番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 17:00~17:15
提供:全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)

『家族の絆』や『命の大切さ』など忙しい毎日の生活の中で忘れがちになってしまう大切なものを見つめ直してみましょう。各界で活躍する著名人をゲストに迎え、お話をうかがいます。

新着記事

2月22日・久保井朝美の放送後記

2017.02/24 ディレクター 記事URL

2月22日は、「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」の語呂合わせから、
「猫の日」になっています。
みなさんはペットを飼ったことがありますか?(画像はディレクターの愛猫)

私の実家では、猫と犬を1匹ずつ飼っています(*゚▽゚*)
「犬は人につき、猫は家につく」といいますが、我が家の猫は人に懐いていて、
帰省すると足元にすり寄ってくるのがとても可愛いです(〃ω〃)

今回のゲストは、バルセロナオリンピックの金メダリストで、
柔道家の古賀稔彦さんでした。
現在は、指導者としてご活躍です。(オンデマンドで聴く→クリック!

古賀さんは、日本中からメダルを期待された1988年の
ソウルオリンピックで敗戦。
ご両親のためにリベンジしようと決心しました。
4年後のバルセロナオリンピックで、直前にケガを負っていたにも関わらず、
金メダルを獲得することができたのは、ご両親に「金メダルを見せたい」という
気持ちの強さの賜物だったそうです。


金メダルを手にされたとき、歓喜や達成感よりも、
「自分を支えてくれた周囲への感謝の気持ちが一番に浮かんだ」というお話から、
「誰かのために」という原動力の強さを感じました。


これは、柔道の基本的な考え方に通じることで、
古賀さんは指導する立場として大切にされているそうです。
次回は、指導者としての古賀さんのお話をうかがいます。
お楽しみに!

2月15日・久保井朝美の放送後記

2017.02/17 ディレクター 記事URL

今年は全国的に梅の開花が早かったです。

梅は、桜(ソメイヨシノ)以上に気温の影響を受けやすいといわれ、

今シーズンの暖冬によって開花が早まったようです(*^^*)

静岡県伊豆市の修善寺の梅林は、見頃を迎えていますよ♪

 

 

さて、ゲストは前回に続き、俳優の木下ほうかさんでした。→オンデマンドで聴く

木下さんは、俳優だけでなく、プロデューサーや監督としてもご活躍です。

色々な立場をご経験されているからこそ、

作り手の役割や苦労も考え合わせることができると教えてくださいました。

 

 

そして、関係者や共演者とは現場での関わりに留まらず、

稽古や撮影後にみんなで飲みに行って交友を深めることも多いそうで、

本当に作品を第一に考えていらっしゃるように感じられました。

 

 

俳優の先輩で、公私ともに交友があった長門裕之さんのお通夜での

エピソードを今回教えてくださいました。

人との絆をとても大切にされている

木下さんならではだと思いました(´ω`)

お世話になった方に儀礼をもって

お送りするのはとても大切なことですね。

 

 

次回のゲストは、バルセロナオリンピックの金メダリスト☆

柔道家の古賀稔彦さんです。

ソウルオリンピックで苦汁をなめた後、

金メダルを獲得するまでの壮絶なエピソードをうかがいます。

 

 

2月8日・久保井朝美の放送後記

2017.02/09 ディレクター 記事URL

2月4日は「立春」で、暦の上ではもう春ですね♪
ただ、週末の暖かさから一転、厳しい寒さが戻っています。
週末にかけて、西日本の日本海側を中心に大雪、
太平洋側でも積雪のおそれがあるので、気をつけくださいね。

ゲストは、ドラマや映画、バラエティー番組でもご活躍されている
俳優の木下ほうかさんです。(オンデマンドでも配信中
今回は「俳優としての歩み」をテーマにうかがいました(´▽`)

木下さんが俳優としての道を歩むことになったのは、
井筒和幸監督の映画「ガキ帝国」のオーディションに合格したことでした。

その後、井筒監督を頼って大阪から上京し、公私ともに慕っているそうです。
おふたりのエピソードから、絆の深さや井筒監督に対する
木下さんの大きな感謝の気持ちを感じました。

また、木下さんは仕事を通じた人との出会いや、
作品との出会いを大切にされていて、悪役のイメージがありましたが、
とても優しくおおらかな方でしたo(^▽^)o

木下さんには、お仕事から広がる人との繋がりについて、

さらにお話をうかがいます。

次回もお楽しみに(*゚▽゚*)

2月1日・久保井朝美の放送後記

2017.02/03 ディレクター 記事URL

2月3日は「節分」。みなさんは豆まきしますか?

コメンテーターの松本さんの地元・長崎の豆まきでは、煎り大豆だけでなく、
ピーナッツや包に入ったチョコレートもまくそうです!地域によって風習はさまざまですね。

今回も、ゲストはプロフィギュアスケーターの鈴木明子さんでした。
「恩師やご家族」をテーマにお話をうかがいました。

鈴木さんが「先生」と慕う、長久保裕コーチとの出会いは、
鈴木さんが小学6年生のときだったそうです。

鈴木さんは11年間長久保コーチに師事し続けました。

意見の衝突などがあるときは、思いを全部打ち明けて話し合い、
お互いの言葉の真意を分かり合うようにしていたそうです。
そうすることで、また同じような衝突やいさかいになるのを防ぐことができて、
信頼関係が深まったとおっしゃっていました。


確かに、親しい間柄でも、言葉にしないと伝わらないことってありますね。

自分を理解してもらう努力をし、相手を理解する努力をすることで、
仕事でもプライベートでも、良い人間関係を構築できるのだと思いました。
私も心がけたいです(*`・ω・)ゞ

 

そして、鈴木さんの婚約のお相手のかたについてお話もしてくださいました♪
詳しくはオンデマンドで→コチラからお聴きください。

 

次回もお楽しみに!

