのでしょうか? お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ

3月27日の放送 [光とともに]
2013/03/26(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は本郷牧師の「ルカによる福音書」の解説です。マルタとマリヤ姉妹の行動から、「なすべき事とあるべき姿」が教えられています。これは考えさせられる言葉です。いつもなすべき事とあるべき姿を考えて行動したいと感じました。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


3月20日の放送 [光とともに]
2013/03/19(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は睡眠に関してです。一体毎日何時間寝れば良いのでしょうね。色々なデーターの発表があり、興味深かったです。あなたにとってちょうど良い時間を発見して下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


3月13日の放送 [光とともに]
2013/03/12(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回はセブンスデー・アドベンチスト福島教会牧師がお書きになった「福島は今」です。地震、津波だけではなく原発事故によってその後、福島はどのようになったのでしょうか? 数人のその後の例が紹介されていますが、復興には時間がかかりますね。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


3月6日の放送 [光とともに]
2013/03/05(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「与えると強くなる命の仕組み」についてです。これを伺っておりますと、「命って、本当に上手い仕組みで出来ているな」と感じます。命のために必要なものほど、身の回りに沢山ある事が分りました。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


2月27日の放送 [光とともに]
2013/02/26(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。「かすみのかかった家族」・・・どんな家族を言っていると思いますか? 誰が何を考えているか分らない、お互いの事をどう思っているか分らない家族です。あなたの家族はかすみのかかった家族ではありませんか?

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


2月20日の放送 [光とともに]
2013/02/19(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「甘い物」を食べる事に関してです。砂糖の消費量が文明国の印の様に思われていますが、甘い物には多くの危険が潜んでいます。それがどの様に悪いのかを共に考えてみましょう。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


2月13日の放送 [光とともに]
2013/02/12(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。「やるべき事」と「やりたい事」は区別しなければなりません。やりたい事がやるべき事とは限らないからです。・・・ここが心に残りました。あなたはいかがでしょうか? 区別出来ておりますか?

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


2月6日の放送 [光とともに]
2013/02/05(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今日は「天寿への道」です。100歳を越えた人々の生活が紹介されていますが、この様な人が多いそうです。食事は少なめで、多くの野菜をとり、魚もよく食べます。仕事好きで一生懸命打ち込んで来た人が多いそうです。活動的で、意欲的で、積極的な人が多いそうです。他にもいくつかの特徴が紹介されています。お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


1月30日の放送 [光とともに]
2013/01/29(火) 10:00

 水曜日は月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。1月号ですから今年の新しい連載記事があります。今日は「マナーは思いやりの表現です」の新連載記事の1回目です。玄関から上がり、靴の向きを変えるのはスリッパを履く前か、それとも履いた後かはどちらがマナーにあっているのでしょう? お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


1月23日の放送 [光とともに]
2013/01/22(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今月から新シリーズが始まりました。その中の一つは「介護者のための人間関係」です。そして今回は「聞くで深まる理解と信頼」です。少子高齢化によって「介護」は日本が抱える大きな課題となりました。1年間共に学びましょう。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


1月16日の放送 [光とともに]
2013/01/15(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。新しい連載記事である「コーチング」に関してです。コーチとは何か、コーチングとは何か、から始まり、コーチングの基本が語られています。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


1月9日の放送 [光とともに]
2013/01/08(火) 10:00

 月刊誌サインズの連載記事として今年から「万病を防ぐ眠り方」が始まりました。そして1月号は「夢の役割」です。あなたはよく夢を見ますか? 人間は一晩に4〜5回夢を見ているそうですね。睡眠中の夢についてお聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


1月2日の放送 [光とともに]
2013/01/01(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今日は「低エネルギーへのまなざし/石油ピークをいかに乗り切るか」です。地球の大きさは決まっているわけですから、石油を使い続ければやがてそれは無くなってしまう事は分ります。この記事の著者は地球にある石油の半分はすでに使われていると言っています。それではこのまま今までと同じ様に使い続けて良いのでしょうか? お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


12月26日の放送 [光とともに]
2012/12/25(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。「居がい」と「行きがい」は興味あるポイントをついていますね。それも二人の冒険家との関係も面白いと思いました。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


12月19日の放送 [光とともに]
2012/12/18(火) 10:00

 水曜日ですから月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。フィンランドのクリスマスの祝い方が書いてあります。日本のクリスマスは「サンタにケーキにプレゼント」と、いった感じですが、フィンランドのクリスマスの祝い方は日本と似ている所もありますが、違いがありますね。心温まる祝い方だと思いました。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


