栗林さみ 8/2放送後記
2017/08/03(木) 22:26 ディレクター

今月のゲストは、脚本家の倉本聰さん。
コメンテーターは、全日本葬祭業協同組合連合会理事の湯浅匠司さんです。
オンデマンドで聴く→ クリック♪

新富良野プリンスホテルで、この番組始まって以来の出張収録となりました。

はじめて降り立った富良野は緑ゆたか。倉本さんが描いた「北の国から」の世界がそのまま広がっていました。
正直なところ私自身だいぶ緊張していたんですが、倉本聰さんは、とても気さくに、真摯に、お話をしてくださいました。

1回目は「富良野へ移住するまでの歩み」と題して、脚本家の原点と、北海道へ移る経緯についてうかがいました。
現在放送中のドラマ「やすらぎの郷」の主人公、菊村が長年住んだという設定の善福寺の家は、倉本さんご自身が住んでいたお宅でロケがおこなわれた、というお話には驚きました。ほかにも、知られざる倉本さんのこれまでの歩みについてお話をうかがうことができました。

倉本聰さんにうかがう次回のテーマは、「移住と富良野」です。どうぞお楽しみに♪

コメント