栗林さみ 5/31放送後記 [ハート&ライフ~ありがとうを言わせて]
2017/06/02(金) 14:24

奥さまが、歌手の新沼謙治さんに、亡くなる前に残した言葉とは? → オンデマンドで聴く♪

先週につづき、今回もコメンテーターの湯浅匠司さんと、
歌手の新沼謙治さんにお話をうかがいました。

今回は、新沼さんが東日本大震災の被災地で復興支援コンサートをしているときに
亡くなられた奥さまとの絆がテーマです。

番組でたくさん奥さまとのエピソードや、

最期に残した言葉についてもうかがいました。

新沼さんとしては、まだまだ奥さまについては「話し足りない」と

おっしゃっていました。
奥さまは生前、「いつもユニークで、機転がきいて、
そしてスポーツマンで自分にきびしく他人にやさしい人だった」と、
新沼さんに対しても、いつもやさしかったとお話くださいました。

その言葉から、新沼さんがどれだけ奥さまを大事にされていたのか、

愛していらっしゃったのかということが伝わってきました。

新曲「たろうの初恋」は、ふるさとについて歌っている曲で、

もしかしたら奥さまへの想いをのせて歌っていらっしゃるのかしらとふと思いました。
歌詞は新沼さんが書いているわけではないのですけれど、
今もきっと奥さまに恋していらっしゃって、大切にされている
新沼さんだからこそ歌える曲なのかもしれません。
ぜひ「たろうの初恋」も聴いてください。

新沼謙治さん、2週にわたりすてきなお話を、

本当にありがとうございました。