1/16 放送後記
2019/01/18(金) 21:31 ディレクター

前回に続き、ゲストは「現代日本の葬儀」について長年研究している、
東京大学大学院総合文化研究科・学術研究員の田中大介さんでした。

近年、「グリーフケア」という言葉をよく耳にします。
グリーフ(grief)=「死別による深い悲しみ」への対処ということで、
「ビリーブメントセラピー」「グリーフワーク」などともいいます。
身近なひとや愛するひとを失った遺族の心理的な
セラピーは、世界的に重視されているそうです。

死を受け入れるきっかけになるお葬式は、
有効なグリーフケアの1つだと教えていただきました。

田中さんは、厚生労働省が認可する
葬祭ディレクター技能審査の委員を務めています。
現代の葬祭業は「究極のサービス業」であり、
現場を取り仕切る行動力や判断力、法律・医学など
広範な知識をはじめ、専門性がより一層求められているそうです。

葬祭業に携わるのは簡単ではないけれど、
社会的な使命がある職業なので、
年齢や背景を問わず多くの方に目指して欲しいと
お話しされていました。

コメント