番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 17:00~17:15
提供:全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)

『家族の絆』や『命の大切さ』など忙しい毎日の生活の中で忘れがちになってしまう大切なものを見つめ直してみましょう。各界で活躍する著名人をゲストに迎え、お話をうかがいます。

新着記事

栗林さみ 8/9放送後記

2017.08/10 ディレクター 記事URL

今月のゲストは倉本聰さん。
コメンテーターは全日本葬祭業協同組合連合会理事の湯浅匠司さんです。
オンデマンドで聴く→クリック♪

今回の収録で、はじめて富良野を訪れました。
湯浅さんは北海道ご出身で、『北の国から』の影響で
富良野という土地も大好きということでした。

倉本さんは、富良野の冬の厳しさ、自然の美しさに
ついてお話をしてくださいました。
昔の富良野は冬季の観光のみだったそうですが、
今のように夏もたくさんの観光客がいらっしゃるのは、
『北の国から』の功績が大きいとのことです。
実際に私は富良野というと『北の国から』で描かれていた
ラベンダー畑のイメージがありますし、
今回の放送を収録した時は、ちょうどラベンダー畑が見ごろで、
帰りがけに寄ることができました。

驚くほど多くの旅行客がラベンダー畑を訪れていて、
その美しさや香りを堪能していました。
『北の国から』で純と蛍が母の令子と訪れていたのを
思い出しながらラベンダー畑を見たのは私だけではないはずです。

でも、私が見たのは富良野のほんの一部分。
自然の厳しさと共に生きてきた倉本さんだからこそ話せる
富良野の四季や魅力について貴重なお話をしていただきました。

来週は、倉本聰さんに「影響を受けた人」についてうかがいます。
どうぞお楽しみに♪

栗林さみ 8/2放送後記

2017.08/03 ディレクター 記事URL

今月のゲストは、脚本家の倉本聰さん。
コメンテーターは、全日本葬祭業協同組合連合会理事の湯浅匠司さんです。
オンデマンドで聴く→ クリック♪

新富良野プリンスホテルで、この番組始まって以来の出張収録となりました。

はじめて降り立った富良野は緑ゆたか。倉本さんが描いた「北の国から」の世界がそのまま広がっていました。
正直なところ私自身だいぶ緊張していたんですが、倉本聰さんは、とても気さくに、真摯に、お話をしてくださいました。

1回目は「富良野へ移住するまでの歩み」と題して、脚本家の原点と、北海道へ移る経緯についてうかがいました。
現在放送中のドラマ「やすらぎの郷」の主人公、菊村が長年住んだという設定の善福寺の家は、倉本さんご自身が住んでいたお宅でロケがおこなわれた、というお話には驚きました。ほかにも、知られざる倉本さんのこれまでの歩みについてお話をうかがうことができました。

倉本聰さんにうかがう次回のテーマは、「移住と富良野」です。どうぞお楽しみに♪

栗林さみ 7/26放送後記

2017.07/28 ディレクター 記事URL

先週に引きつづき、今回のゲストも俳優の佐藤藍子さんです。
コメンテーターは全日本葬祭業協同組合連合会
広報委員会に所属する水島悟さんでした。
オンデマンドで聴く ♪

今回は「私を変えた出会い」というテーマで佐藤さんにお話をしていただきました。
ご主人との出会いや、ご結婚後の千葉での生活などについてうかがいました。たくさんの生きものに囲まれての日々が佐藤さんを「さらに輝かせている!」と思いました。ご結婚を境にがらっと生活環境が変わったということで、とまどいもあったのかなと思っていたのですが、心からご自分の選んだ道を楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきました。

前向きで、お話をうかがっているだけで元気をいただける佐藤藍子さん。

そして、佐藤藍子さんが芸能界デビューするきっかけとなった「全日本国民的美少女コンテスト」第15回本戦大会が8/8に開催されます。チェックしてください。
佐藤藍子さん、2週にわたりご登場いただきありがとうございました。


次回のゲストは、脚本家の倉本聰さんです。
「ハート&ライフ~ありがとうを言わせて」初の出張収録となります。
私自身どんなお話がうかがえるのか楽しみです。ぜひお聴きくださいね!

