4月20日・久保井朝美の放送後記
2017/04/21(金) 20:35 ディレクター

ラジオNIKKEIのスタジオがある虎ノ門琴平タワーと同じ敷地内には、金刀比羅宮があります。
金刀比羅(金毘羅)というと、香川県ですが、なぜ虎ノ門に......?
調べたら、1660年に讃岐(現在の香川県)丸亀藩主・京極高和の邸宅を建てたときに、
讃岐金刀比羅大神を勧請したからだそうです(°0°)
今回のコメンテーター、川﨑さんは香川県にお住まいなので、
ご縁がありますね♪


さてゲストは、元競輪選手で、現在はスポーツコメンテーターとして
ご活躍されている中野浩一さんです。
中野さんの競輪の生涯成績は1236走中666勝!
世界選手権では自転車のプロ・スプリント種目で10連覇の偉業を成し遂げられました。
今回は「記録を更新し続けた競技人生」についてお話いただきました。

「競輪は自分ひとりで戦うスポーツ」と思っていた中野さんの考え方が変わったのは、
世界選手権10連覇がかかった大会のときだったそうです。
大会直前に大ケガをしてしまった中野さんは、
トレーナーやチームの人に支えられ、見事10連覇を達成されました。

そのとき、「ひとりではなく、周囲に支えられて戦っている」と感じたそうです。
周りの人と分かち合う勝利の喜びは、格別でしょうねヽ(´▽`)/

そして、もうおひとり。中野さんの競技人生を支え続けたのが、奥さまでした。

次回は、奥さまとの秘話をうかがいます。
お楽しみに☆

コメント