第16回「未来の看護に向かって」テキストデータ版(2015.12.15放送) [グローバルヘルス・カフェ]
2016/01/04(月) 11:33

※音声はこちらからお聴きいただけます。
番組をオンデマンドで聴く
聴く第16回「未来の看護に向かって」(2015年12月15日放送分)


<出演>
マスター:明石 秀親(国立国際医療研究センター)
メグミ:五十嵐 恵(国立国際医療研究センター/看護師)
ヨーコ:香月 よう子(フリーアナウンサー)


■ カンボジアで看護学を学ぶ人を増やす活動

ヨーコ:お元気ですか、グローバルヘルス・カフェ、香月よう子です。国際医療協力にかかわる人たちが通うカフェってちょっと変わってませんか。ここのマスターはとっても面白いので、わたし気に入って通っています。それではさっそく、カフェに入ってみましょう。

マスター:グローバルヘルス・カフェ、マスターの明石です。あ、あそこにいるのはメグミさんだ。国際協力に携わりたくて看護を勉強して、今、カンボジアとか途上国に行って頑張っているんです。
ヨーコ:マスター、何ぶつぶつ言ってるの?
マスター:あ、ヨーコさん、こんにちは。
ヨーコ:こんにちは。
マスター:メグミさんはカンボジアで看護学を学ぶ人を増やして、未来の看護師さんを増やそうということに頑張っている若手なんだ。
ヨーコ:へえ、看護学というのがあるんですね。
マスター:そう、看護学。看護師さんって、どうしても何かね病院の現場で仕事をするというところがよく見られちゃうんだけども、実は医療のなかでたいへん重要な役割を果たしてて、そういう意味で看護をもっと高めましょうということで看護学の大学とか大学院がどんどん出てきてます。カンボジアはね、ちょっと前までは看護学の大学ってなかったんです。それがまあ最近出てきたということですね。

■ カンボジアの看護師と勉強会を開いた

ヨーコ:メグミさん、こんにちは。
メグミ:こんにちは。
ヨーコ:メグミさんは長くカンボジアに行ってたんですか?
メグミ:いえ、短期で行っていました。1回目は1カ月、カンボジアの国立病院で働く看護師の支援に行ってきました。2回目は2カ月間、将来カンボジアの看護を担うリーダー育成の支援に行ってきました。
ヨーコ:じゃあ1回目のことからちょっと聞いていきたいなと思うのですが、実際のそのカンボジアの看護師さんってどんな感じだったんですか?
メグミ:私が働いてきたカンボジアの国立病院というのは、小さく生まれたり、あとは少し元気がなくて様子を見なければいけない、病気を持った赤ちゃんたちが入院してくる病棟だったんですが、生まれてくる赤ちゃんの数もとても多くて、入院する赤ちゃんも多いので看護師さんだけでは十分にケアをすることができなくて、家族と一緒に看護を提供しているという状況です。
ヨーコ:なるほど。日本とはだいぶ違うと思うんですが、そこでの看護とかケアというんですか、そういったものというのはどんなことをやられていたんでしょうか?
メグミ:看護師の仕事はたくさんあるんですけれど、やはり熱を測ったり、脈を測ったり、血圧を測ったり。そういうことを正しくできないと、赤ちゃんたちを正しく見てあげることができないので、きちんと異常があるのか、そうでないのかというのを判断できるように、そういうことを一緒に考える勉強会を開きました。
ヨーコ:それってふつうにやれることのような気がするんですけど、看護師さんなら。
メグミ:そうですね。やはり私たちも学校でそういうことをきちんと先生に教えてもらいながら身に付けていく技術です。そういう教育を受けてない看護師さんたちはそういったものの考え方をするのはやはり苦手ですし、もうちょっと強化していかないと赤ちゃんを救ってあげることができないんじゃないかなと思いました。
ヨーコ:要するに、ちゃんと測って、それで調べていくみたいなことっていうことを全然やってないということになるのかしら?
メグミ:そうですね。実際はなかなか難しいと思います。
ヨーコ:そこでどんなことをメグミさんはやってきたのでしょうか?
メグミ:最初は何を考えて看護師さんたちがケアを行っているかというのを、一緒にケアを通して観察するようにしました。
ヨーコ:観察というのは何でしょう、看護師さんと話し合うみたいな、「どうして、それやってるの?」って聞いたりする感じですか?
メグミ:そうですね。あと一緒に赤ちゃんの熱を測るのもやらせていただいたり、身体を拭いたりするのも一緒にやらせていただいて、どんなことに看護師さんたちが困っていて、どんなことを支援してあげたらもっとよい看護が提供できるのかなというのを一緒に活動しながら探していった感じですね。
ヨーコ:一緒に活動していってわかったことってどんなことあります?
メグミ:まず1つは、もっと看護師として赤ちゃんにやさしくして、赤ちゃんたちが早くよくなってほしいと思う気持ちというのは、そこで働く看護師さんたちも一緒で、お母さんたちが心配でお母さんたちもいい看護を提供してあげたいと思っていることがすごくわかりました。
ヨーコ:反対に、ここはもう少し何とかしたいなと思ったところはどういったところですか?
メグミ:先ほども話したように、どうしても勉強していないからなんですけれど、たとえばお熱が上がったときにただ冷やせばいいということでなくて、その原因は何なのか考えて必要な治療につなげられる看護というのを提供していってほしいなということは思いました。
ヨーコ:一緒に活動して、一緒に考えていくなかで、看護師さんが変わったなと思ったところって何かありますか?
メグミ:1回目のときは、勉強会を開いたら、たとえば呼吸を測るときは時計を使って1分間にどれくらい呼吸をしているのかというのを測るんですけど、お部屋にも時計はないんですが、看護師さんたちも時計をして働くということがなかったんですね。ですが、その勉強会の後、ある看護師さんが腕時計を着けて病棟に来てくれたんですね。それで一生懸命やっているとこを見せてくれて、「やろう」という気持ちがとてもうれしかったです。