栗林さみ 7/19放送後記

2017.07/20 ディレクター 記事URL

今回のゲストは俳優の佐藤藍子さんです。
コメンテーターは全日本葬祭業協同組合連合会
広報委員会所属の水島悟さんでした。
オンデマンドで聴く ♪コチラ をクリックしてもお聴きいただけます。

佐藤さんといえば全日本国民的美少女コンテストでグランプリに輝いたことをきっかけに芸能界デビューされました。「受けるとしたらこれだけにしなさい」というご両親の言葉を胸にオーディションを受けたということです。そんなに若いときに、覚悟を持って1つの大きな挑戦をしたことが「すごい!」と思いましたし、その決意がグランプリにつながったんだろうなとも思いました。
今も芸能界で輝きつづける秘密と、その裏にあるご家族との絆をうかがうことができました。
次回も佐藤藍子さんにお話をうかがいます。
どうぞお楽しみに♪

栗林さみ 7/12放送後記

2017.07/16 ディレクター 記事URL

今回のゲストもタレントの関根勤さん、
そしてコメンテーターは全日本葬祭業協同組合連合会監事の為永伸夫さんでした。
オンデマンドで聴く ♪コチラ をクリックしてもお聴きいただけます。


ラジオ番組「コサキンDEワァオ!」のお話を中心に、ラジオを通じた出会いのエピソードをうかがいました。

私もパーソナリティとして番組をお送りしているわけですが、どうやったらリスナーの皆さんに自分の言葉が届くのか、ゲストの言葉をどうやって引き出せばいいのか、いつも考えたり悩んだりしています。今回はそんな私にとっても、大切なお話が聴けました。

 

8/11~20まで東京グローブ座で行われる関根さん主催の舞台「カンコンキンシアター31 クドい!~味方は孫だけ~」も面白そうです。舞台には、舞台でしか味わえない楽しさがあります。ぜひみなさん足を運んでください。

関根勤さん、2週にわたってのご出演、ありがとうございました!

 

栗林さみ 7/5放送後記

2017.07/07 ディレクター 記事URL

今回のゲストはタレントの関根勤さん、
コメンテーターは全日本葬祭業協同組合連合会監事の
為永伸夫さんです。(オンデマンドで聴く♪

為永さんは、関根勤さんが大学生のときに
出たオーディション番組を見ていたそうです。
当時「この人はすごい!」と印象に残ったとか。

関根さんがオーディション番組からデビューして

一気にスターダムにかけあがったことで、
そこから芸人の芸能界デビューの仕方が変わったというお話を聞いて、
本当に関根勤さんはすごい方なんだなあと......
私、最初はとっても緊張してしまいました(汗)

でも、今回は一人むすめの麻里さんのことや

お孫さんのことなどを気さくに話していただき、
そのお話がまたおもしろくって、気がついたら緊張を忘れて
すっかりお話に聞きいっていました。
......やっぱり、すごい方でした(笑)。


関根勤さんのご登場は、リスナーのみなさんの中には待ってました!

という方も多いと思います。
次週は、関根さんにラジオについてのお話をうかがう予定です。
どうぞお楽しみにー!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

栗林 さみ
くりばやし さみ

新潟県出身。
元テレビ新潟アナウンサー(2009年4月~2012年6月)
【趣味】
絵本を手作りすること
カルジェルネイリスト
【特技】
100㎞マラソン完走経験あり。
ミュージカルは、小学生の頃から、今までに20作品以上に出演。子供たちに演劇を普及するための活動にも取り組んでいる。
【資格】
日本美術史を専攻して学芸員資格を取得。平安~江戸時代の美術が専門。
日本で唯一の「ジャパニーズポップアップ絵本研究者」である。
フードアナリスト、ニュース時事能力検定2級
英語検定2級、漢字検定2級

パーソナリティ一覧はコチラ