11/21 放送
2018/11/23(金) 23:02 ディレクター

今回も、シンガーソングライターの嘉門タツオさんにお話をうかがいました。
テーマは「見送る立場になられたご経験」です。
オンデマンドで聴く!

病気で死が迫っていたご友人の終活に一緒に取り組んだお話の中で、お葬式に対する考え方がとても印象的でした。嘉門さんは、ご友人のお葬式で、生前に撮影した本人からのビデオレターを流したそうです。お葬式で流す曲については、「この人のお葬式ではこの曲」など具体的なイメージがあるとお話されていました。

生前には、葬儀について話すことを避ける風潮がありますが、むしろ具体的に考えておくことが大切だと感じます。アルバムに収録されている曲「旅立ちの歌」の歌詞の中に、お葬式の写真、お花、曲をどうして欲しいかという故人のメッセージがありました。そういう希望をエンディングノートに書くことは、終活のひとつになりますね。


放送では、嘉門さんご自身のお葬式やお墓をどうしたいかについてまで、うかがうことができました。2回にわたる嘉門さんのお話で、曲から、終活について考えるヒントをいただきました。

コメント