10月24日の放送 [光とともに]
2020/10/23(金) 10:00

旧ソ連の生理学者イワン・パブロフの犬の行動実験は知られています。ベルをならし、小さな入り口から餌を与えますと、犬はベルを聞きますとその入り口に行きよだれを流して餌を待ちます。ところがやがてベルをならして餌ではなく水をかけるようにしますと、やがてベルがなっても入り口に来なくなりました。これは何を意味するのでしょうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

title:「パブロフの犬」 メッセンジャー:花田憲彦・牧師