■ タイの看護を目指すようになった

ヨーコ:そして2回目はカンボジアの看護師さんをタイに連れて行ってリーダーを養成していくというようなプロジェクトに関わられたということなんですけれど、これちょっと難しいですよね。どういうことなのかな、マスター?
マスター:ああ、これね。カンボジアというのは、学士、いわゆる大学教育が看護学で行われてなくて、そのなかで看護学校を出た看護師さんがいる。看護学校を出た看護師さんたちを学士、大学卒という形に、そういう教育を施してくれるところがタイの大学でやってくれるということで。
ヨーコ:要は編入みたいな形で学士になれるというような、そんなようなコースを作ってくれるプロジェクトということ。
マスター:日本でもあるんですけど、准看護師さんを看護師にするとか、それとはちょっと形は違うのですが、そういう看護学校出の看護師さんを大学卒という形にしてくれる。
ヨーコ:学問としての看護学ということが、看護の現場には必要だということを身をもって感じたメグミさんですよね。このプロジェクトに関わってみていかがでしたか?
メグミ:このプロジェクトで、タイで学んできた看護師さんたちが本当に自分たちの職場を見直してもっとよくしたい、もっといい看護を目指したいという強い思いを持って活動されているのが本当に印象的でした。
ヨーコ:いつも現場にいて自分がやることはすごい忙しいしわかってると思ってるわけじゃないですか、看護師さんたちは。タイの看護学というのを学ぶとやはり衝撃はあるんですかね。
メグミ:卒業生の皆さんは本当に衝撃を受けて帰って来ました。私も、この卒業生たちが何が一番変わったのかなと思って、私は短期間で2カ月しか関われなかったんですけれども、ずっと長く彼らに関わっていた先生に聞いてみたところ、彼らたちがタイから帰ってきて自分たちで言った言葉が「これまでの自分たちの看護は何だったんだろう」ということを自分たちの口で述べたようです。それを聞いて、タイでの看護というのが目指すべきものになってきたんだなということがわかりました。
ヨーコ:やはり、どうしてこうなるのかなという気持ちというのは生まれてると感じました?
メグミ:感じましたね。まず、モデルになる看護師さんたちが側にいてくれるということは、やっぱりそうなりたい、そういう看護が提供したいという環境にきっといたと思うので、自分たちがもっといい看護を目指したいという気持ちに変わっていったんだと思います。

