栗林さみ 8/23 放送後記
2017/08/24(木) 23:17

今月のゲストは、脚本家の倉本聰さんです。
コメンテーターは、全日本葬祭業協同組合連合会理事の湯浅匠司さんでした。
オンデマンドでぜひお聴きください→コチラをクリックしてもお聴きいただけます。

最終日の今回のテーマは「脚本家の仕事」です。
脚本家のお仕事にどうやって向き合っているのかというお話でしたが、印象的だったのは、「脚本は演じる人の欠点」を把握してから書くということでした。欠点がわからないと書けない、欠点をなかなか出してくれない人を書くのは苦労をするというお話です。倉本聰さんの作品にでてくる登場人物たちは、みんな「生きている」と思うのは、そのあたりに秘密があるのかしらと思いました。どこか自分と重ねるところがあったり、物語のなかの生き生きとした人物......愛すべきキャラクターたちを作り上げるために倉本さんがどんなことに取り組んでいるのかが分かりました。
そんな倉本聰さんの作品「やすらぎの郷」はまもなくクライマックス。今回うかがったお話を踏まえてからドラマを見るとまた見方が変わりそうです。

4回にわたって富良野でお話をうかがってきた倉本聰さん。収録を終えた帰り道、私自身何だか生まれ変わったような気持ちになりました。生きるために本当に大切なこと、それを北海道の雄大な自然の中で、いろんな人との出会いや別れを経て知った倉本聰さんからのお話を聞いていると、これまでの私の視野はなんてせまかったんだろうと思わせられました。
今回倉本さんからいただいた「たからもの」を胸に、これから前へ進んでいこうと思います。

倉本聰さん、たくさん貴重なお話をしていただき、本当にありがとうございました!

栗林さみ 8/16放送後記
2017/08/17(木) 23:02

今月のゲストは倉本聰さん。
コメンテーターは全日本葬祭業協同組合連合会理事の湯浅匠司さんです。
オンデマンドで聴く→コチラ からもお聴きいただけます♪

前回は倉本さんがお住まいの富良野についてその魅力をうかがいました。
富良野での体験がそのまま北の国からに描かれているんですね。

富良野での、北海道での生活の中で受けた影響が倉本さんの作品に
反映されてるということを知ったわけですが、
今回は「影響を受けた人」についてお話をしていただきました。

お父さまとの秘話や、先日亡くなられた野際陽子さんとの思い出もうかがえました。
そして、野際陽子さんが体調を崩されるなか撮影に臨んでいたご様子や、
そんな野際さんをサポートした制作陣のお姿が伝わってきました。
亡くなられた野際さんへの想いが、にじみでてくるようなお話だったと思います。

富良野からお送りしてきた倉本聰さんへのインタビューも、
次回が最後となります。テーマは「脚本家の仕事」です。

どうぞお楽しみに♪

栗林さみ 8/9放送後記
2017/08/10(木) 22:32

今月のゲストは倉本聰さん。
コメンテーターは全日本葬祭業協同組合連合会理事の湯浅匠司さんです。
オンデマンドで聴く→クリック♪

今回の収録で、はじめて富良野を訪れました。
湯浅さんは北海道ご出身で、『北の国から』の影響で
富良野という土地も大好きということでした。

倉本さんは、富良野の冬の厳しさ、自然の美しさに
ついてお話をしてくださいました。
昔の富良野は冬季の観光のみだったそうですが、
今のように夏もたくさんの観光客がいらっしゃるのは、
『北の国から』の功績が大きいとのことです。
実際に私は富良野というと『北の国から』で描かれていた
ラベンダー畑のイメージがありますし、
今回の放送を収録した時は、ちょうどラベンダー畑が見ごろで、
帰りがけに寄ることができました。

驚くほど多くの旅行客がラベンダー畑を訪れていて、
その美しさや香りを堪能していました。
『北の国から』で純と蛍が母の令子と訪れていたのを
思い出しながらラベンダー畑を見たのは私だけではないはずです。

でも、私が見たのは富良野のほんの一部分。
自然の厳しさと共に生きてきた倉本さんだからこそ話せる
富良野の四季や魅力について貴重なお話をしていただきました。

来週は、倉本聰さんに「影響を受けた人」についてうかがいます。
どうぞお楽しみに♪

栗林さみ 8/2放送後記
2017/08/03(木) 22:26

今月のゲストは、脚本家の倉本聰さん。
コメンテーターは、全日本葬祭業協同組合連合会理事の湯浅匠司さんです。
オンデマンドで聴く→ クリック♪

新富良野プリンスホテルで、この番組始まって以来の出張収録となりました。

はじめて降り立った富良野は緑ゆたか。倉本さんが描いた「北の国から」の世界がそのまま広がっていました。
正直なところ私自身だいぶ緊張していたんですが、倉本聰さんは、とても気さくに、真摯に、お話をしてくださいました。

1回目は「富良野へ移住するまでの歩み」と題して、脚本家の原点と、北海道へ移る経緯についてうかがいました。
現在放送中のドラマ「やすらぎの郷」の主人公、菊村が長年住んだという設定の善福寺の家は、倉本さんご自身が住んでいたお宅でロケがおこなわれた、というお話には驚きました。ほかにも、知られざる倉本さんのこれまでの歩みについてお話をうかがうことができました。

倉本聰さんにうかがう次回のテーマは、「移住と富良野」です。どうぞお楽しみに♪