6月1日の放送
2019/05/31(金) 10:00
ユダヤ人虐殺に参加したある人はその罪のために苦しみました。そして死を前にした彼はユダヤ人にその罪の赦しを求めました。告白されたジーモン・ヴィーゼンタールはその体験を「ひまわり」という本で書いているそうです。もし、あなたがその告白をされた人だったら、どうしますか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「赦すべきか、赦さざるべきか」 メッセンジャー:花田憲彦・牧師
5月31日の放送
2019/05/30(木) 10:00
キリスト教の讃美歌は単なる歌ではなく、神様をほめたたえる歌です。このほめたたえるという事が大切なのです。ほめたたえる事がなければ讃美歌と言っていても単なる歌になります。数か月に1回マークさんが神様をほめたたえて賛美して下さいます。お聴き下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
曲:「主をほめたたえよ」
歌 & メッセージ:マーク・デュアート
5月30日の放送
2019/05/29(水) 10:00
少年ダビデがまだ羊飼いだった時、ペリシテ軍の大男ゴリアトと一騎打ちをします。ダビデは鎧もつけず、刀も持たないで出て行きました。飛び道具は持っていました。しかし彼が持っていたものはそれだけではなかったのです。精神的なものを持っていました。それは何だったのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「ゴリアト事件」 メッセンジャー:伊藤裕史・牧師
5月29日の放送
2019/05/28(火) 10:00
月刊誌「サインズ」の記事の紹介です。今回は樋口晃司さんへのインタビュー記事の「確かに未来はある」です。カヌーが好きな樋口さんは日本選手権で10位になった事があります。やがて酒とうつの薬を飲むような生活になりましたが、救われたのです。どんな事があったのでしょうか? お聴きください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「確かに未来はある」
メッセンジャー:花田憲彦・月刊誌サインズ・オブ・ザ・タイムズ 編集長/牧師
5月28日の放送
2019/05/27(月) 10:00
インドのカルカッタ大学の学生が宣教師の聖書研究会に出席していました。その時は旧約聖書のダニエル書2章の研究でした。そこには今から約2500年前に書かれた世界の歴史の予言が書かれてあるのです。その予言は成就したのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「未来の預言」 メッセンジャー:山地正・牧師
全27件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の5件 ]