3月23日放送(沼尾ひろ子「日曜患者学校」)のご案内 [日曜患者学校(第4週)]
2014/03/22(土) 09:55

【番組のご案内】

 毎月第3、第4日曜日の日曜患者学校では、脳卒中でリハビリテーションを受けておられる方、また、その家族、支援者に向けてお送りする番組です。
 (あるいは、突然、脳卒中の当事者になるかもしれない皆様、あるいはその家族となるかもしれない皆様にむけて、いざその時の心構えをもっていいただくようお伝えしてまいります。)

 番組の進行役は、脳梗塞を患い、その後遺症としての失語症のリハビリ経験をもつアナウンサーの沼尾ひろ子さん。
 今回は前回の放送に続き、山梨県在住の在宅言語聴覚士(在宅ST)の平澤哲哉さんへのインタビューの模様をお送りします。

 
 
番組を放送時間にリアルタイムで聴く(第3,4日曜夜9時~)

 
聴くradikoで番組を聴く



【オンデマンド配信】

 今回(3月23日)の番組は、下記をクリックいただければお聞きいただけます
 尚、配信は放送終了後の予定です。

番組をオンデマンドで聴く

聴く今回放送「2014年3月23日放送」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/gangaku/2014/03/player-post-21.html 

 聴く前回放送「2014年3月16日放送」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/gangaku/2014/03/player-post-20.html 


番組をポッドキャストで聴く

iTunes用URL  RSS ⇒ポッドキャストとは?

 

平澤哲哉氏プロフィール】
1961年山梨県生まれ。
1983年青山学院大学在学中に交通事故に遭い、失語症となる。
1985年大学卒業。
19881989年 大阪教育大学言語治療コースで学ぶ。 
1987
2002年 山形、山梨のリハビリテーション病院に勤務。  
2002
-現在  在宅言語聴覚士として訪問ケアを展開。

在宅言語障害者の訪問活動を展開しながら、デイサービスセンターなごみの郷、
山梨県立育精福祉センター、北杜市立塩川病院、韮崎東ヶ丘病院 などに非常勤で勤務。 忍野村の言語リハビリ教室を担当。 東山地区失語症友の会を事務局。


主な著書:
「失語症者、言語聴覚士になる」(雲母書房 2003/12
「失語症の在宅訪問ケア」(雲母書房 2005/10) 
「月間ブリコラージュ」(七七社)"地域に飛び出したST"、
「訪問看護と介護」 "日常ケアにおけるコミュニケーションのコツ" (医学書院 2005/05
「毎日新聞」障害者コラム"ことばを求めて"に連載。2005.13月(12)



ご意見、ご感想、健康相談】等の募集
  番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ等を募集しております。メールの方は右欄の「番組宛メール送信フォーム」からご投稿ください。

 


コメント