3月5日(金)「町田徹の経済ニュースカウントダウン」&「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
2021/03/05(金) 17:00 佐藤健雄
毎週金曜日16時からは「町田徹の経済ニュースカウントダウン」、17時35分からは「町田徹の経済ニュースふかぼり!」を好評放送中!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

町田徹の経済ニュース カウントダウン

第10位 水曜日。在日フランス大使館が、フランス海軍と海上自衛隊との共同訓練写真を公開。

第9位 月曜日。東北新社から高額接待の山田内閣広報官が辞任。しかし今度はNTTとの会食が明らかに。

第8位 ホンダ。世界初の自動運転「レベル3(スリー)」搭載の車を100台限定で発売。 

第7位 女性の実質失業者が年明けの2カ月で急増!緊急事態宣言のもと、男性を大きく上回る苦境が浮き彫りに。 

第6位 水曜日。ミャンマー国軍がデモに対し一段と強硬姿勢。クーデター以降最多の、1日で38人が死亡。

第5位 破産申請準備のイギリス金融会社、グリーンシル傘下の銀行に。ドイツ当局が資産保全を命令。

第4位 日曜日。みずほ銀行のATM4318台が一時、停止。事態を重く見た金融庁は、報告徴求命令を発出。

第3位 海外で、新型コロナ・ワクチンの量産を加速する動き。アメリカは5月末を目処に全ての成人の分を確保。

第2位 バイデン政権、外交・通商政策を相次ぎ公表。「中国は唯一の競争相手」と位置づける。

1位 首都圏の緊急事態宣言、政府が今日、2週間の延長を正式決定へ。 感染者数の減少ペースは鈍化し、先行きは不透明に。

町田徹の経済ニュースふかぼり

2050年の電源構成 経済産業省は原発ゼロも容認か?再生可能エネルギーが5割から6割には賛否両論も」

今週は、経済産業省の有識者会合で今、ホットな議論がされている、2050年の電源構成の話です。

経済産業省が昨年12月に提示した原案では、2050年には、

●太陽光や風力、水力といった再生可能エネルギーを2019年からみて2.6倍から3.3倍、全体の50%から60%に増やす

●2019年にはなかった水素やアンモニアを混ぜて燃やす火力が10%

●そして、その他カーボンフリー火力と原子力が、あわせて2019年の4.8倍の30%となっています。

ところが、関係者の間では、このたたき台を受けて、再生可能エネルギーはせいぜい50%だと憤慨している人もいれば、

これでは足りないので再生可能エネルギーを80%とか100%にすべきだという向きもあります。

また、原子力の構成比を、全体から再生可能エネルギーと脱炭素火力を引いた値としたのは、原子力がゼロでもいいという経済産業省の意図の表われだ、

と騒いでいる関係者もいるという具合。まるでハチの巣をつついたような騒ぎになっているのです。

そこで、今日の番組では、知られざるその騒ぎの状況を整理して伝えたうえで、落としどころや課題を考えてみたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番組公式ツイッター開設しました!!「町田徹のふかぼり3兄弟」
@tetsu_fukabori3
をフォローして、番組に関する情報をどんどんキャッチしましょう!

コメント