12月12日の放送 [光とともに]
2012/12/11(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は12月号の「子供の免疫力を高める」のシリーズの解説です。「幼児期の子供の英才教育は子供をダメにする」と、非常に刺激的な事が書いてあります。どうしてでしょう? お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


12月5日の放送 [光とともに]
2012/12/04(火) 10:00

 水曜日ですので月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「柚子」についてです。柚子の香りは素晴しく色々な料理に使われるようですが、栄養もあるのではないかと想像していました。素晴しい栄養があり、健康への影響も大きいですね。どんな栄養があり、それがどの様に健康に影響するかをお聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


11月28日の放送 [光とともに]
2012/11/27(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事が紹介されます。今回は北浦三育中学校校長の鈴木聖二先生の記事です。機織機械から人生の縦糸と横糸の関係を分りやすく書いておられます。ご参考になるでしょう。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


11月21日の放送 [光とともに]
2012/11/20(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。「人を活かすサーバント・リーダーシップの力」の連載記事からです。今月は「生物学から見たサーバント・リーダーシップ」です。記事の最後に出て来る地獄と極楽の光景のたとえ話は日本的で面白いですね。このたとえ話が伝えようとしている事には大切なポイントがあります。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


11月14日の放送 [光とともに]
2012/11/13(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事が紹介されています。今回は「ユーロ危機」に関してです。それは何が問題なのか? どうして解決しないのか? これからどうなるのか? と考えてしまいますが、この記事が何かの参考になれば良いですね。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


11月7日の放送 [光とともに]
2012/11/06(火) 10:00

 トムスの靴の販売システムはなかなか良いですね。自分のために靴を一足買うと、靴を買えない人に靴を一足あげることになるというのです。買い物によって社会貢献が出来るのですね。この方式ですと、靴を履く事が出来る人はどんどん増えるのではないでしょうか。この様な良い運動がさらに広まると良いですね。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


10月31日の放送 [光とともに]
2012/10/30(火) 10:00

 キリスト教で言う天国と仏教で言う極楽は同じなのでしょうか、それとも違うとしたらどの様に違うのでしょうか? これについて元僧侶で現在牧師の松岡広和さんが書いておられます。どちらの立場も分る人が書かれたものですから、とても参考になります。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


10月24日の放送 [光とともに]
2012/10/23(火) 10:00

 水曜日ですので、月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。あなたは何かペットを飼っておられますか? 今日の記事はペットを飼う事に関してです。ただかわいがるだけではなく、すべき事が幾つかあります。この際、それをご確認下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


10月17日の放送 [光とともに]
2012/10/16(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事が紹介される日です。今日は「ルオム的生活」について考えます。ルオムとはフィンランド語で「自然に従う」という意味があります。現在のフィンランドでは農業がルオム的になってきているそうです。考えるべき事が与えられる内容です。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


10月10日の放送 [光とともに]
2012/10/09(火) 10:00

 ある本屋で本を買い帰宅後、袋を開けてみますと、本と一緒に「敬老の日、読書のすすめ」と書かれたパンフレットが入っていました。その中に「50歳でも老人、80歳でも青年」というタイトルの本がありました。今日の話はこれと少し関連があります。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


10月3日の放送 [光とともに]
2012/10/02(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は10月号の「放射能を除去するりんごの力」です。アップルペクチンが子どもたちの体内に留まっている放射能セシウム137の軽減を促進するそうです。そしてそのアップルペクチンとは、りんごの皮と果肉の間に多く含まれるペクチンのことです。りんごには素晴しい力があるのですね。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


9月26日の放送 [光とともに]
2012/09/25(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。北浦三育中学校の労作教育が紹介されています。教師と学生が共に働く事は素晴しい事です。体を使う事がスポーツだけになりやすい現代ですが、体を使って働く事はスポーツでは得る事が出来ない素晴しいものを得る事が出来るのです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


9月19日の放送 [光とともに]
2012/09/18(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は楽しく、おいしく食事をする事が免疫力との関係で説明されています。同じ食べるのならそのようでありたいですね。そして食事の量です。腹八分が勧められています。知った事をすぐに実行に移したいものです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


