4月16日の放送 [光とともに]
2018/04/15(日) 10:00 D
稲田牧師が中学生の頃、人気があったフォーク歌手は吉田拓郎でした。「祭りの後の寂しさ」という歌を歌っていたのです。その内容が紹介されていますが、時代は第一次オイルショックの直前だったのです。この歌と日本の高度成長の終わりは何か結びつく感じがします。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
title:「祭りのあとの寂しさ」 メッセンジャー:稲田豊・牧師

コメント