8/21 放送後記
2019/08/23(金) 15:38

「夏のスペシャル」後篇は、お葬式についてです。
街頭インタビューの声を交えて、
「お葬式の印象と知っておきたい基礎知識」について
専門家お二人にご意見をうかがいました。
前回に続き、浄土真宗の真宗大谷派・本昌寺の副住職・中村甲さん、
全日本葬祭業協同組合連合会・専務理事の松本勇輝さんです。


みなさんの経験談は、遺族にとってどんなお葬式が良いかを
考える手がかりになりました。また、故人の本当の希望を引き出すために、
生前に家族間だけでなくお寺や葬儀社に相談することも有効だと思います。

家族形態の変化などに伴って、お葬式の形が多様化しています。
ご家族の人数が少ないと大変なこともありますが、
形だけに固執するのではなく、その背景や本来の意味を理解して
執り行うことが大切でしょう。

街頭インタビューにご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。
お葬式や法事に関する疑問がありましたら、
番組のサイトにメールでお寄せいただければ嬉しいです。
番組の感想や応援メッセージもお待ちしています!

8/7 放送後記
2019/08/09(金) 21:52

今回は「夏のスペシャル篇」と題し、
番組初の街頭インタビューを行いました。
もうすぐお盆休みなので、
お盆や法事に関するみなさんのお声を反映して、
疑問にお答えしました。

解説は、浄土真宗の真宗大谷派・本昌寺の副住職の中村甲さんと、
全日本葬祭業協同組合連合会・専務理事の松本勇輝さんです。

お盆は、本来は旧暦の7月でした。新暦が採用されてから、
東京など人口の多い首都圏では、7月に行われていますが、
関西や多くの地域は、もとのお盆の時期に近い新暦8月に
行うようになったそうです。

沖縄は旧暦に沿ってお盆を行うため、

年によって日付が違い、新暦9月になる年もあります。

また、法事は13回忌か17回忌まで行う場合が多いものの、

「いつまで」という決まりはないそうです。
場所にも決まりはなく、僧侶に家にお越しいただく
こともできます。葬儀社への相談も可能です。

このほかにも、お盆の風習や法事など、大変勉強になりました。
街頭インタビューに答えてくださったみなさん、ありがとうございました。