9月25日(金)「町田徹の経済ニュースカウントダウン」&「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
2020/09/25(金) 17:50
毎週金曜日16時からは「町田徹の経済ニュースカウントダウン」、17時35分からは「町田徹の経済ニュースふかぼり!」を好評放送中!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の「町田徹の経済ニュースカウントダウン」は、以下の10本のニュースについて徹底解説しました。

10位 都内のタクシー配車時間を平均5分と日本交通が1年で半分に短縮。AI機能の配車アプリの活用が効果を発揮。
9位 香港警察が取材から弱小メディアやフリーランスを除外。政府登録メディアや有名メディアに限定して、報道管制の強化を狙う。
8位 三井住友信託で1000社、みずほ信託で400社。株主総会の議決権行使書の最終日到着分を無効扱いにする不適切処理。
7位 菅総理とIOCバッハ会長が、東京大会の実現に向けて緊密な協力を確認。
6位 ゆうちょ銀行、不正な貯金引き出しの被害額が6000万円に拡大。池田社長が記者会見で公表が遅れたと反省の言葉も。
5位 TikTok問題がなお混迷。事業継承会社の支配権巡る食い違いが判明し、トランプ大統領は承認の拒否を示唆。中国メディアはアメリカを「卑劣」と非難。
4位 菅総理、初の閣僚会議でデジタル庁創設の基本方針年内策定を指示。
3位 4連休の人出がお盆の実績を大きく上回る。2、3週間後の感染状況を懸念する声も。
2位 新型コロナウイルス感染症の死亡者が世界で100万人に迫る。アメリカではすでに20万人突破。イギリスやフランスでは再び厳しい移動制限も。
1位 設立から75周年を迎えた国連総会。首脳演説で、米中両大国が激しい応酬を繰り広げる。

一方、「町田徹の経済ニュースふかぼり!」では国連総会であらわになった米国と中国の対立。菅総理は初の国際会議でビューで存在感を示せるか?」というテーマでお送りしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」は最近1週間で気になるニュースをカウントダウン形式で解説。「町田徹の経済ニュースふかぼり!」はその中の最も注目すべきニュース1本を徹底的に掘り下げます。どうぞお楽しみに!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9月18日(金)「町田徹の経済ニュースカウントダウン」&「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
2020/09/18(金) 17:50
毎週金曜日16時からは「町田徹の経済ニュースカウントダウン」、17時35分からは「町田徹の経済ニュースふかぼり!」を好評放送中!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の「町田徹の経済ニュースカウントダウン」は、以下の10本のニュースを紹介しましたが、上位3位のニュースについてたっぷり時間を使って徹底解説しました。

10位 
15日、日産自動車元会長のゴーン事件で初公判。ケリー元役員は容疑を全面的に否認。
9位 米スノーフレイク社、ニューヨーク市場で245ドルの初値を付け、アメリカで今年最大の新規株式公開が実現。
8位 16日、日本政府の原発輸出戦略の行き詰まりが鮮明に。日立製作所が、懸案のイギリスでの原子力発電所事業からの撤退を発表。
7位 預金の不正な引き出し、ゆうちょ銀行に続き、水曜にみずほ銀行も公表。

6位 ソフトバンクグループがわずか4年でイギリスのアーム社を売却。4兆2千億円で、アメリカのエヌビディア社に。
5位 16日、米連邦準備理事会が「少なくとも2023年末まで、ゼロ金利政策を維持」を表明。17日の東京外国為替市場で、円が一時104円台と1か月半ぶりの高値に。
4位 中国発の動画投稿アプリ「TikTok」の事業見直し。オラクル社が株式の6割を取得と米国メディアが報道。
3位 米国が対中関税不当の判断に反発し、WTOに改革要求。

2位 EUが温暖化ガスの排出削減目標を一段と引き上げ。日本が輸入炭素税で狙い撃ちにされかねない事態にもかかわらず、菅政権では大臣同士の主導権争いが継続か。
1位 16日夜、菅・新総理が就任後最初の記者会見に臨み、コロナ対策と経済再生の重要性を強調。

一方、「町田徹の経済ニュースふかぼり!」では携帯電話料金はどこまで下がるのか?菅首相の「20%利益は当たり前ではない」発言は正しいのか?」というテーマでお送りしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」は最近1週間で気になるニュースをカウントダウン形式で解説。「町田徹の経済ニュースふかぼり!」はその中の最も注目すべきニュース1本を徹底的に掘り下げます。どうぞお楽しみに!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9月11日(金)「町田徹の経済ニュースカウントダウン」&「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
2020/09/11(金) 17:50
毎週金曜日16時からは「町田徹の経済ニュースカウントダウン」、17時35分からは「町田徹の経済ニュースふかぼり!」を好評放送中!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」ではさまざまなニュースについてカウントダウン形式で徹底解説。今日は、新型コロナウイルス関連ニュースと、それ以外の政治・経済ニュースに分けてふかぼりしました。

