久保井朝美 4/18放送後記
2018/04/19(木) 15:26

今回も、専修大学人間科学部教授の嶋根克己さんにお話を伺いました。

テーマは「日本のお葬式の変化と今後の在りかた」です。
タイムフリーで聴く→http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20180418165500

 

日本のお葬式は、土葬から火葬に変わりました。現在、日本では火葬が一般的ですが、歴史を紐解くと、昔は土葬が一般的だったそうです。1980〜90年代から火葬が増えて、現在は99.9%を占めています。

また、映画を見ると、他にも変化したことがありました。

1952年の「生きる」(黒澤明監督)では、身内や同僚の手作りのお葬式が描かれていましたが、2008年の「おくりびと」(滝田洋二郎監督)は、主役が納棺師で、専門業者に頼るお葬式が描かれていました。身近な人々による手作りのお葬式から、アウトソーシングが一般化したことが分かります。

 

アウトソーシングは、お葬式以外にも通じる傾向で、引越しやクリーニング、最近は家事代行サービスも広まっています。

ただ、全て任せて無関心になっては、お葬式本来の意味を見失ってしまいます。専門業者に頼っても、亡くなった方を心を込めて送る姿勢は大切にしなければいけないと思いました。

放送した番組は、ラジコのタイムフリーや、オンデマンドなどでお聴きいただけます。 

久保井朝美 4/4 放送後記
2018/04/04(水) 22:15

お久しぶりです。番組パーソナリティーの久保井朝美です。
約1年ぶりに、この番組に戻ってきました!

毎回、様々な分野の専門家の方をゲストにお迎えして、お話を伺ってまいります。
みなさん、よろしくお願いします♪

今回は、専修大学人間科学部教授の嶋根克己さんに「世界各国の葬儀事情」をテーマにお話しいただきました。
葬送儀礼の国際比較研究をされている嶋根先生は、世界各国のお葬式に実際に参列しています。これまでの経験の中で、嶋根先生が特に印象的に残っているベトナムやフランスの葬儀について教えていただきました。

国や地域によって葬儀の様式は異なりますが、死者との最期のお別れを惜しむ思いは共通していると感じました。その思いを様ざまな方法で表現しているのでしょう。お葬式本来のあるべき姿について、考えることができました。

次回は、日本のお葬式についてです。歴史を辿ると、日本のお葬式の変化の傾向が見えてきます。それをもとに、今後の在りかたについて伺います。
私たちにもいつかは訪れるその日のために、一緒に考えましょう。

3/28 栗林さみ放送後記
2018/04/01(日) 22:44

今回のゲストは、先週に引きつづき歌手の島谷ひとみさん。
コメンテーターは、全日本葬祭業協同組合連合会 専務理事の松本勇輝さんでした。
オンデマンド で聴く♪

島谷さんの故郷広島のお話から、地元にいらっしゃるご両親のお話までをうかがいました。故郷を離れたからこそ、その尊さがわかる、というお話には共感しました。近くにいるとそれがどれだけ大切なものなのか気づかないということはあることだと思います。

今回で私はこの番組を卒業となりました。島谷さんのお話をうかがいながら、今後この番組を離れてから、ここで過ごした日々の大切さがより身にしみるんだろうなと感じました。
昨年5月からパーソナリティーを担当させていただいて、本当にたくさんの方がたにお会いしてお話をうかがってきました。どの方も各分野において第一線で長い間ご活躍されていて、私にとっては幼い頃からの憧れの方がたでした。アナウンサーという職業を志したのは、そういった方がたにお話を聞いてそれを発信したい、その言葉を世間に伝える役目をしたいと思ったからなんです。その夢をこの番組で叶えることができました。感謝しています。

そして、バラエティ豊かなお話をうかがってきた中で気づいたのは、ここでお会いしたすべての方が心に持つ「ありがとう」という気持ちを大事にしていらっしゃるということでした。過去も今も。自分は1人でこれまで歩いてきたわけではなく誰かと出会い、その誰かの支えがあって今まで歩いてくることができたんだと、すべての方が口にしていらっしゃいました。

「ありがとう」という気持ちを、これまで以上に大事に思うようになりました。「ありがとう」は人と人をつなぐ言葉であり、背中を押して夢を叶えてくれ、一生にわたってその人を支えてくれるものなんだということを知りました。

ここで得た言葉の数々は私の生涯の宝物になるでしょう。この先、聴いてくださっていたみなさんの心にもほんの一欠片でも残っていてくださるならば幸せです。

「ハート&ライフ 〜ありがとうを言わせて〜」はこれからお葬式情報番組としてリニューアル放送されます。リスナーのみなさん、ぜひこれからも聴いてくださいね。

最後に、この番組で関わってくださったすべての方に「ありがとうと言わせて」ください。
これまで本当にありがとうございました。 栗林さみ