9月12日の放送 [光とともに]
2012/09/11(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今月は「大人の発達障害」に関してです。「あなたの周りにはそんなちょっと困った人はいませんか?」と言ってあげられたいくつかの例を聞いてドキッとした人はいないでしょうか? 発達障害は子供だけではないのです。お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


9月5日の放送 [光とともに]
2012/09/04(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「ノルディック・ウォーキング」に関してです。ポールを使って歩くノルディック・ウォーキングは、ポールを持たないでただ歩くよりも、運動効果が高いようですね。どの様な効果があるのでしょうか? お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


8月29日の放送 [光とともに]
2012/08/28(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の8月号に書かれている「愛着の絆が基板」が紹介されています。母親と赤ん坊の例があげられていますが、赤ん坊は母親の守りがなければ生きていけません。保育の現場でもこの愛着の絆は大切な意味を持っています。愛着の絆について考えましょう。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


8月22日の放送 [光とともに]
2012/08/21(火) 10:00

 水曜日ですので、月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今日は「認知症とタクティール・ケア」です。認知症の進み方の説明の後、手で触れる事によって安心感を与える事が紹介されています。タクティール・ケアで認知症の進行を止める事は出来なくても、安心感は与えられるそうです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


8月15日の放送 [光とともに]
2012/08/14(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の8月号の記事「自然に従うライフスタイル」の連載記事を紹介しております。今日は「スウェーデン人にとってのサウナ」です。サウナの場所、数、その効果などが分りやすく話されています。サウナの良さが分る内容です。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


8月8日の放送 [光とともに]
2012/08/07(火) 10:00

 実話には力がありますね。日本で命を失った16名のイギリス軍捕虜のお墓が三重県紀和町にあるそうです。ホームズ恵子さんはそのお墓の事を「英国人元戦争捕虜の会」の人々に知らせました。それによって今まで何回もイギリス人がそのお墓に来ているのです。そしてそれは心の傷を癒す旅となっているそうです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


8月1日の放送 [光とともに]
2012/07/31(火) 10:00

 放送には出なかったのですが、サインズ誌には「アドラ式支援の心得10箇条」が書いてあります。 1・相手の立場にたつ 2・主役は誰? 3・ベストは何か 4・バランス感覚 5・公平さ 6・人材を育てる 7・自問自答を繰り返す 8・支援にはステップがある 9・地元の経済も考える 10・最後は「相手への尊厳」 11・スピード感

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


7月25日の放送 [光とともに]
2012/07/24(火) 10:00

 水曜日ですから月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は北浦三育中学校校長の鈴木聖二さんの記事「愛こそは全て」が紹介されています。人間には人との絆・・愛が必要です。物では満たされない心が愛で満たされる事はあるのです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


7月18日の放送 [光とともに]
2012/07/17(火) 10:00

 水曜日ですので月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。僧侶が牧師になったのですから大きな変化です。どうしてその様な事になったのでしょう? 何がきっかけで原因だったのでしょう? その変化の過程にはどんな事があったのでしょう? お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


7月11日の放送 [光とともに]
2012/07/10(火) 10:00

 食べる食物が体を作る材料なっているわけですから、何を食べるかが人間の成長と健康に与える影響が大きい事は良く分ります。それでは何を食べるのが良いのでしょうか? それが月刊誌サインズの記事から紹介されています。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


7月4日の放送 [光とともに]
2012/07/03(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事からの日です。アメリカでの在宅ホスピスケアの例があげられています。アメリカは日本程ではありませんが高齢化が問題になっているのです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


6月27日の放送 [光とともに]
2012/06/26(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「緩和医療への期待」です。日進月歩で医学は進歩していますが、がん患者は増えています。このような時ですから、緩和医療について考えてみましょう。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


6月20日の放送 [光とともに]
2012/06/19(火) 10:00

 20世紀が生んだ3大聖人としてガンジーとシュバイツアーは分るのですが、3人目が誰なのかは知りませんでした。今日の放送によりますと、日本人の賀川豊彦だったのですね。伝道者としての賀川豊彦は知っていましたが、色々な幅広い活動をしていますね。その活動が認められたのでしょうね。奉仕に生きる人には色々教えられる事が多いです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


6月13日の放送 [光とともに]
2012/06/12(火) 10:00

 水曜日ですので月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今週は「21世紀は菜食時代」の記事を取り上げます。菜食と言っても色々な種類があるのですね。また、菜食をする理由も色々ありますね。40年前と今では菜食に対する社会の評価も大いに変わりましたね。お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


