10/16 放送後記
2019/10/16(水) 18:52 ディレクター

ゲストは前回に続き、解剖学者の養老孟司さんです。
400万部を超えるベストセラーとなった『バカの壁』の
著者としても知られます。

今回は「死生観と終活」をテーマにお話をうかがいました。
終活というと、死や最期の迎え方について考えを巡らせます。でも、死を経験した人はいないため、リアリティをもって考えるのは非常に難しいです。

養老さんは、「生死」というように「死」は「生」と補完関係にあるため、死ぬことについて考えを突き詰めると、生きることに辿り着くとお話しされていました。どう生きるか、とことん考えれば、どう死ぬかに帰結するということです。

また、葬儀は故人の人生が現れる場だと感じるそうです。結婚式よりも、葬儀のほうが、参列者の気持ちは複雑で、多様性があると表現されていました。

養老さんは大変優しく、私の問いかけに終始丁寧に分かりやすく、時にユーモラスに答えてくださいました。まだまだお話を聞きたくなる方でした。


放送後もラジコのタイムフリー機能や、ポッドキャストで全国にてお聴きいただけます。

コメント