3月18日(金)「町田徹の経済ニュースカウントダウン」&「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
2022/03/18(金) 16:45 番組スタッフS

2022年3月18日送分。16時からの経済ニュースカウントダウン

ウクライナ関連ニュース

〈ウクライナ国際司法裁判所がロシアに対し、ウクライナでの軍事作戦の即時中止を命令。

〈ウクライナ今日、アメリカのバイデン大統領と中国の習近平国家主席が電話協議。 

〈ウクライナ先週金曜日、EU(ヨーロッパ連合)首脳会議が「ベルサイユ宣言」を採択して閉幕。 

〈ウクライナ火曜日、ポーランド、チェコ、スロベニアの首相がウクライナの首都キエフを訪れ、ゼレンスキー大統領と会談。

〈ウクライナウクライナのゼレンスキー大統領、支援と連帯を求め、各国議会で相次ぎオンライン演説。

〈ウクライナ水曜日、アメリカのバイデン大統領がプーチン氏を「戦争犯罪人」と非難。 

〈ウクライナ水曜日夜、岸田総理が記者会見、「ロシアの暴挙は歴史に刻むべき非道な行為」と非難。 

〈ウクライナ ロシア軍の攻撃が、ウクライナ各地で拡大。

〈ウクライナロシア国債、投資家が1日遅れで利払いを受領。 

〈ウクライナおととい、ロシア側から「停戦合意が近い」との情報が。 

 


そして17時35分から放送 町田徹の経済ニュースふかぼり!ではこのトピックを取り上げます。

「原油価格が青天井の悪夢は遠のいたのか?日本にとって4つの福音とは。」

 

昨日でロシア軍のウクライナ侵攻から3週間が経ちました。それをきっかけに降って湧いた悪夢「短期間で原油価格が1・5倍になりかねない」というようなエネルギー価格が一本調子に上がってしまう懸念が急速にしぼんできました。

 もちろん、戦時中ですから乱高下が予想されますし、再び急上昇する懸念も払しょくはされていません。それでも、アメリカ系の投資銀行J.P.モルガンチェースのように、原油価格は、今年4月から6月の平均が1バレル=110ドルぐらいで推移し、年末には平均90ドル程度に戻り、今年2月頃の水準に落ち着くだろうと予測するところも出て来ています。

僕は、もう少し急騰する場面があっても不思議はないし、年内平均で1バレル=110円くらいは覚悟した方が良い気もしています。いずれにせよ、原油価格と言えば、家計の大口支出である電気料金はもちろん、ガソリン代の上昇にも直結するほか、あらゆる商品の物流コストも押し上げかねず、先行きを気にしているリスナーの方も多いのではないでしょうか。

 

ロシア軍のウクライナ侵攻以来、この3週間余りの間に原油市場を取り巻く状況は大きく変わったという印象を僕は持っています。

では、いったい、何がどう変わったのか。今日は「日本に対する4つの福音」とでも呼ぶべき、このところの変化について早めにチェックしておきたいと思い、今日のテーマを選んだ次第です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

番組公式ツイッター開設しました!!「町田徹のふかぼり3兄弟」
@tetsu_fukabori3
をフォローして、番組に関する情報をどんどんキャッチしましょう!

コメント