6月6日の放送 [光とともに]
2012/06/05(火) 10:00

「目が不自由になったから自分の価値がなくなったのではありません。目が不自由であっても、その人を神様が愛しておられ、その人が生きている事を神様が喜んでおられるという事を信じる事が出来るかどうかで、その人の人生は大きく変わります。」今日、紹介された人の言葉です。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


5月30日の放送 [光とともに]
2012/05/29(火) 10:00

 月刊誌サインズ5月号の記事の中からの紹介です。介護と看護はどのように違うのでしょうか? 介護すべき時に看護したのでは、正しくありません。介護のあり方を考えましょう。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


5月23日の放送 [光とともに]
2012/05/22(火) 10:00

 あなたはいわゆる「5月病」にかかった事はありませんか? 今日は月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。5月病に「タクティールケア」が有効だった事が紹介されています。お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


5月16日の放送 [光とともに]
2012/05/15(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」5月号の「子どもの免疫力を高める」シリーズの記事の紹介です。今月は「外遊びが集中力を高め、心身ともに強い子どもをそだてる」です。「危ないからだめ、汚いからいけない」と子どもの遊びを規制せずに、思う存分のびのびと外で遊ばせることで、心と体がたくましく育つのです。これはお聴きになった方が良いと思います。それで子どもの免疫力が高まるのですから。どうぞ。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


5月9日の放送 [光とともに]
2012/05/08(火) 10:00

 水曜日ですから月刊誌「サインズ」の記事が紹介されています。今回は学校での農業体験が扱われています。小学生、中学生の農業体験を見る事がありますが、大地に接する事、植物の成長の過程を実践を通して見る事は机の上だけの勉強より遥かに力がある事を感じます。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


5月2日の放送 [光とともに]
2012/05/01(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「森の力が心と身体を癒す」です。東京都奥多摩町にある「森林セラピー基地」が紹介されています。この様な基地もあるのですね。この様な森林セラピー基地は全国に40箇所あるそうですからあなたもお近くの森林セラピー基地に行かれてはいかがでしょう。心と身体が癒される事でしょう。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


4月25日の放送 [光とともに]
2012/04/24(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今の高校では妊娠・出産は体育で学び、育児は家庭科で学ぶそうです。著者は妊娠、出産、育児と、一つの科目で連続して学べないことを書いておられます。それから現代の若者の結婚に対する考えを書いておられますが、時代の変化を感じますね。お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


4月18日の放送 [光とともに]
2012/04/17(火) 10:00

 水曜日ですので、月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。昔はスポーツ界で、鬼監督や鬼コーチがいたようです。その様なリーダーは君臨型リーダーと呼ばれるようですが、最近ではスポーツ界で君臨型でないタイプのリーダーが成功するケースが増えてきました。たとえば誰でしょう? 続きはお聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


4月11日の放送 [光とともに]
2012/04/10(火) 10:00

「ユーモアは信仰への前奏曲であり、笑いは祈りの始まりである」・・・20世紀アメリカの代表的思想家であり神学者のラインホルド・ニーバーの言葉です。この様な時代ですから良質のユーモアや笑いが欲しい時ですね。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


4月4日の放送 [光とともに]
2012/04/03(火) 10:00

 あなたにはお子さんがおられますか? そのお子さんはお幾つでしょうか?ケータイを使っておられますか? そのケータイの使い方はプラス面が多いと思われますか? それとも心配の方が多いでしょうか? 今日、専門家の記事が紹介されます。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


3月28日の放送 [光とともに]
2012/03/27(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今日は3月号の「がんを病んで」です。元看護部長が著者だけにその書かれたことには興味があります。医療従事者が、立場が変るとどの様に考え、思われるのでしょうか?

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


3月21日の放送 [光とともに]
2012/03/20(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事を紹介致します。今回は「子供は寝ている間に免疫力を高める」です。子供にとって睡眠の大切さが医学的に説明されています。「なるほど、そうだったのか、それなら睡眠はとても大切だ」と思いました。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


3月14日の放送 [光とともに]
2012/03/13(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「性教育への視点」という記事です。聖書の十戒の7番目は「姦淫してはならない」ですが、神様は男女の正しい関係のためにこの戒めを与えられました。これが守られれば性の問題は起こらないのです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


3月7日の放送 [光とともに]
2012/03/06(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事を紹介する日です。今日は「介護をするコツ、されるコツ」です。超高齢化の日本ですからこの介護の事は多くの家庭で現実の問題になりつつあります。この記事は参考になると思われます。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


