番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週土曜日 18:00~18:30

「ページのない読書会」
「言葉は文字である前に『声』でした」
優れた文学には『声』としての言葉の力が遺憾なく発揮されています。
聞いて楽しむ名作。「声」の読書タイムにようこそ!

新着記事

8月2日(土)「朗読あぷり」今週は永井荷風 の『勲章』をお楽しみください。

2020.07/31 ディレクター 記事URL

週末のひととき、名作文学を朗読でお楽しみください。

永井荷風 作 『勲章』
朗読 : 内藤和美

7月から放送時間が変わりました。
毎週土曜日18時からの放送です。
引き続きましてよろしくお願いいたします。

放送後1週間はラジコのタイムフリーでお楽しみいただけます。
http://radiko.jp/#!/timeshift

7月25日(土)「朗読あぷり」今週は江戸川乱歩 の『木馬は廻る』をお楽しみください。

2020.07/22 ディレクター 記事URL

週末のひととき、名作文学を朗読でお楽しみください。

江戸川乱歩 作 『木馬は廻る』
朗読 : 内藤和美

7月から放送時間が変わりました。
毎週土曜日18時からの放送です。
引き続きましてよろしくお願いいたします。

放送後1週間はラジコのタイムフリーでお楽しみいただけます。
http://radiko.jp/#!/timeshift

7月18日(土)「朗読あぷり」今週も夏目漱石の『夢十夜』をお楽しみください。

2020.07/17 ディレクター 記事URL

週末のひととき、名作文学を朗読でお楽しみください。

夏目漱石  作 『夢十夜』
朗読 : 内藤和美

7月から放送時間が変わりました。
毎週土曜日18時からの放送です。
引き続きましてよろしくお願いいたします。

放送後1週間はラジコのタイムフリーでお楽しみいただけます。
http://radiko.jp/#!/timeshift


7月11日(土)「朗読あぷり」今週は夏目漱石の『夢十夜』をお楽しみください。

2020.07/10 ディレクター 記事URL

週末のひととき、名作文学を朗読でお楽しみください。

夏目漱石  作 『夢十夜』
朗読 : 斉藤由織

7月から放送時間が変わりました。
毎週土曜日18時からの放送です。
引き続きましてよろしくお願いいたします。

放送後1週間はラジコのタイムフリーでお楽しみいただけます。
http://radiko.jp/#!/timeshift


7月4日(土)「朗読あぷり」今週は芥川龍之介の『鼻』をお楽しみください。

2020.07/03 ディレクター 記事URL

週末のひととき、名作文学を朗読でお楽しみください。

芥川龍之介 作『鼻』
朗読 : 斉藤由織

7月から放送時間が変わりました。
毎週土曜日18時からの放送です。
引き続きましてよろしくお願いいたします。

放送後1週間はラジコのタイムフリーでお楽しみいただけます。
http://radiko.jp/#!/timeshift


6月27日(土)「朗読あぷり」今週は岡本綺堂の『子供役者の死』をお楽しみください。

2020.06/26 ディレクター 記事URL

週末の夜のひととき、名作文学を朗読でお楽しみください。

岡本綺堂『子供役者の死』
朗読 : 内藤和美



放送後1週間はラジコのタイムフリーでお楽しみいただけます。
http://radiko.jp/#!/timeshift

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

内藤 和美
ないとう かずみ

学生時代、故今福祝氏に「アナウンスメント」を学ぶ。故高橋博氏に「語り」を、故山内雅人氏に「朗読」を、故小金井芦州氏に「講談」を学ぶ。アナウンスアカデミー、Kプロを経てぶれさんぽうずに参加。「ぼてふり」「ハートストリングス朗読の会」などの定例公演、Jテレ朗読番組などにも出演。2019年4月木母寺「梅若忌」にて「朗読・隅田川」を奉納。カルチャーセンターなどで講師も務める。
令和元年度(第74回)文化庁芸術祭優秀賞受賞。
〜内藤和美 語りの世界〜 kazuminaito.blog35.fc2.com

斉藤 由織
さいとう ゆおり

高校時代より朗読を始め、日本大学芸術学部在学中に故高橋博師にアナウンスを、故西澤實師に朗読の教えを受ける。2000年よりぶれさんぽうずの一員として活動。定例公演のほか、音楽や伝統芸能とのコラボレーションなど、さまざまなイベントや舞台で朗読を行う。NHK文化センター,目黒学園カルチャースクール、早稲田エクステンションセンター中野校等で愛好者を指導。現在、神田松鯉師のもと講談も学んでいる。

八川 まどか
はちかわ まどか

グラレコーチ(夢実現応援コーチ®︎/グラフィックファシリテーター)
日本大学芸術学部卒。12年間のケーブルテレビ局勤務(ディレクター・プロデューサー)を経て、番組づくりから、人やコミュニティづくりに関わって生きたいと、現在はグラレコーチ(対話を可視化するグラフィックレコーディング+コーチングを使った技法)として活動中。活動の傍ら、学生時代から携わっていた作曲活動を再開し、番組へ楽曲提供『やさしい風』を行う。

パーソナリティ一覧はコチラ