第15回「アフリカでの検査技師活動~精度管理を充実させるために」テキストデータ版(2015.10.20放送) [グローバルヘルス・カフェ]
2015/10/26(月) 12:13

※音声はこちらからお聴きいただけます。
番組をオンデマンドで聴く
聴く第15回「アフリカでの検査技師活動~精度管理を充実させるために」(2015年10月20日放送分)


<出演>
マスター:明石 秀親(国立国際医療研究センター)
橋本:橋本 尚文(国立国際医療研究センター/臨床検査技師)
ヨーコ:香月 よう子(フリーアナウンサー)


■ 臨床検査技師って何をする人?

ヨーコ:お元気ですか、グローバルヘルス・カフェ、香月よう子です。国際医療協力にかかわる人たちが通うカフェってちょっと変わってませんか。ここのマスターはとても面白いので、わたし気に入って通っています。それではさっそく、カフェに入ってみましょう。

マスター:グローバルヘルス・カフェ、マスターの明石です。あそこにいるのは橋本さん。臨床検査技師という、まあ国際医療協力ではあまりなじみのない、あまり聞いたことのない人ですね。
ヨーコ:マスター、何ぶつぶつ言ってるの?
マスター:あ、ヨーコさん、こんにちは。
ヨーコ:こんにちは。
マスター:ようこそ。臨床検査技師って知ってる?
ヨーコ:うーんと、レントゲンとかやる人だよね。
マスター:あー、それは放射線技師さん。
ヨーコ:え。
マスター:臨床検査技師さんていうのは、たとえば病院でいうと採血とか、おしっこを取ってくださいとか、検査しますよね。そのときに、バックヤードで検査をしてくれる人です。
ヨーコ:けっこう重要なお仕事ですね。
マスター:そうですね。
ヨーコ:そういう人も国際医療協力に関わったりするんですか?
マスター:そうですね。彼はマラウイとかザンビアとか、アフリカでね主に活躍している人ですが。
ヨーコ:臨床検査技師、なんだか難しそうなお仕事だけど、ちょっとお話聴いてみようかな。
マスター:そうですね。ぜひ聴いてください。

