12月1日の放送 [光とともに]
2018/11/30(金) 10:00
余命3か月と宣告された若い女性が牧師と葬儀の打ち合わせをしました。牧師が帰ろうとした時、この女性が牧師に特別なお願いをしたのです。「葬儀の時、私を棺に納める時、右手にフォークを握らせて下さい」と言ったのです。さあ、この行為にはどの様な意味があるのでしょうか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「最善はこれから」 メッセンジャー:花田憲彦・牧師