2月29日の放送 [光とともに]
2012/02/28(火) 10:00

 水曜日ですので、月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「ごみか資源か、それが問題だ」の記事です。「混ぜればごみ、分ければ資源」とは良く言ったものですね。ごみが減らない理由が説明されています。ごみか、資源かを共に考えましょう。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


2月22日の放送 [光とともに]
2012/02/21(火) 10:00

 水曜日ですので、月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。リーダーシップ、マネジメント、サーバント・リーダーシップについて違いが説明されています。今、求められているのはどの様なリーダーシップなのでしょうか? この記事は参考になると思います。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


2月15日の放送 [光とともに]
2012/02/14(火) 10:00

 水曜日ですので、月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今日は「僧侶から牧師へ」という記事です。その人にいつ何が起こったのか、それをここで色々書く事はスペースの関係で出来ません。お聴きいただきますと全て分ります。どーぞ。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


2月8日の放送 [光とともに]
2012/02/07(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事を紹介する日です。今回は「WHOの世界戦略とアルコール問題対策基本法」という記事を扱います。WHOは人々の健康のためにアルコール問題にどのように取り組んでいるのでしょうか? 今日の放送は参考になると思います。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


2月1日の放送 [光とともに]
2012/01/31(火) 10:00

 スポーツには個人競技と団体競技があります。同じスポーツであっても個人戦、団体戦に分けられる場合もあります。フルマラソンは個人競技ですが、駅伝になりますと、団体競技です。今回は月刊誌サインズ2月号の中から、今年の箱根駅伝の優勝チームの監督とのインタビュー記事の紹介です。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


1月25日の放送 [光とともに]
2012/01/24(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は「タクティールケアってなぁに?」です。タクティールという言葉を初めて聞きました。これはラテン語のタクティスに由来する言葉で「触れる」という意味があります。手を使って10分程度相手の背中や手足を柔らかく包み込みますと、相手の体に変化が生じます。お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


1月18日の放送 [光とともに]
2012/01/17(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は1月号の「自然に従うライフスタイル」です。著者は1967年にフィンランドからキリスト教の宣教師として日本に来られたツルネン・マルテイさんです。79年に帰化し、現在は参議院委員として活躍しておられます。自然に従う生き方をお聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


1月11日の放送 [光とともに]
2012/01/10(火) 10:00

 今日は月刊誌「サインズ」の「生活の安定と安心を得るためには」からです。国は倒産しないのでしょうか? 昨年のギリシャは、事実上倒産と言っても良い状況になってしまいました。生活の安定と安心について共に考えてみましょう。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


1月4日の放送 [光とともに]
2012/01/03(火) 10:00

 横田早紀江さんと言えば北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさんの母親です。彼女はクリスチャンです。彼女はどの様にして信仰の道に入ったのでしょうか? 月刊誌「サインズ」の記事からその道が紹介されています。お聴きください。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


12月28日の放送 [光とともに]
2011/12/27(火) 10:00

 今日のお話は月刊誌「サインズ」からのものです。あまり知られていないようですが、聖書は福沢諭吉に大きな影響を及ぼしました。彼は聖書の教えやキリスト教を高く評価していたのです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


12月21日の放送 [光とともに]
2011/12/20(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事が紹介されています。今回は「お金について考えよう」のシリーズの「最高のプラン」です。①食事や運動に投資する ②本当の友人を得るための支出 ③本を読む どうしてこれらが最高のプランなのでしょうか? お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


12月14日の放送 [光とともに]
2011/12/13(火) 10:00

 代替医療の一つとしてゲルソン療法が紹介されています。その療法の詳しい内容は紹介されておりませんが、ガンと戦う人の一面を知る事が出来ます。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


12月7日の放送 [光とともに]
2011/12/06(火) 10:00

 心の安定を保つ為にはお母さんと赤ん坊の関係が土台になります。赤ん坊にとってはお母さんとの接触の時間が一番長いわけですから、この時期の交わりが大きな影響を及ぼす事は分ります。将来、お母さんになられる方々にぜひ聞いていただきたい内容です。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


11月30日の放送 [光とともに]
2011/11/29(火) 10:00

 日本の歴史にはこの様な事もあったのですね。日本のキリスト教会の歴史を知る事と、また日本の最初のクリスマスを知る事から考えますと、今日の話はとても興味あるものです。お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


