栗林さみ 5/24放送後記
2017/05/26(金) 17:04 ディレクター

今回は、涙をさそう、歌手の新沼謙治さんのお話です。
→ オンデマンドで聴く♪

東日本大震災から6年がたちました。
あのとき私は新潟のテレビ局のアナウンサーで、
夕方のワイド番組がはじまる前のリハーサル中に地震が起きました。
東北の地震のあとに、地元新潟と長野の間で大きな地震が起きて、
その取材に追われていたことを思い出します。


2011年3月11日には、みなさまそれぞれの想いがあると思います。
歌手の新沼謙治さんは、ふるさとが岩手県大船渡市。
今回は、被災したふるさとで見聞きしたことや、
あの日の出来事などをお話いただきました。

収録後に、「あのときの話をしていて泣きそうだった」と
新沼謙治さんはおっしゃっていました。
そしてコメンテーターの湯浅匠司さんも、新沼さんのお話に
耳を傾けながら目頭をおさえていました。

みなさんには、それぞれの東日本大震災を想いながら、
今回の放送を聴いていただければと思います。
そして新沼謙治さんの名曲に「ふるさとは今もかわらず」があります。
......歌の力は偉大です。
歌っているご本人の想像を遙かにこえて、
その力は人びとに届いていくものなんだと思いました。

来週も新沼謙治さんにお話をうかがう予定です。
どうぞお楽しみに!

コメント