3/4 放送後記
2020/03/06(金) 18:31 ディレクター

街頭で取材して番組が集めた疑問を専門家に解説していただく
「葬儀、終活の素朴な疑問に答えますスペシャル」。
ゲストは、全日本葬祭業協同組合連合会・専務理事の松本勇輝さんです。

3回目のテーマは「お葬式の印象と家族葬」でした。
「家族葬」は、ある葬儀社が使い始めた比較的新しい言葉だそうです。
一般的に「小規模なので費用を抑えられる」という印象があります。
しかし、「家族葬=安い」というわけではないそうです。
結婚式はふつう招待客が1人増えるごとに費用が上がりますが、
お葬式は基本的には1人増えるごとに加算される仕組みではありません。
また、家族葬だと御香典をいただけないので、むしろご遺族が負担する
費用が多くなる傾向があると松本さんは指摘されていました。
また、家族葬にしても、供養に訪れたい方のお気持ちが続くかぎりは、
その都度対応することになることも念頭に入れておく必要がありそうです。
家族葬の言葉やイメージに対して実際にはどうなのか、教えていただきました。

ポッドキャストで番組を配信中です。

次回は、野球評論家・野村克也さんの追悼特集です。
昨年ご出演いただいたときの総集編をお送りします。

コメント