2月22日・久保井朝美の放送後記
2017/02/24(金) 17:07 ディレクター

2月22日は、「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」の語呂合わせから、
「猫の日」になっています。
みなさんはペットを飼ったことがありますか?(画像はディレクターの愛猫)

私の実家では、猫と犬を1匹ずつ飼っています(*゚▽゚*)
「犬は人につき、猫は家につく」といいますが、我が家の猫は人に懐いていて、
帰省すると足元にすり寄ってくるのがとても可愛いです(〃ω〃)

今回のゲストは、バルセロナオリンピックの金メダリストで、
柔道家の古賀稔彦さんでした。
現在は、指導者としてご活躍です。(オンデマンドで聴く→クリック!

古賀さんは、日本中からメダルを期待された1988年の
ソウルオリンピックで敗戦。
ご両親のためにリベンジしようと決心しました。
4年後のバルセロナオリンピックで、直前にケガを負っていたにも関わらず、
金メダルを獲得することができたのは、ご両親に「金メダルを見せたい」という
気持ちの強さの賜物だったそうです。


金メダルを手にされたとき、歓喜や達成感よりも、
「自分を支えてくれた周囲への感謝の気持ちが一番に浮かんだ」というお話から、
「誰かのために」という原動力の強さを感じました。


これは、柔道の基本的な考え方に通じることで、
古賀さんは指導する立場として大切にされているそうです。
次回は、指導者としての古賀さんのお話をうかがいます。
お楽しみに!

コメント