第13回「医療は心、保健人材の育成」テキストデータ版(2015.06.16放送) [グローバルヘルス・カフェ]
2015/06/17(水) 12:02

※音声はこちらからお聴きいただけます。
番組をオンデマンドで聴く
聴く「第13回「医療は心、保健人材の育成」(2015年6月16日放送分)」


<出演>
マスター:明石 秀親(国立国際医療研究センター)
ヨーコ:香月 よう子(フリーアナウンサー)
三好:三好 知明(国立国際医療研究センター/医師)


■ カフェへようこそ!

ヨーコ:お元気ですか、グローバルヘルス・カフェ、香月よう子です。国際医療協力にかかわる人たちが通うカフェってちょっと変わってませんか。ここのマスターはとても面白いので、わたし気に入って通っています。それではさっそく、カフェに入ってみましょう。

マスター:あ、ヨーコさん、こんにちは。

ヨーコ:こんにちは。マスター、ここにあるこの本は一体何ですか?

マスター:これはね、『南米・ボリビアの青空に舞う 心をむすぶ保健医療協力の歩み』という本なんですけども、ボリビアで働いた人たちが何人かで書いた本です。ボリビアって南米の国で、日本との結びつきも強いんだよ。日本からの移民の人もたくさんいて。

ヨーコ:へえ。

マスター:あそこにいる三好さんはね、90年代にボリビアで頑張ってたんだ。病院で働いていたボリビアのお医者さんたちが、30年たって今はボリビアの医療の屋台骨を担う人たちに育っているんです。なかにはね大臣になった人もいるんだよ。

ヨーコ:すごい!

マスター:いま、人材育成に力を入れていて、国内でも外国でも若い人たちを育てているんだ。

■ 医療は世界の共通言語

ヨーコ:三好さん、こんにちは。
三好:こんにちは。
ヨーコ:三好さんはどうして国際医療協力の道に入ったんですか?
三好:最初はボリビアじゃなくて、カンボジア難民支援で外科医として入ったんですよね。
ヨーコ:ああ、そうなんですか、へえ。
三好:それで、そのときの経験が今の私の道を決めたんです。
ヨーコ:へえ。

三好:どうしてかというと、医療というのは、本当に、英語と同じように世界共通の言語だなというふうに感じたからです。
ヨーコ:医療が英語と同じように世界の共通言語、それってどういうことですか?
三好:最初に持った患者が虫垂炎の腹膜炎だったんですね。
向こうの田舎の病院だったんですけど、若い医者と、向こうのお医者さんと一緒にこう本当にスムーズに治療ができて患者さんも元気になって治せたという達成感があったんですね。それが本当に最初の経験で、その後も胃潰瘍の出血の手術ですとか、そういうのを一緒にやったんですけど、本当に僕らつたない英語でコミュニケーションしながら、これがすごく思った以上に通じるんですね。これはやっぱり、医療というのは世界共通なんだというふうに感じて、そうしたら別に日本だけじゃなくてもいいんじゃないかと、そういうふうに思ったんで、この世界の仕事を今も続けております。
ヨーコ:フィールドは日本だけじゃなくて、医療という共通言語を持って世界で働きたいと、そういうふうに思われたんですね。

第12回「もうひとりじゃない-へき地の新米助産師」テキストデータ版(2015.04.21放送) [グローバルヘルス・カフェ]
2015/05/19(火) 17:30

※音声はこちらからお聴きいただけます。
番組をオンデマンドで聴く
聴く「第12回「もうひとりじゃない-へき地の新米助産師」(2015年4月21日放送分)」


<出演>
マスター:明石 秀親(国立国際医療研究センター)
ヨーコ:香月 よう子(フリーアナウンサー)
小原:小原 ひろみ(国立国際医療研究センター/医師)

■ オープニング

ヨーコ:お元気ですか、グローバルヘルス・カフェ、香月よう子です。国際医療協力にかかわる人たちが通うカフェってちょっと変わってませんか。ここのマスターはとても面白いので、わたし気に入って通っています。それではさっそく、カフェに入ってみましょう。


■ 十代の女の子が助産師!?

ヨーコ:ねえ、マスター、その写真の女の子すごくかわいいですね。

マスター:ああ、女の子に見えるけどね、この人、助産師さん。

ヨーコ:えー!

マスター:この人はね、カンボジアでね、ヘルスセンターといって、地方にある保健センターに勤めたばっかりの若い助産師さんなんですよ。
ヨーコ:何歳くらいなんでしょうか?

マスター:だいたい十代の後半くらいですね。半ばから後半。

ヨーコ:ふーん。こういう、女の子ともいえる子たちが、その保健センターというところに配置されるって、何かちょっと不安な気がしますが。

マスター:うん、そうですよね。だから、それは本人たちもたぶん不安だと思うんだけども、ちょうどこの写真を撮った小原さんがあそこにいるので、話を聴いてみたらいいと思うんですけども。
彼女は産婦人科の先生で、カンボジアの僻地の若い助産師さんを支援するプロジェクトをやって大成功を収めてきた人なんですよ。



■ 短期間で養成され現場経験の乏しい地方の助産師たち

マスター:ヨーコ:小原さん、この女の子たち、助産師さんなんですね。カンボジアではどんな問題があったんですか?

小原:はい、ヨーコさん、カンボジアでは1年でどんどんこういう若い助産師さんたちが養成されてきて、現場ではあまり経験がないので、女性が来たときに「診れないからよその病院へ行ってください」とか言ってたんですよ。

ヨーコ:たとえば、その18歳、19歳の女の子が助産師さんとしてそこの保健センターに行きました。教えてくれる人は?

小原:いないんです。やっぱり、助産師さんが1人で配属になってる保健センターが、国の保健センターの4割とかなので、あといるとしても男性の看護師さんの保健センター長さんくらいしかいないので、学ぶことが現地ではできないんですね。で、困って診れないから「どっか行ってください」とか言っちゃってたんです。