久保井朝美 6/27 放送後記
2018/06/28(木) 18:52

コロッケさんをゲストにお話をうかがう2回目。
コメンテーターは、コロッケさんと同じ熊本県出身の、
全葬連熊本県葬祭事業協同組合青年部長の落合里至さんです。
オンデマンドで聴く→コチラ

コロッケさんは、6月16日から公開中の映画「ゆずりは」で、
初主演を果たされました。
葬祭社で巻き起こる人間模様を描いた作品で、
コロッケさんは葬祭社のベテラン社員・水島正二を演じています。

作品の中では、4つの葬儀があります。
コロッケさんは、葬儀は暗いイメージがあるけれど、
「ありがとう」や「お疲れ様でした」という気持ちを表す、
明るい場になった方が良いと考えているそうです。
ご自身の葬儀は、ものまねレパートリーの人の曲を流すなど、
みなさんに楽しんでもらえるエンターテインメントにしたいと
話していたのが印象的です。

私も映画を観て、葬儀という「死」を象徴する場を通して、
返って生きることについて考えることができました。
とても素敵な映画でした!

久保井朝美 6/6 放送後記
2018/06/10(日) 23:10

ゲストは、ものまねエンターテイナーのコロッケさん。
コメンテーターは、全葬連熊本県葬祭事業協同組合青年部長の落合里至さんです。
6月16日に公開する、コロッケさん初主演の映画「ゆずりは」についてお話いただきました。
オンデマンドで聴く→コチラ

葬儀社を舞台に、人間模様を描いた作品です。
コロッケさんは葬儀社のベテラン社員・水島正二を演じています。
ものまねエンターテイナーとして人を笑わせ、楽しませ続けているコロッケさん。
明るくてよく笑うので、感情を表に出さず物静かな水島とは性格が正反対だそうです。

そこで、コロッケさんは本名の滝川広志さん名義で、本作にご出演されました。
撮影までに減量し、撮影地の千葉県八千代市で人びとを観察し、
水島という役に入り込みました。

役作りをして気付いたご自身と水島との共通点は、
「相手が1番、自分は2番」という考え方です。大切なことですね。

葬儀社は、いつも相手を優先して考え、行動しなければ務まらないと感じたそうです。
次回も、映画「ゆずりは」についてうかがいます。

6/6 放送予告
2018/06/06(水) 16:50

ゲストは、コロッケさんです。初主演映画についてお話いただきます。
映画「ゆずりは」では、本名の滝川広志として、
葬儀社の寡黙な部長役に挑みます!
映画「ゆずりは」の劇場観賞券を抽選で
10組20名様にプレゼントいたします。
ぜひ番組をお聴きください。

さまざまな葬儀を通じた人間模様から、
命の尊さと見送る思いを描く感動作。

映画「ゆずりは」6月16日(土)から
全国順次公開されます。

お申し込み締め切りは6月10日です。

番組のご感想をお書き添えのうえご応募ください。

応募する!