■ 夜中でも検査の呼び出しがかかった

ヨーコ:橋本さん、こんにちは。
橋本:こんにちは。
ヨーコ:橋本さんは臨床検査技師として、マラウイにまず行かれたそうなんですが、これどんなお仕事をなさったんですか?
橋本:はい、1991年4月から93年4月までマラウイの病院の検査室で主に検体検査をしていました。検体は、たとえば血液とか尿とか、それとか喀痰とか糞便です。
ヨーコ:そういったものの検査をするお仕事をしていたということなんですね。
橋本:はい。
ヨーコ:日本と違うところってどんなところなんですか?
橋本:はい、日本と違うのは、当時は、いまもそうですけれど、HIVの患者が多くてそれに関する検査、特に輸血検査とか、あとはマラリアとかの寄生虫の検査、そういうのが非常に多かったです。
ヨーコ:けっこう日本にいてはあまりやらない検査というのもすごく多かったということですか?
橋本:はい、それは寄生虫の検査とかそうですけれど、HIV関連の検査は特に多かったです。日本ではあまりいまないです、マラウイと比べたらないですけれど、向こうはそれが日常茶飯事で、当時は薬もなかったので入院する人はみんな亡くなるという状況でした。
ヨーコ:まだ治すというか、治療方法が確立されてないころ......
橋本:薬はあったんですけれど、途上国に行き渡るほどの価格ではなかったということがあります。
ヨーコ:では、すごくお忙しかったんじゃないですか?
橋本:昼間働いて、夜は待機して、呼びに来たときに検査室に戻って夜中検査するということです。
ヨーコ:え、夜中も検査するんですか?
橋本:はい。
ヨーコ:それはどういうことですか?
橋本:それは、夜とか早朝にかけては、重症な患者さんが連れて来られて、特に輸血関係が多いんですけれど、たとえば赤ちゃんの重度のマラリアとか、あとは妊娠して出産で異常出産での大量出血の事故とか、そういうときはすぐ血液が必要になって、そういうときはその患者さんの肉親が付いてきて、その方の肉親の血液を調べてすぐ患者さんに入れないといけないんですね。
ヨーコ:待機していて、電話が急にかかってきたりする?
橋本:電話じゃなくて、直接、病院敷地内に宿舎があったので、そこにいますと、夜中、ドアを叩いて......
ヨーコ:ドンドンドンドンと?
橋本:ハシモト、ハシモト!
ヨーコ:そうすると、パジャマを着ててもすぐ出て......
橋本:もうパジャマ着てないで服の上に......
ヨーコ:いつでも行けるようにして......
橋本:行けるようにして......
ヨーコ:そのまま寝ぼけ眼でもいつでも行けるようにして外に出ますよね、真っ暗ですね、どんな感じで、走って?
橋本:走って行くときもあるし、自転車で行くときもあるし。雨のときは傘さして走って行くけれど、そうじゃないときは自転車で行きますけど、真っ暗なときは見えなくてドブに落ちたということもあります。
ヨーコ:ドブに落ちてその後やっぱり行くんですか?
橋本:行きます。そのときは服脱いで......
ヨーコ:服脱いで......
橋本:ドブのところは臭くて汚いんでね。
ヨーコ:そのまま裸で走って検査をして......
橋本:緊急なんで。
ヨーコ:一刻を争いますからね。まず橋本さんがいて検査をしない限り、その輸血はできないわけですね。
橋本:できません。血がない。
ヨーコ:そうすると、もうドブに落ちようが何しようが、もう這い上がって走って行く。
橋本:はい。
ヨーコ:すごい生活をされましたね。

■ 「セイドカンリ」って何?

ヨーコ:精度管理というのを私初めて聞いた言葉なんですね。「せいど」というと、みなさんシステムのほうの制度を想像するかと思うんですが、正確さとか精密さという意味の精度ですね、米偏に青の。これは一体、何なんでしょうか?
橋本:はい。要するに、たとえば、体重を量るときにまず体重計を持ってきて、動くかどうかみて、必ず目盛りをゼロに合わせますね。
ヨーコ:はい。
橋本:本当だったら、1㎏だったら1㎏を指すように、たとえばペットボトルの1㎏の水を置いてみて、1㎏を指す。それからまあ体重とか量るのが筋なんですけれど、要するにそういうことですね。検査もそういうことでちゃんと機械が動いているか、すべての試薬を設定して、精度管理の試薬を入れたら、たとえば精度管理の試薬が指定している値が出るか、その値が出てはじめて検査ができるという感じになります。
ヨーコ:患者さんの検査の血液とかそういったものは、まず試薬で確かめてから検査をする。
橋本:精度管理用試薬を検査して、その値が基準内に入っていたらそれでOKで、はじめて患者さんの検体を検査するという手順になります。
ヨーコ:では、ザンビア、最初に行ったときはどういう感じだったんでしょうか?
橋本:ザンビアは2004年くらいから主にアメリカのお金で、特にHIVの患者さんに対する検査の強化ということで大規模にいろいろな機械が入ってきました。その機械が入る前は、ザンビアの検査技師というのは、そういうふうに精度管理をちゃんとするということなしに、割と検査していたんですけれど、そういうのがいきなりドンと入ってきて、こういう検査する前にはちゃんとそういう精度管理をしないといけないんだよということにまず慣れることに時間がかかったんですね。で、わかってもなかなかうまくできないとかあって、私が赴任したときは、ようやく機械が入ってから4年くらいたったんですけれど、ある病院の検査室では全然しないとか、あるところではしても、なんか精度管理している割にはあまりにも値がおかしいとか、そういうことが頻発していました。