11月23日の放送 [光とともに]
2011/11/22(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事からです。今回は「インターネットでの風評被害」についてです。専門家の記事が耳で聞けるのですから、この分野のお話もお聴きになるほうが良いでしょう。


11月16日の放送 [光とともに]
2011/11/15(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事の紹介ですが、今回は「健康、長寿を得る秘訣としての栄養」です。著者の水上医師は日本人の長寿の原因は和食であると言っておられます。なぜ和食が良いのかが説明されています。これはお聴きになった方が良いですね。どうぞ。


11月9日の放送 [光とともに]
2011/11/08(火) 10:00

 今年3月の東日本本大震災は色々な問題を生じましたが、その中の一つは放射能に関するものです。体内に入った放射性物質をどうしたら良いのでしょうか? お聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


11月2日の放送 [光とともに]
2011/11/01(火) 10:00

 日本は今まで外国の災害に対して支援してきたわけですが、3月の東日本大震災の時には世界の多くの国々から支援を受けて来ました。被災地はどの様にして復興出来るのでしょうか? 今日は月刊誌「サインズ」の記事からですが、これが何かの参考になれば幸いです。


10月26日の放送 [光とともに]
2011/10/25(火) 10:00

 幕末には聖書を読んだ人が日本で大きな影響を及ぼしています。今日取り上げられている人は坂本直寛です。龍馬の甥に当たる人です。この人がキリスト教の伝道者になって活躍します。何が彼を伝道者へと導いたのでしょうか?

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


10月19日の放送 [光とともに]
2011/10/18(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の記事からの話です。今回は「賢い節約のヒント」が紹介されています。記事では ①ケータイ電話とインターネット ②手数料 ③外食 ④生命保険 ⑤マイカー ⑥教育費 等が挙げられているそうですが、あなたはこれらに関してどの様にしておられますか? 参考になるでしょう。お聴き下さい。


10月12日の放送 [光とともに]
2011/10/11(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」からネイチャー・テクノロジーが紹介されています。このネイチャー・テクノロジーとは何でしょうか? もうこれは今日の放送をお聴きいただくのが一番良いと思います。どうぞ。


10月5日の放送 [光とともに]
2011/10/04(火) 10:00

「生きよう 希望を持って たとえ嵐が来ても 揺り動かされても あきらめずに ただ信じていこう」これは3月11日に仙台で被災されたジャマイカ出身のゴスペル・シンガー、ジョン・ルーカスさんの新曲です。彼についてお聴き下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


9月28日の放送 [光とともに]
2011/09/27(火) 10:00

 誠実である人とは、まさにスピリチュアルに健康な人、すなわち高次元な健康を備えた人なのです。いつも誠実でいれば、気持ちはリラックスしやすくなりますから、血圧は安定し、免疫力は良好となり、血糖も正常化し、ホルモンバランスも良好になります。消化液は適切に分泌し、胃腸のぜん動運動も快適でしょう。肝臓での解毒もうまくいき、腎臓からの排泄も上々でしょう。すなわち全身のさまざまな機能が円滑に進みやすいのです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


9月21日の放送 [光とともに]
2011/09/20(火) 10:00

 大変な事件に巻き込まれた姉妹が幼い頃ミッションスクールで教えられた教えによって、苦しみの意味を見出して、生きられる事は素晴しいですね。「神は、あらゆる苦難に際してわたしたちを慰めてくださる。」(コリントの信徒への手紙二、1章4節)

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


9月14日の放送 [光とともに]
2011/09/13(火) 10:00

 超高齢化の日本にとって2025年は特別な年なのですね。その時の日本はどのようになっているのでしょうか? 14年後ですからそんなに遠い将来のことではありません。どんな準備が必要なのでしょうか? 共に考えましょう。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


9月7日の放送 [光とともに]
2011/09/06(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」9月号のある記事の紹介です。もうこれは私のコメントより、お聴きいただいた方が良いです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


8月31日の放送 [光とともに]
2011/08/30(火) 10:00

 今日のお話に出てくる「三育東西学園」の創立者の中村章先生は、私の恩師ですし、現在の園長の松岡俊彦先生は私の先輩です。千葉県・袖ヶ浦の「日本三育学院」で共に学んだ日が懐かしく思い出されます。心を育てる学校の発展を祈ります。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