《新型コロナウイルス関連》
・イギリス製薬大手が、説明できない問題の発生に対応し、コロナのワクチン治験を各地で中断。
・コロナが産業構造の転換を促しており、セブンイレブンが宅配サービスを強化へ。ファナックはロボット化需要の高まりで3倍に増産も。
・東京都が「夜10時までの時短営業」を来週火曜日で終了へ。
・「家賃払えない」人の給付金申請が90倍に増加。コロナ対策の国内への生産回帰補助金1600億円に11倍の応募が殺到。
・東京都は飲食店などの時短営業を来月15日まで延長。
・政府、買い物や飲食に使える「GoTo地域クーポン」を来月から開始へ。今日、「Go Toトラベル」東京発着の旅行商品の来週からの販売も決まる見通し。
・インドの感染者数がブラジルを抜いて世界第2位に。
・イギリスのジョンソン首相、感染再拡大に対応、7人以上の集会禁止を明言。
・水曜日、ヨーロッパの31ヵ国合計の新規感染者数が再びアメリカを上回る。
・アメリカ共和党、新たな新型コロナ対策の歳出を当初計画の半分に抑制。財政赤字の拡大で、失業給付の積み増しなどを絞る事態に。


以下、政治・経済ニュースのカウントダウン。
5位 ドコモ口座の被害額が1800万円に拡大。
4位 ナワリヌイ氏の毒殺未遂疑惑で、G7外相会議がロシア非難声明を発表。
3位 南シナ海と香港情勢を巡り、米中外相が東アジアサミットで非難合戦。

2位 ニューヨーク株が先週末から3日連続の大幅安。問われたソフトバンクの巨額オプション取引とハイテク株バブル。
1位 菅官房長官がリード、石破・岸田両氏は次狙いの闘いか。自民党総裁選が週明け月曜日に投開票へ。

一方、「町田徹の経済ニュースふかぼり!」では3人の安倍総理の後継者候補。あなたの求める政策を実行できるのは誰なのか?」というテーマでお送りしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」は最近1週間で気になるニュースをカウントダウン形式で解説。「町田徹の経済ニュースふかぼり!」はその中の最も注目すべきニュース1本を徹底的に掘り下げます。どうぞお楽しみに!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9月4日(金)「町田徹の経済ニュースカウントダウン」&「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
2020/09/04(金) 17:50
毎週金曜日16時からは「町田徹の経済ニュースカウントダウン」、17時35分からは「町田徹の経済ニュースふかぼり!」を好評放送中!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の「町田徹の経済ニュースカウントダウン」は通常通り、10本のニュースについてカウントダウン形式で徹底解説しました。

10位 
JR東日本が来年春から首都圏の終電を30分程度繰り上げ。
9位 三井住友信託銀行が、失業者の返済を一時免除する住宅ローンを導入へ。
8位 中国4大銀行の不良債権問題が再燃。収益も10年ぶり大幅減益に。
7位 アメリカが国際刑事裁判所の検事に制裁措置を発表。

6位 「中国の核弾頭、今後10年で2倍の200発に」。アメリカ国防総省が報告書。
5位 コロナ対策が原因で、アメリカの財政赤字が過去最大に膨らむ見通し。
4位 希望者全員に新型コロナ・ワクチンを無料で接種。政府が検討。
3位 「野党勢力指導者は旧ソ連の神経剤と同種毒物で攻撃を受けた」 と、ドイツのメルケル首相がロシアを批判。

2位 コンビニ加盟店への24時間営業や仕入れの強制には「独禁法違反」の恐れ。遅ればせながら、公正取引委員会が調査報告で指摘。
1位 安倍総理後継レース、菅官房長官、岸田政調会長、石破元幹事長が三つ巴の闘い。

一方、「町田徹の経済ニュースふかぼり!」では重い負の遺産を残したアベノミクス。次の総理大臣が最初にやるべきことは?」というテーマでお送りしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」は最近1週間で気になるニュースをカウントダウン形式で解説。「町田徹の経済ニュースふかぼり!」はその中の最も注目すべきニュース1本を徹底的に掘り下げます。どうぞお楽しみに!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・