1月25日・久保井朝美の放送後記

2017.01/26 ディレクター 記事URL

寒い日には、温かい食べ物が特に美味しく感じられますね♪
コメンテーターの松本さんは長崎にお住まいです。
地元の名物である、長崎ちゃんぽんや皿うどん、角煮まんじゅうの
お話を聞いて、とても恋しくなりました。

私の地元・愛知の名物で、冬に食べたくなるものというと、
味噌煮込みうどんや味噌おでんです(´▽`)

さて、今回のゲストは、同じ愛知県出身のかたです。

フィギュアスケートで2度オリンピックに出場し、
2大会連続で入賞を果たされた、鈴木明子さんをお迎えしました。
現在は、プロフィギュアスケーターとして、アイスショーに出演され、
解説者としてもご活躍されています(*^^*) →いますぐオンデマンドを聴く!

「競技人生と母への思い」をテーマにお話をうかがいました。
鈴木さんにとって、お母さまのご期待や厳しさがプレッシャーに
なっていた時期もあったそうで、18歳のとき摂食障害になったことを
きっかけに母娘の関係が変わったそうです。
オリンピック前はお母さまにだけはありのままの自分をさらけ出していたと
うかがって、母と娘の強い絆を感じました。


次回も鈴木さんをゲストに、コーチやご家族、そして婚約中の彼のお話をうかがいます。
来週もお楽しみに(≧∇≦)





◆プレゼント


先日のゲスト、中野信子さんのご著書、プレゼントへのご応募受付中!

「脳科学者が選んだやさしい気持ちになりたい時に聞く 
心がホッとするCDブック」をプレゼントします!
みなさんからのご応募お待ちしています。

応募フォーム からお送りください。
つぎの4つを明記してください!


1. あなたの【郵便番号】・【ご住所】
2. 氏名(ご本名とペンネーム)
3. 「書籍希望」と書いてください。
4. 番組のご感想など


賞品の発送先となるご住所を明記してください。
締め切り今月末日。
抽選後、当選の発表、発送に代えます。
メッセージは番組内でご紹介する可能性があります。
メール送信欄からもお寄せいただけます。

1月18日・久保井朝美の放送後記

2017.01/20 ディレクター 記事URL

週末は厳しい寒さになりましたが、体調を崩していないでしょうか?
1月20日は、二十四節気の「大寒(だいかん)」。
暦の上では、1年で最も寒い頃です。
暖かくして過ごしてくださいね☆


今回も最新のお葬式事情について、
日本消費者協会専務理事の唯根妙子さんにうかがいました。(→いますぐオンデマンドで聴く

最近は、お葬式が多様化しているそうです。
コメンテーターの和合さんによると、好きな花や色をモチーフにしたり、
趣味の用具や楽器などを飾る「メモリアルコーナー」を作ったり、
故人の嗜好を反映した個性的なお葬式が増えているそうですよ。

生前に、自分のお葬式をどうしたいか、家族に希望を伝えたり、
エンディングノートに書き残したりする方も増えているようです。

気持ちが伝わる心のこもったお葬式は、
遺族も心の整理をすることができそうですね。


次回のゲストは、プロフィギュアスケーターの鈴木明子さんです。
それではまた来週(・ω・)ノ





◆プレゼントの応募方法:

前回ゲストの中野信子さんのご著書、プレゼントへのご応募受付中

「脳科学者が選んだやさしい気持ちになりたい時に聞く 
心がホッとするCDブック」をプレゼントします!
みなさんからのご応募お待ちしています。

応募フォーム からお送りください。
つぎの4つを明記してください!


1. あなたの【郵便番号】・【ご住所】
2. 氏名(ご本名とペンネーム)
3. 「書籍希望」と書いてください。
4. 番組のご感想など


賞品の発送先となるご住所を明記してください。
締め切り今月末日。
抽選後、当選の発表、発送に代えます。
メッセージは番組内でご紹介する可能性があります。
メール送信欄からもお寄せいただけます。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

久保井 朝美
くぼい あさみ

アナウンサー。気象予報士。
誕生日が「空の日」であることを知り、学生時代から空の世界に興味を持っていた。
農業の経験や、アナウンサーとして情報番組の天気コーナーを担当したことから、気象と生活や経済の密接な関係を実感し、気象予報士の資格を取得。
「子どもからお年寄りまで分かりやすい天気や災害の情報・知識を発信したい」という思いで、気象キャスターとしてテレビやラジオに出演中。
歴史と漢字が大好きで、趣味で「日本100名城スタンプラリー」をしている。好きな歴史上の人物は、加藤清正など。

パーソナリティ一覧はコチラ