8月24日の放送 [光とともに]
2011/08/23(火) 10:00

 月刊誌「サインズ」の新しいシリーズである「お金について考えよう」が、8月号から始まりました。お金はなければ困りますがあれば不安が完全になくなるというものではありません。この様な時代ですからお金について考える事は大切ですね。共に考えましょう


8月17日の放送 [光とともに]
2011/08/16(火) 10:00

 密出国は死罪に当たる重い罪の時代に出国した新島襄の勇気は大したものだと思います。彼は米国でキリスト教、聖書を学び、「キリスト教の学校教育をしたい」と考えたのでした。帰国後、キリスト教に理解が無い時代に学校を作るのは大変だったと思います。そして作られた学校が現在の同志社大学です。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


8月10日の放送 [光とともに]
2011/08/09(火) 10:00

 あなたには小学校のお子さんがおられますか? その様な方には今日のお話は参考になるでしょう。夏休みは普段家や学校で体験する事が出来ない事を体験出来るチャンスです。お子様とその様な夏休みをお過ごし下さい。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


8月3日の放送 [光とともに]
2011/08/02(火) 10:00

 今日は月刊誌「サインズ」の記事が紹介されていますが、飯盒炊飯についてです。あなたが飯盒炊飯をしたのはいつでしょうか? 子どもさんと一緒にこれをされる事をお勧め致します。これは子どもにとって一生の思い出になる事でしょう。


7月27日の放送 [光とともに]
2011/07/26(火) 10:00

 関谷牧師には若い時のバイク事故の傷がその手に残っているのですね。その傷から学んだ事があり、その傷が出すメッセージがあり、その傷によって人の痛みが分る事など、傷が残したものは少なくありませんね。あなたにはどんな傷が残っているでしょうか? そしてその傷はあなたの心には何を残しましたか?

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


7月20日の放送 [光とともに]
2011/07/19(火) 10:00

 この放送の中で「こくさいしょく」と言った時、「国際食」と考えてどんな食事だろうと想像されるかもしれません。穀物、野菜、果物などを中心とした植物性の「穀菜食」です。これが健康のためには良いのです。月刊誌「サインズ」はこの穀菜食が良い事を1899年(明治32年)から伝えて来ているのです。


7月13日の放送 [光とともに]
2011/07/12(火) 10:00

 渡辺文学 氏の話によって、たばこ事業法の仕組みの一部が分りました。確かにこの仕組みはおかしいですね。たばこ事業法はなくなるのでしょうか?

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


7月6日の放送 [光とともに]
2011/07/05(火) 10:00

 水曜日に紹介されている月刊誌「サインズ」は創刊110周年になります。毎月沢山の月刊誌が発行されていますが、110年を超える月刊誌はほんのわずかです。この110周年にあたり、サインズの編集長が「羅針盤」を書いています。


6月29日の放送 [光とともに]
2011/06/28(火) 10:00

 水の節水、再使用、再利用に関する専門家の記事を山地牧師が紹介しています。仮に東京都内の全ての一戸建て住宅が屋根に降った雨を溜めたとすると、1億3000万トンになるそうで、これは利根川水系の八木沢ダムが東京都に供給している水量を上回るそうです。驚きですね。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


6月22日の放送 [光とともに]
2011/06/21(火) 10:00

 サインズ編集長の山地牧師の解説によって勝海舟がそんなにまでキリスト教と関わっていたのかと初めて知り、それと同時に驚きました。日本の歴史に大きな影響を及ぼした人が聖書を良く学んでいた人であった事がまた分りました。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


6月15日の放送 [光とともに]
2011/06/14(火) 10:00

 水曜日は月刊誌「サインズ」の記事の紹介ですが、山地牧師は自分の体験や考えも一緒に紹介しておられます。記事の朗読だけではないところが山地式やり方の面白さですね。今回は「休息」について共に考えましょう。


6月8日の放送 [光とともに]
2011/06/07(火) 10:00

 同じ物を見ても視点を変えれば考えも変わります。マイナスからプラスに考える事が出来れば素晴しいですね。「・・・にもかかわらず」笑う事が出来る生き方をしたいものです。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ


6月1日の放送 [光とともに]
2011/05/31(火) 10:00

「世界の終末が明日であろうとも、私は今日りんごの木を植える」・・・時々、聞く言葉です。この言葉が今回の東日本大震災との関係で述べられています。この言葉と今回の震災とはどの様な関係があるのでしょうか? それを共に考えてみましょう。

月刊誌 サインズ・オブ・ザ・タイムズ