11/21 放送
2018/11/23(金) 23:02

今回も、シンガーソングライターの嘉門タツオさんにお話をうかがいました。
テーマは「見送る立場になられたご経験」です。
オンデマンドで聴く!

病気で死が迫っていたご友人の終活に一緒に取り組んだお話の中で、お葬式に対する考え方がとても印象的でした。嘉門さんは、ご友人のお葬式で、生前に撮影した本人からのビデオレターを流したそうです。お葬式で流す曲については、「この人のお葬式ではこの曲」など具体的なイメージがあるとお話されていました。

生前には、葬儀について話すことを避ける風潮がありますが、むしろ具体的に考えておくことが大切だと感じます。アルバムに収録されている曲「旅立ちの歌」の歌詞の中に、お葬式の写真、お花、曲をどうして欲しいかという故人のメッセージがありました。そういう希望をエンディングノートに書くことは、終活のひとつになりますね。


放送では、嘉門さんご自身のお葬式やお墓をどうしたいかについてまで、うかがうことができました。2回にわたる嘉門さんのお話で、曲から、終活について考えるヒントをいただきました。

11/7 放送
2018/11/08(木) 21:57

ゲストは、シンガーソングライターの嘉門タツオさん、
進行は、番組パーソナリティの久保井朝美さんです。

ラジコのタイムフリーで聴く→こちら

オンエアの日は「立冬」。暦の上では、冬のはじまりです。
ゲストはシンガーソングライターの嘉門タツオさんでした。替え歌や独自のギャグソングで人気を集め、「鼻から牛乳」など、誰もが知っているフレーズの生みの親です。

登場シーンからギターの弾き語りで生歌を披露していただき、「鼻から牛乳~冥土篇~」「旅立ちの歌」をスタジオで歌っていただきました。ありがとうございます。
(オンデマンドでは楽曲をお聴きいただけないので、ラジコのタイムフリーでお聴きください。なお、タイムフリーは放送した番組を1週間に限り、3時間の再生が可能な機能となります)。


この2曲を含む、人生100年時代に問いかける内容の曲が収録されたアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」を今年7月に発売されました。デビュー35周年と来年迎える還暦を記念したアルバムです。
収録曲の中の「墓参るDAY♪」「旅立ちの歌」「HEY!浄土」は、「終活三部作」とされています。お葬式やお墓参りについて、嘉門さんは軽快に明るく歌っているのですが、その歌詞には胸が熱くなるメッセージが込められています。

次回は、嘉門さんが小説を書くきっかけになった、ご友人とのお別れの経験についてお話をうかがいます。