【Master's Memory】ゲル ~モンゴル~ [グローバルヘルス・カフェ]
2014/04/28(月) 09:00


リスナーのみなさん、こんにちは。

グローバルヘルス・カフェのマスター、明石です。

『Master's Memory』では、
国際協力の活動で訪れた開発途上国でのワンシーンから
私が見て感じたことをつぶやいています。

今回もまたモンゴルから。


      

ゲル





ゲルと呼ばれるのは、丸いテントのことだ。

モンゴルで主に遊牧民が使用する移動式住居のこと。
伝統的ライフスタイルの象徴だ。









町の周辺部や大草原の真っただ中に、
ゲルは建てられている。

首都ウランバートルの街中にも、展示物として飾られている。
ゲルの中に入れずに残念と思っていたら、
荷台に1メートルほどの輪っかやその他の機材を積んだ車が通った。










どうやら分解したゲルだそうだ。
昔はこれらの機材を
馬の背か何かに乗せて運んだにちがいない。



    


これまでのつぶやきはこちら


最新の活動情報はこちら









【Master's Memory】大草原の、点・点・点 ~モンゴル~ [グローバルヘルス・カフェ]
2014/04/22(火) 16:24


リスナーのみなさん、こんにちは。

グローバルヘルス・カフェのマスター、明石です。

『Master's Memory』では、
国際協力の活動で訪れた開発途上国でのワンシーンから
私が見て感じたことをつぶやいています。

今回はモンゴルの風景をお届けします。


      

大草原の、点・点・点

モンゴルは、やっぱり大平原だ。
車で、ずうっとずうっと走ってゆく。

遠くに点・点・点と何かが集団で見えたら、
それはおそらく動物の群れだ。





モンゴルの草原

















牛、羊、ヤギ、馬。
家畜として飼われているそれらの動物のどれかだろう。
だんだん近づいてきて、初めてそれが何だかがわかる。










道端に車を停めて写真を撮ろうと思ったら、
ヤギが地面の横から開いた穴の中に顔を突っ込んでいる。

どうやら食事中らしい。
食べているのは草の根っこ。






    


これまでのつぶやきはこちら


最新の活動情報はこちら